トップ > 特集 > 対米外交

米爆撃機、南シナ海人工島に接近 「通常訓練」中国けん制か [有料会員限定]

 【ワシントン=吉野直也】米軍の戦略爆撃機B52が南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島に中国が造成する人工島12カイリ(約22キロ)以内を飛行したことが分かった。米国防総省当局者は18日、日本経済新聞の取材に「国際法に従った通常の訓練飛行」と指摘したうえで「12カイリ以内の飛行を意図した『航行の自由』作戦ではない」と語った。…続き (2015/12/19)

米、台湾に軍艦売却 中国反発、企業制裁を示唆 [有料会員限定]

 【ワシントン=川合智之】オバマ米政権は16日、台湾にミサイルフリゲート艦など18億3千万ドル(約2200億円)の武器を売却すると米議会に通知した。売却は2011年9月以来、4年ぶり。米ホワイトハウス…続き (2015/12/17)

中国、米大使に抗議 軍艦売却「制裁含む措置を決定」 [有料会員限定]

 【北京=永井央紀】中国の鄭沢光外務次官は16日、在中国米大使館の臨時大使を呼び、米国が台湾へフリゲート艦などの武器売却方針を決めたことに抗議して、取り消しを求めた。「台湾は中国領土の不可分な一部で、…続き (2015/12/17)