トップ > 特集 > 瀬戸際の東芝再建 > 事業売却の行方

瀬戸際の東芝再建

フォローする

東芝臨時総会、半導体売却を可決 社長「心配かけおわび」

東芝の臨時株主総会会場に向かう株主ら(24日午前、千葉市美浜区)

 経営再建中の東芝は24日、千葉市の幕張メッセで臨時株主総会を開いた。東芝が9月末に米投資ファンドのベインキャピタルを軸とする「日米韓連合」と合意した、半導体メモリー事業の売却などの議案が可決された。…続き (2017/10/24)

東芝、執行役を8人削減 [有料会員限定]

3月に開いた臨時株主総会で、半導体事業の分社を決議していた(千葉市美浜区の幕張メッセ)

 東芝は23日、執行役の人数を23人から15人に11月1日付で減らすと発表した。10月の主力事業の分社化に伴ってグループ経営の体制が変わったことを受け、執行体制をスリム化する。24日には臨時株主総会を…続き (2017/10/24)

一蹴された「プランB」 東芝半導体売却(5) [有料会員限定]

三井住友銀の高島誠頭取

 「支援の前提が崩れる。いまさら売却しないなんて選択肢はあり得ない」。東芝メモリの売却交渉が暗礁に乗り上げた8月上旬。東芝の意向も踏まえ、野村証券が献策した「プランB」が主要行を駆けめぐった。
 今年4…続き (2017/10/21)