トップ > 連載 > AIと世界 第1部

AIと世界 第1部

フォローする

第1部 一覧

敗北を抱きしめて 人は進化できるか [有料会員限定]

AIに敗れた世界トップ級プロ棋士、韓国のイ・セドル九段

 10月4日、韓国中部の大田。囲碁棋士、李世ドル(イ・セドル)九段はじっと盤面を見つめていた。対局が始まってから30秒ほど後、ゆっくりとした手つきで碁石を置く。約5時間の対局で中国の若手棋士を破ると、…続き (2016/11/8 2:00)

人工知能 vs. 人工知能 手なずけられるか [有料会員限定]

 「こんな値動きは見たことがない」。10月7日、外国為替市場で激震が走った。英ポンドがわずか2分で31年ぶりの安値となる1ポンド=1.19ドル前後にまで6%急落。要因の一つとささやかれるのが、人工知能…続き (2016/11/7 2:00)

特集「AIと世界」 人類を超えた未来図 [有料会員限定]

 人工知能(AI)は人類の能力・知性を2045年にも追い抜くと予測されている。既に囲碁や将棋では人知を超え始めた。我々にとってどういう意味があるのだろうか。人、企業、国家の未来はどうなるのだろう。
 「…続き (2016/11/6 3:30)

ノーベル賞が消える日 好奇心保てるか [有料会員限定]

暗黒物質が見つかればノーベル賞確実というピエリーニ氏

 宇宙は何からできているのか。哲学者のデモクリトスらが「原子論」を唱えた古代ギリシャ時代から人類は答えを追い求めてきた。最大のナゾに人工知能(AI)が迫ろうとしている。
 スイス・ジュネーブ郊外の欧州合…続き (2016/11/6 2:00)

使うか使われるか 公平な新部長の素顔は [有料会員限定]

AI搭載ロボット「ベティ」は部長として企業に送り込まれるために進化中

 米首都ワシントン。大手法律事務所コビントン&バーリングのエドワード・リッピー弁護士は最近、大きな案件ではほぼすべて人工知能(AI)を活用する。ちゃんとAIを使ってください――。資料や証拠が整理されて…続き (2016/11/5 3:30)

未知との遭遇 人類の飛躍か試練か [有料会員限定]

 2045年、人工知能(AI)が人知を超える「シンギュラリティー(特異点)」を迎える。荒唐無稽な話ではない。人の心にまで入り込み始めたAIが社会や国家、経済を揺さぶり、歴史を変える。人類の飛躍か試練か…続き (2016/11/4 2:00)

AIと世界バックナンバー

電子版トップ連載トップ