2019年9月19日(木)
トップ > 連載 > 政客列伝 金丸信(1914~1996)

政客列伝 金丸信(1914~1996)

フォローする

金丸信(1914~1996) 一覧

佐川事件で失脚 政界再編の端緒に 「政界のドン」金丸信(7)

宮沢首相(左)と金丸副総裁=毎日新聞社提供

毎日新聞社提供

 海部俊樹首相はクリーンな政治姿勢と率直な人柄で支持率も高く、最大派閥・経世会(竹下派)会長の金丸信も当初は海部再選を考慮していた。しかし、自民党内ではリクルート事件の傷が癒えた宮沢喜一、渡辺美智雄、…続き (2011/9/11 12:00)

金丸-小沢ラインで政局主導 「政界のドン」金丸信(6)

海部首相と金丸信=毎日新聞社提供

毎日新聞社提供

 1987年(昭和62年)10月の「ポスト中曽根」の総裁選は竹下登、安倍晋太郎、宮沢喜一の3人の争いになった。二階堂進は推薦人を集められず、出馬を断念した。候補者が4人に達しなかったので党員による予備…続き (2011/9/4 12:00)

田中角栄に反旗、竹下派旗揚げ 「政界のドン」金丸信(5)

「保利元衆院議長をしのぶ会」で田中角栄と金丸信=毎日新聞社提供

毎日新聞社提供

 ロッキード事件で起訴されて刑事被告人となり自民党を離党した田中角栄は最大派閥の田中派を率いて「ヤミ将軍」と呼ばれ、絶大な影響力を保持していた。その田中派に支えられた鈴木善幸首相は2年で退陣し、田中は…続き (2011/8/28 12:00)

世代交代論を唱える 「政界のドン」金丸信 (4)

防衛庁長官時代の金丸信(右)=毎日新聞社提供

毎日新聞社提供

 金丸信らが心血を注いだ田中角栄内閣は1974年(昭和49年)7月の参議院選挙で大きくつまずいた。自民党は空前の「金権選挙」を展開したが、結果は不振だった。選挙直後の7月12日、田中首相の政治手法を批…続き (2011/8/21 12:00)

保利茂に師事、田中内閣実現に奔走 「政界のドン」金丸信(3)

与野党国対委員長会談に臨む金丸信(右から2人目)=毎日新聞社提供

毎日新聞社提供

 新人議員時代に金丸信は同期当選で10歳年下の竹下登と懇意になった。当時、佐藤派の新人議員は金丸、竹下と細田義安の3人だけ。金丸と竹下はともに地方の造り酒屋の出身で教師経験があり、青年団活動をしていた…続き (2011/8/14 12:00)

身代わり出馬でトップ当選 「政界のドン」金丸信(2)

選挙応援に来た佐藤栄作(左)と金丸信(中央)。右は広瀬久忠

 1953年(昭和28年)の参議院選挙山梨選挙区に旧内務官僚の広瀬久忠が無所属で出馬した。広瀬は社会局長官、内務次官を経て平沼内閣厚相、米内内閣書記官長、小磯内閣厚相、終戦時の東京都長官などを歴任し、…続き (2011/8/7 12:00)

柔道選手からワイン製造の経営者に 「政界のドン」金丸信(1)

 金丸信はぼう洋とした風貌(ふうぼう)と独特の政治的カンで竹下派の全盛時代に「政界のドン」と呼ばれ、時の首相を凌駕(りょうが)する権勢を誇った政治家である。議運・国対族、道路族、郵政族の第一人者として…続き (2011/7/31 12:00)

政客列伝バックナンバー

電子版トップ連載トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。