日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

東北電力、大型蓄電池を稼働 太陽光・風力の拡大に道

2015/2/24付
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

日経BPクリーンテック研究所

西仙台変電所に稼働した大型蓄電池システム(出所:東北電力、以下同)

西仙台変電所に稼働した大型蓄電池システム(出所:東北電力、以下同)

東北電力は2015年2月20日、仙台市太白区秋保町の西仙台変電所に設置した大型蓄電池システムの営業運転を開始したと発表した。容量2万kWh、出力2万kW(短時間4万kW)のLi(リチウム)イオン蓄電池で、太陽光発電などの導入拡大に伴い発生する周波数変動への対策として導入し、その効果を検証する。

一般社団法人新エネルギー導入促進協議会が公募した「2012年度大型蓄電システム緊急実証事業」に採択されたことを受け、2013年11月から設置工事を進めてきた。再生可能エネルギーのさらなる導入拡大を目指し、気象条件で出力が変動する風力発電や太陽光発電の導入拡大に伴い発生する周波数変動への対策として新たに取り組む。

太陽光や風力発電の導入拡大に伴い発生する周波数変動に対応

太陽光や風力発電の導入拡大に伴い発生する周波数変動に対応

具体的には、中央給電指令所から蓄電池の充放電を自動的に制御し、これまで主に火力発電が担ってきた周波数調整機能と同蓄電池システムを組み合わせ、周波数調整力の拡大効果などを検証する。2017年度まで実証試験に取り組む予定。電力系統にこの規模の大型蓄電池システムを設置するのは、国内で初めてという。

実証試験での検証項目は、(1)蓄電池システムと火力発電機を組み合わせた周波数制御ロジックの構築、(2)実機による周波数調整力拡大の効果、(3)再生可能エネルギー導入拡大への効果、(4)蓄電池の充放電レベル、充放電ロス、寿命――などを挙げている。

(日経BPクリーンテック研究所 金子憲治)

[日経テクノロジーオンライン 2015年2月23日掲載]


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。