トップ > 特集 > 被災地の今

宮城の被災地、急速に高齢化

被災地では住宅地などの再建に時間がかかっている(宮城県南三陸町)

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県の自治体で高齢化が急速に進んでいる。県の高齢者人口調査によれば、3月末時点で総人口に占める65歳以上の割合が35%を超える自治体は7市町。女川町や気仙沼市など、…続き (2016/6/4)

南相馬 避難指示解除へ 政府、7月12日に

 政府は27日、東京電力福島第1原子力発電所事故で福島県南相馬市の一部に出している避難指示を7月12日に解除することを決めた。政府の原子力災害現地対策本部と市、県が協議し合意した。避難指示の対象住民は…続き (2016/5/28)

南三陸さんさん商店街、17年3月に高台で本格開業 [有料会員限定]

 東日本大震災からの復活を目指す仮設店舗の代表的な存在である南三陸さんさん商店街(宮城県南三陸町)は、2017年3月に本格設置の商店街を開業する。まちづくり会社が6棟を建て、28店舗がテナントとして入…続き (2016/5/17)