2019年9月24日(火)
トップ > 連載 > 医出づる国 第5部

医出づる国 第5部

フォローする

第5部 一覧

最先端なら治るのか 技術進歩、安全が死角 [有料会員限定]

再生医療の安全確保をテーマとした医療機関向けセミナー

 「(医師は)未確立な治療の危険性をわかりやすく説明していない」
 5月半ば、東京地裁は兵庫県の女性(71)が都内のクリニックを相手取って起こした訴訟で、損害賠償請求の一部を認める判決を言い渡した。
 原…続き (2015/7/16 2:00)

名医を疑え 能力どう評価、患者も目磨く [有料会員限定]

 その医師は「名医」と呼ばれるにふさわしい経歴と実績を誇っていた。
 難しい手術で積極的に腹腔(ふくくう)鏡を使い、200件以上の手術を手掛けた。専門分野の著作があり、ニュース番組でも取り上げられた。同…続き (2015/7/15 2:00)

密室の精神科病棟 口閉ざす患者 [有料会員限定]

今年4月、聖マリアンナ医科大学の精神保健指定医の取消処分について頭を下げる尾崎大学病院長(左)ら

 「退院したいのですが……」。4月、精神疾患の患者を支援する民間団体、東京精神医療人権センター(東京都立川市)に高齢女性から電話がかかってきた。首都圏の病院に入院して7年になるという。
 センターの相談…続き (2015/7/12 2:00)

使われる薬大丈夫? ガバナンス不全 安全意識薄く [有料会員限定]

東京女子医大病院は2度目となる特定機能病院の承認取り消しを受けた(東京都新宿区)

 男児(当時2)の首にできた小さな膨らみを切り取る手術はわずか7分で終わった。3日後、短い生涯を閉じるとは、このとき誰も予想しなかった。
 東京女子医大病院(東京・新宿)で手術を受けたのは昨年2月。1~…続き (2015/7/10 2:00)

放置された技量不足 医局の閉鎖性、ミス生む温床 [有料会員限定]

 80代の男性患者の容体が急変したのは、前橋市の群馬大病院第2外科で肝臓がんの手術を受けた2週間後だった。切除した部位に近い動脈から出血し、肝臓の働きも低下。手術から59日目に亡くなった。「縫合不全が…続き (2015/7/8 2:00)

医出づる国バックナンバー

電子版トップ連載トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。