日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

盤石の綾瀬、黄金世代が上位独占 女優タレントパワー
日経エンタテインメント!

2014/6/23 6:30
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

 「日経エンタテインメント!」では、2008年から年1回「タレントパワーランキング」を発表している。これはマーケティング調査会社のアーキテクトが実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したもの。その中から今回は「女優」のタレントパワーをお届けする。トップ30は綾瀬はるかがV2、5位までを1985~88年生まれの“黄金世代”が占めた。急上昇ランキングでは、『あまちゃん』出演者が大躍進。特に能年玲奈、有村架純の伸びは他を圧倒した。

※スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めてつけた。上向きの矢印は前年に比べて、女優ランキングで30位以上アップしたタレント

※スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めてつけた。上向きの矢印は前年に比べて、女優ランキングで30位以上アップしたタレント

 タレントパワーランキング2014、女優部門の1位は、2013年に続き綾瀬はるかだった。2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』に主演。放送開始前の話題性に対して視聴率はやや伸び悩んだが、女優1位の座を維持するには十分すぎる活躍だった。2012年の朝ドラ『梅ちゃん先生』のヒットで支持層を拡大した堀北真希も2年連続の2位で、このツートップは安定した人気を誇る女優になった。

 意外なランキングの動きを見せたのが北川景子。決して大きな動きがあった1年ではないが、初めてベスト5入りして、自己最高の4位になった。データの推移を時系列でたどると、2013年11月度調査でスコアが上昇している。同年8月に公開された『謎解きはディナーのあとで』の劇場版の宣伝でのバラエティー出演と10月クール連ドラ『独身貴族』のレギュラー出演で、視聴者との接触率がアップして、好感度が上がったと見られる。

 高視聴率を記録した2013年秋クールの『リーガルハイ』でヒロインを演じた新垣結衣も、自己最高位となる5位。3位も綾瀬と同世代の上戸彩で、トップ5はすべて、1985~88年生まれの若手女優が占めた。

■“大人かわいい”魅力で躍進続く石原さとみ

 石原さとみも、大きなランク上昇を見せた。ここ数年、セクシーな“大人かわいい”魅力を見せ、男性・女性両方から支持を集めるようになって、2011年には前年の53位から22位に急上昇した。とはいえ、2013年は19位で“中堅どころ”の順位に留まっていたが、2014年1月期の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』で小悪魔系ヒロインを好演して、再び関心が高まった。

 2013年3位の天海祐希、同7位だった仲間由紀恵、同5位だった松嶋菜々子といった30代以上のベテラン勢は、総じて順位を落とした。そうしたなかでも、菅野美穂が2013年4月に堺雅人と結婚して以降、女優活動が少なめになっていながらも6位をキープ。7位の柴咲コウもひとつ順位を上げた。年代別のスコアでは、30代男女で菅野が2位、40代男女で菅野が3位、柴咲が6位に入るなど、同世代における支持が根強い。

 このところ好調な朝ドラに出演した女優の上昇も、2014年で目立った傾向だ。『あまちゃん』主演の能年玲奈がランク外から一気に25位に急上昇したほか、ヒロインの母親役を演じた小泉今日子が11位に上昇。『ごちそうさん』に主演した杏も、2013年の34位から今年は15位まで、大きく順位を上げた。

 現在オンエア中の朝ドラ『花子とアン』に主演している吉高由里子は、朝ドラ主演に向けての準備も含めて2013年はマイペースな活動だったこともあり、今回は順位を落として36位(12年は27位)だった。しかし、2015年は順位が再上昇するに違いない。

石原さとみは、ドコモ「dヒッツ」、サントリー「鏡月」、イーオンなどCMでも大活躍

石原さとみは、ドコモ「dヒッツ」、サントリー「鏡月」、イーオンなどCMでも大活躍

北川景子は、ドラマ『独身貴族』では脚本家志望のヒロインを演じた

北川景子は、ドラマ『独身貴族』では脚本家志望のヒロインを演じた


【注目ポイント1】 躍進するU-25女優
『あまちゃん』組と並んで山本美月が急上昇トップ3に

 パワースコアが前年調査と比べて急上昇を見せた女優のうち、25歳以下をピックアップすると、次世代を担う期待の若手が見えてくる。

 1位・能年玲奈、2位・有村架純、4位・橋本愛の3人は、社会現象にもなった『あまちゃん』で活躍して、幅広い層に支持された。特に能年と有村の伸びは、3位以下を大きく引き離している。ともに朝ドラの放送終了後もCM起用が増えており、今後も注目したい。そのほか、『あまちゃん』にアイドルグループ役で出演した松岡茉優が20位、優希美青が27位、大野いとが35位に入っている。

 また、『ごちそうさん』で東出昌大の妹を演じた高畑充希も17位にランクインした。今や朝ドラは、主役以外も含めて、若手女優の登竜門になっている。

山本美月は、ドラマ『僕のいた時間』で多部未華子が演じたヒロインの親友役

山本美月は、ドラマ『僕のいた時間』で多部未華子が演じたヒロインの親友役

橋本愛は、NHKBS『ハードナッツ!』で連ドラ初主演を果たした

橋本愛は、NHKBS『ハードナッツ!』で連ドラ初主演を果たした


 3位の山本美月は、2013年秋の『安堂ロイド』で木村拓哉の助手役を演じたほか、映画『黒執事』、ドラマ『僕のいた時間』にも出演。『CanCam』モデルとして20代女性の支持は高かったが、最近は30代・40代の認知度も上昇している。5位の本田翼、7位の桐谷美玲、8位の川口春奈らとともに、ゴールデン帯の連ドラのヒロインに定着しそうな期待株だ。

 6位の水原希子は、2014年1月クールの『失恋ショコラティエ』で民放連ドラに初めてレギュラー出演して注目を集めた。同ドラマでは、ヒロインの石原さとみも女優総合トップ30急上昇の要因になっており、視聴率以上に出演女優に対する注目度は高かったようだ。

 10代の女優では、人気コミックを映画化した『銀の匙(さじ)』でヒロインを演じた広瀬アリス、E-girlsのメンバーでもあり「dビデオ」「進研ゼミ」のCMに出演する石井杏奈らがランク入りした。

【注目ポイント2】 イメージ別ランキング
NHKとCM起用のポイントは清潔感か?

 タレントパワーランキングの調査では、顔と名前を知っていると答えた女優に対し、どんなイメージがあるかも調べている。

 「演技力がある」の割合が高かった女優ランキングでは、『明日、ママがいない』で活躍した芦田愛菜(1位)・鈴木梨央(7位)の2人の演技派子役がベスト10入り。2013年の同じランキングで1位だった満島ひかりは、『WOMAN』の演技が評価され、2014年も上位を維持。8位には、ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華が入った。

満島ひかり(写真左)は、7月スタートのフジ系連ドラ『若者たち』に出演する。相楽樹(写真中)は、CMのほか『山田くんと7人の魔女』にも出演。有村架純(写真右)は、ドラマ『失恋ショコラティエ』で松本潤が演じた主人公の妹役

満島ひかり(写真左)は、7月スタートのフジ系連ドラ『若者たち』に出演する。相楽樹(写真中)は、CMのほか『山田くんと7人の魔女』にも出演。有村架純(写真右)は、ドラマ『失恋ショコラティエ』で松本潤が演じた主人公の妹役

 「清潔感がある」の上位には、マツモトキヨシや三幸製菓のCMに出演した相楽樹(1位)、ダイキンのCMに出演する三根梓(6位)など、知名度が上昇途上にあるフレッシュな女優が目立つ。色がついていないことが、清潔感のイメージにつながっている。「清潔感」には、堀北真希(2位)・比嘉愛未(4位)・本仮屋ユイカ(5位)の歴代朝ドラヒロインが入っているほか、7位の高梨臨と10位の土屋太鳳は『花子とアン』に出演中。朝ドラ出演女優と清潔感は、切っても切れない関係にあるようだ。

2014年イメージワードの調査結果から、29歳以下をランキング(アーキテクト社が実施する「タレントパワーランキング」では、タレントにどんなイメージがあるかも調査。今回は女優・女性タレントを対象に、18項目からイメージの強い順に3つの回答を聞き、集計している)

2014年イメージワードの調査結果から、29歳以下をランキング(アーキテクト社が実施する「タレントパワーランキング」では、タレントにどんなイメージがあるかも調査。今回は女優・女性タレントを対象に、18項目からイメージの強い順に3つの回答を聞き、集計している)

(ライター 高倉文紀 写真 加藤 康、辺見真也)

[日経エンタテインメント! 2014年6月号の記事を基に再構成]


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。