トップ > 連載 > 規制 岩盤を崩す 第2部

規制 岩盤を崩す 第2部

フォローする

第2部 一覧

60年ぶり大改革 電気も選ぶ時代 [有料会員限定]

限られた電力を有効に。新しい生活は実現するか?

 「お洗濯は夜にしようかな。アイロンがけも夕食の後」。暑い朝、北九州市の主婦、岩永紘美さん(34)は電気代を告げる端末をのぞき込んだ。気温が30度を超えた昼すぎから電気代は普段の10倍。子どもたちと近…続き (2013/6/11 2:00)

苦節40年、地熱発電を夢見る町 [有料会員限定]

 長く封印されてきた国産エネルギー、地熱発電。開発熱が沸々と高まっていると聞き、興味がわいた。秋田県湯沢市の栗駒国定公園、小安地域。7月、出光興産などが掘削調査で2000メートルの穴をあける。2年…続き (2013/6/9 2:00)

「名ばかり農地」…されど農地 [有料会員限定]

荒れた地に再び太陽光パネルが置かれる日は来るのか?

 千葉県市原市。野菜畑の上に無数の鉛色の板が並ぶ。畑の上に組まれたパイプに一定の間隔で置かれているのは太陽光パネル。農地に注ぐ太陽の光を農業と発電で分け合う。日本初のソーラーシェアリングだ…続き (2013/6/7 2:00)

電力の地産地消を阻む「亡霊」 [有料会員限定]

地域のせっかくの取り組みをばらばらにしないためには…?

 山梨県が2050年までに県内で使う電力をすべて太陽光や水力で賄おうとしている。エネルギーの地産地消だ。県企業局の宮崎和也さん(44)が見せてくれた地図には小水力発電に適した98の地点が並ぶ。川の落…続き (2013/6/6 2:00)

アセスに泣く風力発電、出力絞る [有料会員限定]

先行きに立ち込める深い霧を吹き飛ばせるか?

 巨大な風車を復興のシンボルに――。東日本大震災からの復興を急ぐ宮城県気仙沼市で、市有地に風力発電所を建てるプロジェクトが動き出す。音頭をとる地元の建設会社の社長、関口温さん(56)の表情はなぜ…続き (2013/6/5 2:00)

規制 岩盤を崩すバックナンバー

電子版トップ連載トップ