トップ > 連載 > 物価考 ニュース

物価考 ニュース

フォローする

ニュース 一覧

デフレの出口近づく 消費者物価1%超上昇 [有料会員限定]

 デフレの出口が近づいてきた。11月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比1.2%上昇と約5年ぶりの伸び。円安を起点とする物価上昇が多くの品目に広がった。ただ、国内の需給はまだ緩んでおり、賃金…続き (2013/12/28 3:30)

素材・燃料の値上がり加速 脱デフレうかがう局面 [有料会員限定]

 産業素材や燃料の企業間取引価格が上昇している。円安を受けた原料の輸入価格上昇で非鉄や燃料が値上がりを先導。ここにきて建材など公共投資や住宅建設の需要増で値上がりする品目が目立つ。鉄鋼やガソリンなどの…続き (2013/11/17 2:00)

製造業、円安効果に明暗 車・電機は輸出価格上昇で潤う [有料会員限定]

 製造業で、円安や原油高に伴う原材料の上昇分を製品価格の上昇で吸収できているかの度合いに、業種格差が目立ってきた。自動車などの輸出産業は海外での販売価格が円換算で大幅に上昇。仕入れコスト増を上回り、企…続き (2013/10/31 3:30)

デフレ脱却探るニッポン、相反する2つの指標 [有料会員限定]

 安倍晋三首相は20カ国・地域(G20)首脳会議で「日本経済はデフレ状況ではなくなりつつある」と説明した。消費者物価指数(CPI)が7月まで2カ月連続で前年同月比プラスになったことが大きい。一方で経済…続き (2013/9/8 3:30)

製品へ価格転嫁広がる 脱デフレへ前進 [有料会員限定]

ガソリン価格が上昇している(7日、東京都中央区のガソリンスタンド)

 円安に伴う燃料や原材料価格の上昇分を取引価格に転嫁する動きが産業界で広がってきた。日銀が12日発表した7月の国内企業物価指数は、前年同月比2.2%上昇。小売店への出荷価格などを示す「最終財」の上昇率…続き (2013/8/13 3:30)

「価格指定」一部容認も必要 [有料会員限定]

 小幅の下落が続いていた消費者物価に上昇の兆しが見え始めたが、日銀が目指す「2年で2%のインフレ」の見通しはいまだ立っていない。こうした状況を受けて、わが国の流通政策を見直すことによって脱デフレを目指す検討が政府内で始まったとの報道があった。第1の矢である金融政策がおおむね一巡したのを受けて、ミクロ(企業・産業)レベルでの政策的対応に焦点が移りつつあると解釈できるだろう。…続き (2013/8/1 3:30)

企業の価格設定行動カギ [有料会員限定]

 デフレ脱却に向けて、政府と日銀が一体となって取り組んでいる。日銀は本年1月に2%の物価目標を打ち出し、4月には異次元の金融緩和により物価目標を2年以内に達成するとアナウンスした。人々の物価予想にも変化が現れつつあり、企業の側も、小麦粉、マヨネーズなどの商品で出荷価格を引き上げる動きがある。消費者物価指数(CPI)も、これまで前年比でマイナス基調だったが、6月には0.4%のプラスに転じた。…続き (2013/7/31 3:30)

15年デフレに転機 「良い物価上昇」なお課題 [有料会員限定]

 約15年続いた長期デフレに転機が来た。26日発表の6月の消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除くベースで前年同月比0.4%上がり、1年2カ月ぶりにプラスに転じた。円安を起点とする輸入物価の上昇がけん…続き (2013/7/27 0:30)

値上げの痛み先行、賃金横ばい

値上げの波は食卓にも(食用油が並ぶ都内スーパーの売り場)

 物価上昇が消費や投資を促し、いずれ賃金もあがる。安倍政権と日銀はこんな好循環をめざすが、その実現にはまだ時間がかかる。現在は、物価上昇の痛みが先行している局面だ。
 老人ホームにマイカー通勤している埼…続き (2013/7/27 0:30)

物価考バックナンバー

電子版トップ連載トップ