トップ > 連載 > 政客列伝 河野一郎(1898~1965)

政客列伝 河野一郎(1898~1965)

フォローする

河野一郎(1898~1965) 一覧

自民の剛腕政治家 河野一郎(6)届かなかった総理の夢 [有料会員限定]

川島副総裁、三木幹事長と会談する河野一郎(中央左)と佐藤栄作=自由民主党五十年史より

 1964年(昭和39年)秋の池田首相の後継選びは川島副総裁と三木幹事長の話し合い調整に委ねられ、最後は池田首相の「後継指名」の形をとることになった。後継に名乗りを上げたのは佐藤栄作、河野一郎、藤山愛…続き (2010/9/26 12:04)

自民の豪腕政治家 河野一郎(5) 新党断念、池田内閣の実力者大臣に [有料会員限定]

中曽根康弘(左)と河野一郎=毎日新聞社提供

毎日新聞社提供

 相次ぐ政治的敗北に河野一郎は深刻な挫折感を味わった。自民党は官僚派の天下になり、このままでは河野の政治的展望は開けそうにない状況に直面した。1960年(昭和35年)7月、河野は新党結成を決意した。こ…続き (2010/9/19 12:00)

自民の剛腕政治家 河野一郎(4)官僚派との権力闘争に敗れる [有料会員限定]

駅伝選手を激励する河野一郎=河野一郎伝記刊行委員会「河野先生を偲ぶ」より

 鳩山首相の後継を決める自民党総裁選挙は1956年(昭和31年)12月14日に行われた。同年1月に緒方竹虎が急死し、7月には三木武吉が死去した。候補者は岸信介幹事長、石井光次郎総務会長、石橋湛山通産大…続き (2010/9/12 12:00)

自民の剛腕政治家 河野一郎(3)鳩山首相を助け日ソ交渉に奮闘 [有料会員限定]

ダレス米国務長官と話し合う河野一郎と岸信介=河野一郎伝記刊行委員会「河野先生を偲ぶ」より

 念願の首相の座についた鳩山一郎は憲法改正と日ソ国交回復を政権の大きな目標に掲げた。1955年(昭和30年)2月の総選挙で鳩山民主党は第1党となったが、単独過半数には達しなかった。総務会長の三木武吉は…続き (2010/9/5 14:52)

自民の剛腕政治家 河野一郎(2)三木武吉と吉田打倒を策す [有料会員限定]

三木武吉(左)と河野一郎=三木会「三木武吉」より

 終戦直後の1945年(昭和20年)11月9日、鳩山一郎を総裁とする日本自由党が発足し、政党復活の第1歩を踏み出した。河野一郎は自由党の幹事長に就任した。自由党は当初、旧政友会鳩山派の芦田均、安藤正純…続き (2010/8/29 12:00)

自民の剛腕政治家 河野一郎(1) 早大の駅伝選手、朝日新聞経て政界に [有料会員限定]

昭和7年当時の河野一郎(毎日新聞社提供)

 河野一郎(1898~1965)は戦後保守政界の代表的な政客の1人である。新聞記者出身で抜群の行動力を誇り、常に政界の風雲児であり、剛腕政治家の元祖でもあった。自民党の実力者として国民的な人気も高かっ…続き (2010/8/22 12:00)

政客列伝バックナンバー

電子版トップ連載トップ