トップ > 連載 > 外国人材と拓く 

外国人材と拓く

フォローする

一覧

石破茂氏 「日本社会に溶け込める人材を増やすべき」 [有料会員限定]

「問題の本質は、外国人を『労働力』としてしか見ていないことだ」と話す石破茂元幹事長

 人口減少社会において、日本の政治は外国人材をどう捉え、どのような施策を講じるべきなのか――。「移民」の是非を含め、真正面から論じる政治家が少ないなか、堂々と受け入れ拡大を主張するのが、自民党の石破茂…続き (2017/4/1 18:03)

野田聖子氏 「『多様性』キーワードに移民論議を」 [有料会員限定]

「これまでと全く違うアプローチで外国人を受け入れなければいけない」と話す野田聖子元総務会長

 外国人材の受け入れ拡大、ひいては移民政策の検討の必要性は認めつつも「日本社会はそのための環境整備ができていないのではないか――」。そんな問題意識を持つのが、前回の自民党総裁選への出馬を模索した、自民…続き (2017/4/1 18:02)

「日本人」と移民 多文化共生、私たちは寛容か [有料会員限定]

秋田市立中央図書館に展示されている石川達三の「蒼氓」の原稿

 神戸市の元町駅から山の手に向かう坂道を15分ほど歩いた高台に「海外移住と文化の交流センター」がある。1928年(昭和3年)に「国立移民収容所」として建てられた施設は95年の阪神大震災にも耐え、ベージ…続き (2017/3/24 15:00)

「移民」政策はとらない 成功例重ね「名より実」 [有料会員限定]

沖縄のスパ業界はセラピストが不足している(8日、那覇市)

 「いわゆる移民政策をとる考えはない」と安倍晋三首相はなぜ繰り返すのか。「正直怖いところがある」(政府高官)。保守層の反発など世論の反応を読み切れていないというのが実態に近い。
 「移民」という言葉は使…続き (2017/3/24 2:00)

共に町を良くしたい 偏見や教育、対策急務 [有料会員限定]

地域の防犯パトロールに参加するバングラデシュ人ら(10日、千葉市稲毛区)

 4年前、千葉市内の住宅街にさざ波が立った。バングラデシュ出身の中古車輸出会社社長、ハキム・エムデ・ナシルルさん(48)が仲間と買った一軒家をイスラム教の礼拝施設に改装したのだ。
 けげんな顔を浮かべる…続き (2017/3/23 2:00)

韓国選んでよかった 獲得競争、隣国に遅れ [有料会員限定]

プラスチック容器工場で働くフィリピン人のアリストテル・デロさん(6日、韓国・富川)

 「ウォー・フォー・タレント(人材を求める戦争)」とも呼ばれる国家間の激しい人材獲得競争。日本の好敵手は韓国だ。かつては日本同様に外国人材を「研修生」としてサイドドアから受け入れていた。しかし2004…続き (2017/3/22 2:00)

実習生という労働力 人手確保の光と影 [有料会員限定]

早朝、技能実習生の訓練学校でラジオ体操をするベトナム人(ハノイ)=上間孝司撮影

 人手不足の日本。働く外国人材は1年で2割増え、2016年に108万人と過去最高を更新した。最大の伸びはベトナム人の前年比56.4%増。何が起きているのか。
 朝6時半のハノイ。技能実習生として来日を控…続き (2017/3/21 2:00)

精鋭が選ぶ国へ ヒントは京大にあった [有料会員限定]

京都大学iPS細胞研究所で唯一の外国人主任研究員のクヌート准教授(京都市左京区)

 茨城県つくば市にある産業技術総合研究所の研究棟7階。研究員のマリウス・ビュークルさん(36)は分子構造の画像をじっと見つめていた。ビュークルさんの専門は「ナノテクノロジー(超微細技術)の再生…続き (2017/3/20 2:00)

外国人材と拓くバックナンバー

電子版トップ連載トップ