日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

竹島放棄の宣言文、首相支持派の民主・土肥氏が署名

2011/3/10付
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

民主党の土肥隆一衆院議員が2月下旬に韓国を訪れ、日本と韓国の双方が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)に関して「日本側は竹島の領有権の主張を直ちに撤回すべきだ」とする共同宣言文に署名していたことが9日、分かった。土肥氏は日本経済新聞の取材に事実関係を認めたうえで、10日に記者会見し釈明する考えを示した。

竹島放棄の宣言文に署名した土肥衆院議員に対し菅首相が不快感表明(テレビ東京)

竹島放棄の宣言文に署名した土肥衆院議員に対し菅首相が不快感表明(テレビ東京)

菅直人首相は9日、首相官邸で記者団に「大変遺憾だ。竹島は日本の固有の領土で、その立場は変わらない」と不快感を表明。「しかるべき立場で対応することが必要だ」と述べた。土肥氏は首相支持派の菅グループ顧問。

土肥氏によると「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として2月27日に日帰りで訪韓。韓国の「3.1独立運動」の一環で同議連の共同記者会見に出席し、竹島に関する韓国側の主張を認める共同宣言文に署名した。


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。