日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

菅野ら計6選手を指名 バスケbjドラフト会議

2014/6/6 17:23
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

バスケットボール男子のbjリーグは6日、東京都内で来季から参入する福島を含む全22チームが参加し新人ドラフト会議を行い、優先指名枠を与えられた福島が仙台の練習生だった菅野翔太(22)を指名して優先交渉権を獲得した。福島県出身の菅野は「とってもらえてうれしい。仙台で学んだものを生かしていければいい」と話した。

1巡目で滋賀が鈴木友貴(23)、秋田がナショナルリーグ(NBL)和歌山との契約を満了した中島良史(23)を指名。2巡目で福島が増子匠(23)、大分が坂東玲央(22)、高松が山下和樹(22)の優先交渉権を得て、全ての指名を終えた。

各チームは独自のトライアウトや外国人選手の獲得などを合わせて補強を進める。〔共同〕


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。