トップ > 連載 > 政客列伝 三木武吉(1884~1956)

政客列伝 三木武吉(1884~1956)

フォローする

 日経電子版(Web刊)では、首相になれなかった、もしくはならなかったものの個性的で存在感あふれた戦前戦後の大物政治家の軌跡を紹介する「政客列伝」を掲載します。1人目は知略で政界を動かした政治家、三木武吉(1884年~1956年)を取り上げます。

三木武吉(1884~1956) 一覧

保守合同の立役者 三木武吉(6)命をかけた1955年の保守合同 [有料会員限定]

自由民主党結成大会(1955年11月15日)=共同

共同

 鳩山民主党内閣が発足したのは1954年(昭和29年)12月10日である。副総理・外務大臣は重光葵、大蔵大臣は日銀総裁だった一万田尚登、通産大臣が石橋湛山、文部大臣に鳩山直系の安藤正純、河野一郎も農林…続き (2010/5/2 12:00)

保守合同の立役者 三木武吉(5)吉田政権打倒、ついに鳩山政権成る [有料会員限定]

 「抜き打ち解散」による1952年(昭和27年)10月の総選挙で、自由党は鳩山派を含めて240議席となり、かろうじて過半数を確保した。改進党85、右派社会党57、左派社会党54。焦点は特別国会における…続き (2010/4/25 12:00)

保守合同の立役者 三木武吉(4)公職追放 「反吉田」の鬼に [有料会員限定]

 1945年(昭和20年)8月15日の終戦を期して政党復活の動きが始まった。最も早かったのが翼賛選挙を非推薦で戦い、軍部に非協力の姿勢をとった旧政友会鳩山派を中心とする「同交会」の面々であった。たまた…続き (2010/4/18 12:00)

保守合同の立役者 三木武吉(3)鳩山一郎らと東条内閣に抵抗 [有料会員限定]

 京成電鉄事件は政治家・三木武吉に大打撃を与えた。この事件で三木が収監されたのは1928年(昭和3年)9月である。その翌年に三木が待望した浜口雄幸民政党(民政党は憲政会の後身)内閣が成立したが、裁判中…続き (2010/4/11 12:00)

議会のヤジ将軍、京成事件で失脚 保守合同の立役者 三木武吉(2) [有料会員限定]

 晴れて弁護士になった三木武吉は1912年(明治45年)、原嘉道の法律事務所から独立して東京・牛込新小川町の自宅に弁護士事務所を開き、その翌年、牛込区会議員になった。政界進出へのささやかな一歩である。…続き (2010/4/4 12:00)

反政府演説で日銀クビ、弁護士に 保守合同の立役者 三木武吉(1) [有料会員限定]

 三木武吉は1955年の保守合同の立役者であり、現在の自民党の生みの親である。大臣を一度も経験したことはないが、吉田茂内閣を打倒して鳩山一郎内閣を樹立した知略縦横の政治家として日本の憲政史、特に戦後政…続き (2010/3/28 12:00)

政客列伝バックナンバー

電子版トップ連載トップ