新興国経済、ジム・オニール氏とアジア開銀の赤松氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2011/11/13 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 中国、インド、ブラジル、ロシアなど新興国は21世紀初頭に高成長し、世界経済で大きな勢力となった。この勢いはいつまで続くのか。BRICsの命名者で、楽観派のゴールドマン・サックス・アセットマネジメント会長ジム・オニール氏と、慎重な立場を示すアジア開発銀行(ADB)金融エコノミストの赤松範隆氏に聞いた。

■ジム・オニール氏「BRICsは米国を抜く」

――BRICs命名から11月末でちょうど10年になり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]