日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

江戸の粋!「銭湯富士」100年の歴史

2013/8/3 6:30
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

富士山の絵といえば葛飾北斎の浮世絵が有名だが、銭湯の壁に描かれているペンキ絵もなかなか乙だ。湯船につかって湯気にかすむ「銭湯富士」を見上げ、思わず「ああ極楽、極楽」とつぶやいた経験は誰にでもあるだろう。でも、なぜ銭湯に富士山? 世界文化遺産登録を機に調べたら、そこには奥深い世界観があった。

中島盛夫さんが7月中旬に描いた富士山(埼玉県和光市の「浩乃湯」)

中島盛夫さんが7月中旬に描いた富士山(埼玉県和光市の「浩乃湯」)

千代田区にある「最古の銭湯富士」

東京都千代田区のJR水道橋駅から徒歩数分のビルの玄関脇に「銭湯に初のペンキ絵」と記したプレートが掲げられている。千代田区が設置した「まちの記憶保存プレート」だ。1912年(大正元年)、この地にあった銭湯「キカイ湯」の主人に頼まれ、静岡県出身の画家が描いた絵が銭湯富士の最初とされる。そばの説明板には「この絵が満都の評判となり、市内各湯もこれにならって思い思いの絵をかかせて浴客を喜ばせ……」とある。

銭湯ペンキ絵発祥地に建つビルに掲げられたプレート(東京都千代田区)

銭湯ペンキ絵発祥地に建つビルに掲げられたプレート(東京都千代田区)

ペンキ絵の誕生は銭湯の壁を有力な広告媒体に変えた。広告会社が銭湯経営者からペンキ絵の下のスペースを借り受け、企業や近隣の商店などから広告を集めて掲載するビジネスが登場。広告会社は専属の絵師を抱え、年1回の広告料改定に合わせて無料で絵を描き換えるシステムが出来上がった。これが銭湯絵の普及を加速したという。

太宰治は1939年発表の「富嶽百景」で、山梨県の御坂峠から見た富士山について、「これは、まるで、風呂屋のペンキ画だ。」と書いた。この記述は、すでに昭和の初めには銭湯富士が広く普及していて、多くの人にとって周知となっていたことを示す証拠と言っていいだろう。

もっとも、現在は銭湯の広告は廃れてしまっており、銭湯は絵師に代金を払ってペンキ絵を描いてもらわないといけない。このため、かつては1年に1回書き換えるのが一般的だったが、近年は銭湯の経営環境が厳しく、3~4年に1回の書き換えが一般的になっているという。

東京都内の銭湯は現在約720軒。銭湯研究の第一人者である庶民文化研究所(東京・目黒)の町田忍所長(63)によると、このうち約230軒にペンキ絵があり、その大半が富士山の絵だ。町田さんは「やはり日本一の山。末広がりなのもいい」と話す。また、銭湯の建築・設計を手がけ、銭湯文化の普及活動にも取り組んでいる1級建築士の今井健太郎さん(45)は「銭湯は赤ちゃんからお年寄りまで利用する。東京は地方出身者も多く、幅広い人に受け入れられるモチーフは富士山しかない」と語る。

ありそうでドコにもない風景

銭湯富士の制作工程。足場を作り、ヘラで剥がれたペンキを除く。粗く下書きをしてローラーを使い空を塗る

銭湯富士の制作工程。足場を作り、ヘラで剥がれたペンキを除く。粗く下書きをしてローラーを使い空を塗る

銭湯富士の季節は春~初夏で、手前に海や湖を描くのが基本だ。関東の銭湯の湯船は通常、浴室の奥の壁際にある。つまり、手前に海や湖を配するのは、壁に描かれている海や湖と湯船が空間的につながっており、富士山の清らかな水が銭湯の湯船を満たしているという趣向なのだ。町田さんは「銭湯に行くことは、突き詰めれば霊峰富士の水でみそぎをすることを意味する」と解説する。

銭湯で「これはどこから見た富士山か」と思い巡らすのは野暮(やぼ)というもの。というよりナンセンスだ。富士山を能登半島の見附島(別名軍艦島)や日本三景の宮城・松島と一緒に描くなど、現実にはあり得ない構図が多い。「壮大な虚構」こそが銭湯ペンキ絵の粋なのである。

逆に、ありそうでほとんどないのが富士山と紅葉の組み合わせだ。紅葉は夕日、猿とともに銭湯ペンキ絵の3大タブーとされている。「落ちる」「沈む」「(客が)去る」を連想させ、縁起が悪いからだ。このため銭湯では赤富士は珍しく、描かれている場合は「朝日に映える富士」という設定になっている。また、銭湯は熱いので、もともと赤系の色は敬遠されがち。このことも銭湯ペンキ絵に赤富士が少ない理由だという。

ところで、富士山のペンキ絵が全国の銭湯にあまねく行きわたっているかといえば、実はそうではない。全国3200の銭湯を訪れたことがある庶民文化研究所の町田所長によると、銭湯富士は東京を中心とした関東の文化で、関西の銭湯では富士山はおろか、ペンキ絵そのものがあまり見られないという。町田さんは「関西人は合理的で、銭湯にも『機能』を追求した。これに対して東京の銭湯は『遊び』に走った」と話す。東京に住んでいると、銭湯の建物は伝統的に吹き抜けの高い天井を持ち、神社やお寺のような造作が多いと思いがちだが、これも関東の銭湯の特徴で、関西にはこうした銭湯は少ないという。

77歳の絵師、富士を描く

銭湯のペンキ絵はどうやって描くのか。7月上旬、数少ない現役絵師の一人である丸山清人さん(77)が東京都八王子市の「福の湯」で富士山を描くと聞いて、制作作業を見せてもらった。

現場に着いて車から道具類を浴室に運び入れた後、絵を描くためにまず行うのが足場作りだ。木の板を浴槽の縁に渡して、その上に台を載せて、また板を渡す。キャンバスとなる銭湯の壁面は男湯、女湯とも幅は各5~6メートルあり、高さも5メートルほどある。足場は描く場所ごとに組み替える必要があり、高いところはハシゴを立てかけて描く。足場が崩れたら大けがにつながる。板や台、はしごの下にぬれタオルを敷くなど、万一にも滑らないよう作業は慎重に進む。

次の工程が壁面をならす作業だ。銭湯のペンキ絵は古い絵の上にそのまま新しい絵を描くのが原則で、前のペンキを落としたり、いったん白地に塗り替えたりはしない。ただ、古いペンキがめくれたり剥がれかかったりしていると絵を描けないので、ヘラを使って取り除く。下地を整えたら、白のチョークを使って、富士山や周辺の山の稜線(りょうせん)など最低限の下書きをする。湖の水面はきれいな水平の直線になるようテープを貼る。ここまでが下準備だ。

富士は白い雪から。濃淡を慎重につける。水際の波を描き完成

富士は白い雪から。濃淡を慎重につける。水際の波を描き完成

ここから、実際に絵を描く工程に入る。使うペンキはホームセンターで誰でも買える市販のもの。銭湯専用のペンキがあるわけではない。だいたい4~7色を使い、それらを混ぜ合わせて必要な色を出す。最初は空だ。はしごに登り、ローラーを使って塗る。空を塗り終えると、いよいよ本命の富士山だ。はけを使って頂上部分の白い雪から塗っていく。雪といっても、ただ白く塗ればいいのではなく、日の当たり具合によって濃淡や影をつける。そして、雪が徐々に薄くなって土に変わるその境目を慎重に描いていく。

富士山が終わると、いよいよ終盤。湖上の帆掛け船など「小道具」を描き入れ、水際の白い波など周縁部の細かい部分を描くと、いよいよ完成だ。

丸山さんが描いたのは、向かって左側の男湯側が紀伊半島の潮岬で、右側の女湯側が富士山と本栖湖。といっても、絵はつながっていて、男湯からは、潮岬の向こうに富士山が見える構図になっている。書き換える前は、男湯側に富士山が描かれ、女湯側は瀬戸内海の絵だった。この日の作業は助手がおらず、ずべて丸山さん一人で行った。絵を描き始めたのは午前10時ころで、完成したのは午後6時過ぎだった。道具の運び込みや足場作り、完成後の後片付けまで含めるとたっぷり12時間以上かかった。77歳にはこたえる重労働だ。

ちなみに、銭湯の富士山は男湯か女湯のどちらか一方の側に寄せて描く場合が多く、描き換えるときは富士山の位置を入れ替えるのが普通だ。もちろん、富士山を男湯と女湯の仕切りの上の壁面中央に描いている銭湯もある。半面、富士山が男湯、女湯の両方にある銭湯はほとんどないという。

銭湯ペンキ絵師は長らく丸山さんと中島盛夫さん(68)の2人だけだったが、今年5月に初の女性銭湯絵師として、中島氏の下で修業した田中みずきさん(30)がデビューした。田中さんの作品は稲荷湯(千代田区)や豊湯(品川区)で見ることができる。(編集委員 森晋也)


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。