日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

「クラウド時代に合ったハードを」、サーバー新仕様策定進む

2013/5/28付
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

サーバーなどハードウエアの設計図や仕様のオープンソース化を推進する団体、米オープン・コンピュート・プロジェクト(OCP)が2013年5月27日、東京都内で開発者向けのイベント「Open Compute Project Engineering Workshop」を開催した(写真1)。OCPを主導する米フェイスブックのエンジニアなどが来日し、サーバーラックの新仕様などを説明した。

写真1 東京都内で開催された「Open Compute Project Engineering Workshop」

写真2 Open Compute Project FoundationのCOO(最高執行責任者)であるコール・クロウフォード氏

写真3 サーバー内にバックアップバッテリーを搭載可能な「Open Rack V2」

OCPは、フェイスブックが2011年4月に開始したプロジェクトで、2011年10月には運営団体として「OCPファウンデーション」が設立されている。当初はフェイスブックが自社設計したサーバーやラック、電源装置や冷却設備などの設計図をオープンソースとして公開していた。現在はそれらに加えて、ストレージやネットワークスイッチの設計図のオープンソース化も進めている。

今回のイベントはOCPに加えて、日本でOCPに賛同する団体であるオープンコンピュートプロジェクトジャパン(OCPJ)や、5月23日に台湾で設立されたオープン・コンピュート・プロジェクト・タイワン(OCPT)などが参加。OCPファウンデーションのCOO(最高執行責任者)であるコール・クロウフォード氏は基調講演で、「大規模データセンター時代にふさわしいハードウエアの仕様を、業界の英知を結集して考え直すことがCOPの目的だ」と強調した(写真2)。

■「50年以上前の仕様では対応できない」

クロウフォード氏は、近年のデータセンターが求める要件にハードウエアの仕様が追いついていない例として、IT業界で標準的な「19インチラック」の例を挙げた。

「19インチラックは、50年以上前に通信業界のために作られた仕様で、音楽業界やIT業界は既にあったものを採用しただけだった。そのため、サーバーなどの消費電力が増大した今日では、ラックの仕様が合わなくなっている」(クロウフォード氏)。そこでOCPでは、新しいサーバーラックの仕様である「Open Rack」を作成。サーバーやストレージの電源装置をラック単位で集約し、各ハードには12Vの直流で電力を供給する仕組みを作るなどして、従来よりも多くのサーバーやストレージを格納できるようにした。

またOCPは現在、ラックの仕様の第二世代に当たる「Open Rack V2」を策定中だ。Open Rack V2は、ラックにバックアップ用のバッテリーを内蔵できる(写真3)。従来のOpen Rack仕様では、UPS(無停電電源装置)に相当する「バッテリーラック」が6ラックにつき1個ずつ必要だったが、Open Rack V2ではラック内にバッテリーを内蔵することで、バッテリーラックが不要になった。

OCPが公開した仕様に基づくハードウエアは、フェイスブック以外では米国の大手IaaS(インフラストラクチャ・アズア・サービス)事業者である米ラックススペース・ホスティングや、ゲーム会社である米ライオット・ゲームスが採用しているほか、20社近くがOCP仕様を利用したり検証したりしているという。

OCPは、OCP仕様のハードウエアの普及を進めるために、OCPの認定仕様である「OCP Certified」や「OCP Ready」といった仕組みの整備を進めている。日本のOCPJやOCPTは、これらOCP仕様の国内での普及や、各国のニーズをOCPへと伝える活動などを行うことが、同イベントで発表されている。

Open Compute Project Engineering Workshopは5月28日にもセッションが行われ、米インテルが提唱するラック内インターコネクト技術に関する説明などが行われる予定である。

(日経コンピュータ 中田敦)

[ITpro 2013年5月28日掲載]


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。