トップ > 連載 > 金融ニッポン 第2部

金融ニッポン 第2部

フォローする

第2部 一覧

80年代の輝き再び、日本市場の挑戦 [有料会員限定]

 「世界の目を日本市場に向けさせる最後のチャンス」。東京証券取引所グループ社長の斉藤惇は周囲に言い続けている。
 東証と大阪証券取引所が統合する「日本取引所グループ」の発足まで、4カ月を切った。市場活性…続き (2012/9/9 2:00)

古い投資信託が突然売れ始めた [有料会員限定]

 残高がここ数年、60兆円前後で足踏みする投資信託で、ファンドの数だけが急成長している。1日に2本のペースで新商品が登場し総数は今や約4300。5年前の1.5倍だ。投信の残高が10倍以上ある米国とほぼ…続き (2012/9/7 2:00)

顧客のため…みずほ13年目の再々編 [有料会員限定]

 総合金融の旗を掲げ、メガ統合の口火を切ったみずほフィナンシャルグループ。2000年秋の発足から13年目の来夏、傘下2銀行を合併、体制を刷新する。
 「旧3行の弊害から脱してきましたね」。8月中旬、米国…続き (2012/9/6 2:00)

野村、波乱の30年と再出発への思い [有料会員限定]

1990年、野村はロンドンの著名ビルを買収し、欧州本部「ノムラハウス」を設置した

本社

 日本経済が成長するには資本市場の力がいる。その担い手として期待を背負ってきた野村証券の30年は、波乱の連続だった。
 「資本市場のリーディングカンパニーとしての社会的責務が欠けていなかったか」。8月3…続き (2012/9/5 2:00)

シャープ・オリンパス…見逃した危機 [有料会員限定]

日本動産鑑定の講座で衣服の担保価値を判断する銀行員ら

 銀行の現場力が落ちているのではないか。
 液晶パネルの雄、シャープの業績悪化に、取引銀行が慌ただしく動き出したのは最近のことだ。
 「最終赤字が300億円から2500億円に拡大する」。8月初め、シャープ…続き (2012/9/4 2:00)

金融ニッポンバックナンバー

電子版トップ連載トップ