日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

今年のヒット商品 あまちゃんよりコンビニコーヒー
日経トレンディ

2013/11/2 6:40
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

2013年10月31日に開催された日経トレンディ「2013年ヒット商品ベスト30発表会」

2013年10月31日に開催された日経トレンディ「2013年ヒット商品ベスト30発表会」

2013年10月31日、日経トレンディが「2013年ヒット商品ベスト30」と「2014年ヒット予測ランキング」を発表した。

ヒット商品ベスト30は、「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。

発表会にはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で人気を集めた俳優・福士蒼汰さんと、現在大ブレイク中のタレント・大久保佳代子さんが登場した。

■2013年のヒット商品1位は「コンビニコーヒー」

それでは今年のヒット商品ランキングのベスト30を見ていこう。まずは第1位から10位。

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で"種市先輩"として人気を集めた福士蒼汰さん

現在大ブレイク中のタレント・大久保佳代子さんも登場

現在大ブレイク中のタレント・大久保佳代子さんも登場


続いて、第11位から20位と、第21位から30位。


■なぜ「あまちゃん」や「半沢直樹」ではないのか

2013年は「アベノミクス消費」「パズドラ(パズル&ドラゴンズ)」「半沢直樹」「あまちゃん」など、社会現象にまでなったヒットが続出している。それらを押さえて、なぜ「コンビニコーヒー」が1位なのか。

日経トレンディの渡辺敦美編集長は「『セブンゴールド 金の食パン』がヒットするなど、コンビニの強さが際立ったのが2013年。その象徴的存在が『コンビニコーヒー』」と説明する。

コンビニコーヒーの分野の先駆けはサークルKサンクス。これにローソンやファミリーマートが追随し、最後発のセブン-イレブン・ジャパンは1月から「セブンカフェ」で参戦し、9月には約1万5800店全店への導入を完了した。これにより、業界の勢力図が一気に塗り替わった。セブンカフェは9月末には累計2億杯を達成し、年間販売数は4億5000万杯を見込んでいる。

「『コーヒーはコンビニで買う』文化が浸透したことで、他業界にもたらしたインパクトも甚大。ファストフードや缶コーヒーのパイを奪い、安さ、上質さ、利便性の全てを兼ね備えたことで、絶大な支持を集めた。日本のコーヒー国内消費量は、2013年1~8月で前年同期比6%もアップ。この数字が、コンビニコーヒーがもたらしたインパクトを如実に示しているといえる」(渡辺編集長)

■写真で見せます、今年のヒット商品(その1)

続いて、今年のヒット商品の中から、主なものを写真でピックアップ。

1位「コンビニコーヒー」(写真左)。右の写真はセブン-イレブン・ジャパンの「セブンカフェ」

1位「コンビニコーヒー」(写真左)。右の写真はセブン-イレブン・ジャパンの「セブンカフェ」

2位「パズル&ドラゴンズ」(写真左)。3位「アベノミクス消費」(写真右)

2位「パズル&ドラゴンズ」(写真左)。3位「アベノミクス消費」(写真右)

4位「半沢直樹」

4位「半沢直樹」

7位「あまちゃん」

7位「あまちゃん」


8位「レイコップ」

8位「レイコップ」

9位「ノンフライヤー」

9位「ノンフライヤー」


11位「セブンゴールド 金の食パン」(写真左)。12位「ルック おふろの防カビくん煙剤」(写真右)

11位「セブンゴールド 金の食パン」(写真左)。12位「ルック おふろの防カビくん煙剤」(写真右)

13位「アイカツ!」(写真左)。14位「ヨナナスメーカー」(写真右)

13位「アイカツ!」(写真左)。14位「ヨナナスメーカー」(写真右)

15位「鍋キューブ」

15位「鍋キューブ」

16位「ベジップス」

16位「ベジップス」


■写真で見せます、今年のヒット商品(その2)

17位「アレグラFX」(写真左)。18位「くつろぎ時間のSLIMWALK 足指セラピー」(写真右)

17位「アレグラFX」(写真左)。18位「くつろぎ時間のSLIMWALK 足指セラピー」(写真右)

19位「ブルートゥーススピーカー」(写真左)。20位「ヘルシアコーヒー」(写真右)

19位「ブルートゥーススピーカー」(写真左)。20位「ヘルシアコーヒー」(写真右)

21位「風立ちぬ」(写真左)。22位「フルメーク ウォッシャブル ベース」(写真右)

21位「風立ちぬ」(写真左)。22位「フルメーク ウォッシャブル ベース」(写真右)

23位「目もとエステ」

23位「目もとエステ」

24位「グルメポップコーン」

24位「グルメポップコーン」


25位「ネイルシール」(写真左)。26位「アンチスタックス」(写真右)

25位「ネイルシール」(写真左)。26位「アンチスタックス」(写真右)

27位「〈ブレンディ〉スティック ティーハート」(写真左)。28位「ASOKO&フライング タイガー コペンハーゲン」(写真右)

27位「〈ブレンディ〉スティック ティーハート」(写真左)。28位「ASOKO&フライング タイガー コペンハーゲン」(写真右)

29位「林 修」(写真左)。今年から「ロングセラー大賞」「ご当地ヒット大賞」「周年ヒット大賞」「技術賞」を創設。ロングセラー大賞は「フルグラ」が受賞(写真右)

29位「林 修」(写真左)。今年から「ロングセラー大賞」「ご当地ヒット大賞」「周年ヒット大賞」「技術賞」を創設。ロングセラー大賞は「フルグラ」が受賞(写真右)

ご当地ヒット大賞は「レイエ ゆびさきトング」、周年ヒット大賞は「東京ディズニーリゾート」(写真左)。日経BP社の技術雑誌専門記者200人が選んだ注目技術のなかから選出された「技術賞」。1位は「イプシロンロケットの人工知能」(写真右)

ご当地ヒット大賞は「レイエ ゆびさきトング」、周年ヒット大賞は「東京ディズニーリゾート」(写真左)。日経BP社の技術雑誌専門記者200人が選んだ注目技術のなかから選出された「技術賞」。1位は「イプシロンロケットの人工知能」(写真右)

■2014年は消費増税でモノの価値の再定義が起こる

それでは2014年のヒット商品については、どのようなトレンドが予想されるのか。

「2014年のポイントはやはり4月の消費税増税。食品や生活用品など日々の買い物から高額品まで、モノの価値が再定義されることになる。買い物をする際に支払う金額は変わり、新しい値ごろ感が生まれるほか、内容量が減る商品なども登場しそう」と渡辺編集長。

そうした中でも、「『健康』『小容量』『個食』などの要素を含んだ商品は、引き続き消費者に支持される」と同編集長は見る。

「今回の2014年ヒット予測ランキングで1位となった『毎日自作サプリスムージー』や11位「小容量トクホパン」などは、「おいしくて健康」「小世帯や個食」という重要キーワードを併せ持つ商品」(渡辺編集長)

さらに、少子高齢化の流れを見据え、子供を狙って需要喚起をする"少子後継者狙い商品"も注目だという。

「18位『フリクション いろえんぴつ』はベースとなる"消せるボールペン"の技術に小さいころから慣れ親しんでもらい、長期にわたる固定ファンの獲得を狙っている。12位の『軽井沢』は3世代を満足させる仕掛けを提案するもの」と渡辺編集長は見る

「2014年ヒット予測ランキング」1~20位は以下の通り。


最後に記念撮影。左から日経トレンディの渡辺敦美編集長、来年活躍が期待される

最後に記念撮影。左から日経トレンディの渡辺敦美編集長、来年活躍が期待される"今年の顔"に選ばれた宮崎香蓮(みやざきかれん)、福士さん、大久保さん

(日経トレンディネット 山下奉仁)

[日経トレンディネット2013年11月1日付を基に再構成]

[参考]日経トレンディ12月号(2013年11月2日発売)は、2013年のヒット商品ベスト30のランキングとその分析に加え、2014年のヒット動向についても予測。そのほか、ドコモ、au、ソフトバンクについて、最適なiPhone乗り換え術についても解説する。

日経 TRENDY (トレンディ) 2013年 12月号 [雑誌]

著者:日経トレンディ編集部
出版:日経BP社
価格:650円(税込み)


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。