トップ > 連載 > 砂上の安心網 第1部

砂上の安心網 第1部

フォローする

第1部 一覧

生活保護、「働く」前提の仕組み欠く [有料会員限定]

接客する田村準起さん(中央、北海道当別町の北海道医療大学ダブルトールカフェ)

 最近、全国の自治体窓口で「はやり」があると聞いた。別々の場所にあった生活保護の受付と職業あっせんの窓口を近接させ、生活保護受給者をまずはハローワークに連れて行く。厚生労働省が旗を振った。
 北海道釧路…続き (2016/12/24 2:00)

政治に「老高若低」の呪縛 痛み伴う改革 及び腰 [有料会員限定]

小泉進次郎氏(中)ら若手議員は高齢者偏重の社会保障に異を唱える

 「人生100年時代の社会保障へ」――。10月26日、小泉進次郎氏ら若手議員約20人でつくる自民党の「2020年以降の経済財政構想小委員会」はこう題した提言をまとめた。年金の支給開始年齢のさらなる引き…続き (2016/12/22 2:30)

認知症、家族に迫る限界 介護保険には頼れない [有料会員限定]

森義弘さん(右)は認知症の妻を10年間介護した(東京都板橋区、亡くなる6日前)

 11月22日。森義弘さん(68)の10年に及ぶ認知症介護が終わった。この夜、妻の敏子さんが亡くなった。72歳だった。
 敏子さんは62歳で認知症に。森さんは仕事を辞め在宅介護に専念した。食事、入浴、排…続き (2016/12/21 2:00)

超高額薬時代の序章、「革命」に揺らぐ皆保険 [有料会員限定]

3度の抗がん剤治療のすえ、今年3月からオプジーボを使い始めた橋本さん(栃木県真岡市)

 人生が暗転した。肺にある腫瘍が脳にも転移し、主治医から事実上、余命6カ月だと告げられた。栃木県真岡市の医師、橋本紳一さん(57)のがんとの闘いは2010年3月から始まった。強力な抗がん剤治療を始め、…続き (2016/12/20 2:37)

高齢者医療、チェックなき膨張 [有料会員限定]

国民全員で加入し保険料を払う公的医療保険。職業や年齢によって保険の種類や負担割合が異なる

 暮らしや老後を守る社会保障が日本経済を揺るがそうとしている。止めどない高齢化で医療や介護、年金にかかるお金が膨張。財政も刻一刻と危うさを増す。団塊の世代が80代を迎える2030年はどのような社会にな…続き (2016/12/19 2:00)

砂上の安心網バックナンバー

電子版トップ連載トップ