トップ > 連載 > 物価考 第2部

物価考 第2部

フォローする

第2部 一覧

脱デフレは本物か 嶋中雄二氏と翁邦雄氏に聞く [有料会員限定]

嶋中雄二・三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長

 ――脱デフレは本物か。
 「本物だと思っている。4~6月期の国内総生産(GDP)は設備投資が前期比1.3%増と、6四半期ぶりに増えた。個人消費も3四半期増え続けている」…続き (2013/9/29 2:00)

千里は語る 「未来を映す街」2つの風景 [有料会員限定]

千里ニュータウンの団地と「太陽の塔」(大阪府吹田市)

 「一体、何が起きたんや?」。清水暉人(70)は、1973年10月31日朝の光景が今でも忘れられない。大阪府の千里ニュータウン。駅前のスーパーに出勤した清水を待っていたのは、開店前から並ぶ主婦の長い列だった。狂乱物価を象徴するトイレットペーパー買いだめ騒動は、この千里から全国に広がった。…続き (2013/9/28 2:00)

沈まぬ100円ショップ、賃金伸びず需要膨らむ [有料会員限定]

現在の100円ショップ(上)と昭和初期の「10銭ストア」

 「まさか、大丸のスーツがメーカー品より高く売れる日が来るとは」。神奈川県海老名市に住む渡辺孝四(78)は感慨深げだ。戦後の復興が軌道に乗り始めた1959年(昭和34年)。大丸東京店(東京・千代田)に勤務していた渡辺は、…続き (2013/9/26 2:00)

江戸のケインズ マネー拡張、財政が鬼門 [有料会員限定]

 東京・日本橋の日銀本店で、江戸時代の経済政策をテーマにした勉強会が開かれたのは6月下旬だった。「江戸の貨幣改鋳は物価にどう影響を与えたか」。講師の阪大名誉教授、宮本又郎に質問する約20人の日銀職員。話題は、ちょうど300年前に没した元禄時代の経済官僚、荻原重秀の脱デフレ策だった。…続き (2013/9/25 2:00)

世界も悩んだ 脱デフレ、日本の道は [有料会員限定]

 15年の長いデフレを経て物価が少しずつ上がり始めた。私たちは今、歴史のどこにいるのだろう。眠れるヒントを探してみた。「ここが勝負どころ」。20日の政労使協議で賃上げを訴えた首相の安倍晋三に応えようと政府内で奇策が浮上している。メーカーの販売価格指定を禁じた独占禁止法指針の見直しだ…続き (2013/9/24 2:00)

物価考バックナンバー

電子版トップ連載トップ