教室を油田に 最先端じゃなくていい
社会を動かす(4)

2014/10/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最貧国の一つ、バングラデシュ。9月の安倍晋三首相外遊の同行団でひときわ人気を博した「水の魔術師」がいた。大阪市の中小企業、日本ポリグル会長の小田兼利(73)だ。両国の公的機関などが主催したフォーラムの席上、汚水をあっという間に飲料水にかえてみせ、拍手喝采をあびた。

魔術のタネは納豆のネバネバ成分だ。独自技術で乾燥して貝殻などと混ぜ、粉にする。これを濁った水に入れてかき混ぜるだけで、汚れがみるみる…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

第5部「社会を動かす」

連載企画「革新力」

電子版トップ



[PR]