トップ > 連載 > 政客列伝 大野伴睦(1890~1964)

政客列伝 大野伴睦(1890~1964)

フォローする

大野伴睦(1890~1964) 一覧

もう一人の立役者 大野伴睦(5)総裁選で苦杯、池田体制の支柱に [有料会員限定]

「大野伴睦回顧録」出版祝賀会。大野(中央)の左に池田首相、右にこまどり姉妹=大野伴睦先生追想録刊行会「大野伴睦」より

 1960年(昭和35年)7月の自民党総裁選に立候補の意思を示したのは池田勇人、大野伴睦、石井光次郎、松村謙三、藤山愛一郎の5人。大野支持は大野派と河野派、それに岸派の川島正次郎系であった。
 岸派本体…続き (2010/6/6 12:00)

もう一人の立役者 大野伴睦(4)石橋大逆転を演出、岸首相と密約 [有料会員限定]

児玉誉士夫と碁を打つ大野伴睦(右)=大野伴睦先生追想録刊行会「大野伴睦」より

 1955年(昭和30年)11月15日の自民党結党で大野伴睦は鳩山一郎、緒方竹虎、三木武吉とともに総裁代行委員となり、晴れて鳩山内閣の与党となり、かつての親分・鳩山との関係も修復された。翌年1月、次期…続き (2010/5/30 12:00)

もう一人の立役者 大野伴睦(3)三木と対立、保守合同で一転同志に [有料会員限定]

 昭電事件で無罪判決を勝ち取った大野伴睦は1952年(昭和27年)8月に衆議院議長となり、政界の表舞台に復帰した。御三家の林譲治は自由党幹事長、益谷秀次は総務会長となった。大野が衆議院議長になった3日…続き (2010/5/23 12:00)

もう一人の立役者 大野伴睦(2)自由党幹事長に、昭電事件で失脚 [有料会員限定]

無罪判決を喜ぶ大野伴睦と益谷秀次(左)=大野伴睦先生追想録刊行会「大野伴睦」より

 大野伴睦が東京市会議員になった前年の1921年(大正10年)11月4日、原敬首相が東京駅頭で暗殺された。
 後継首相には高橋是清蔵相が就任したが、原敬亡き後の政友会は党内統制が乱れ、内閣改造をめぐって…続き (2010/5/16 12:00)

もう一人の立役者 大野伴睦(1) 憲政擁護運動で投獄、院外団に [有料会員限定]

 大野伴睦(1890年~1964年)は典型的なたたき上げの保守政治家である。浪花節的な「義理と人情の政治」で派閥を率いて保守政界のキャスチングボートを握り、三木武吉と並ぶ保守合同のもう1人の立役者とな…続き (2010/5/9 12:00)

政客列伝バックナンバー

電子版トップ連載トップ