日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

「宗一郎の夢」 ホンダジェットの開発現場に密着

2015/4/24付
ニュースソース
日本経済新聞 電子版
 「ホンダジェット」が23日、初めて日本の空を飛ぶ姿を披露した。米国での納入開始も迫り、ホンダにとって1963年の四輪車参入以来の本格的な新規事業となる。ビジネスジェットとはいえ、機体や内装などあらゆるところで航空機の常識を覆す。根幹のエンジンを一体開発した秘話をひもとき、今後、ホンダが本領をどう発揮するかを占う。

3月9日。米ノースカロライナ州バーリントンで、ジェットエンジンを手掛けるホンダエアロ首脳と米連邦航空局(FAA)幹部が1枚の書類にサインし、固い握手を交わした。搭載エンジン「HF120」が「製造認定」を得て、出荷ができる。米国で23年ぶりのジェットエンジンメーカーが生まれた瞬間だ。

■航空業界に風穴

機体とエンジンの両方を手掛けるメーカーは世界初だ。リスクやコスト分散のため専業メーカーが分業する形が定着している。ホンダは開発初期からホンダジェット専用としない方針だった。競合の米セスナなどにもエンジンを売り込むしたたかさで、将来は半分程度を外販する考え。異色の新参者は航空機の産業構造に風穴を開ける。

航空機参入は創業者、本田宗一郎の夢だった。1917年、尋常小学校低学年の頃に学校をさぼり、親に内緒で自宅から20キロメートルほど離れた浜松練兵場へ飛行機を見に行った。夢は早くから芽生えていたのだ。

歩みは長かった。ホンダがジェットエンジンの土台となるガスタービン開発に着手したのは62年。その頃、宗一郎が当時の通商産業省に何度も怒鳴り込んでいた。四輪車参入を阻む動きに反旗を翻したわけだが、裏ではジェットエンジンを自動車の原動力に使えないかと考えていたのだ。

結局ジェット自動車は頓挫したが、ホンダは86年にジェット機とエンジンの開発を始める。研究員には家族にも内容を秘すよう徹底した。

「世の中にないモノを作る」という宗一郎の哲学を受け継ぐ研究陣は高い壁に挑む。むき出しのエンジン後部に設置するプロペラがそれぞれ逆向きに回る「二重反転式」を選択した。

開発は難航した。取締役専務執行役員の山本芳春は当時のメンバー。「1週間かけて作った試作機を回すとカチャンと音を立てて止まる。その繰り返しだった」。天井にプロペラが刺さり、テスト棟でエンジンが爆発したこともあった。山本らは技術報告会で粉々に砕けた試作機を提出する屈辱を味わった。

■計画は極秘扱い

転機は91年末。開発陣のナンバー2、窪田理(故人)が4人の若手技術者に切り出した。「普通のエンジンをやってみようと思う」。二重反転に見切りをつけてターボファンと呼ぶ通常方式に切り替えるという。

山本は反対した。「なぜ今さら普通のモノを……」。常に先進性を求めてきたホンダ技術者にとって当然の反応だった。だが、ジェットエンジンの事業化を夢見た窪田は現実路線を取った。

ホンダエアロ副社長の泉征彦は「4人の反逆者」の一人。先行他社のエンジン断面図を片っ端から小部屋の壁に貼り付けて新エンジンの形を練った。大人が4人ほど入れば窮屈になる部屋を「PR4」と名付け、チーム内でも極秘扱いとした。

95年冬、泉は米モハベ砂漠に立った。米ボーイング機に開発エンジンを載せて飛行試験に臨んだ。初めて上司から「家族に仕事内容を言っていい」と許された。「墜落の可能性もあるから」という理由だった。

試験後は課題克服のために自動車技術をふんだんに取り入れた。燃料制御装置のサイズを14分の1、重さも8分の1にした。改良エンジンはまさにホンダの本領を発揮。これに目を付けたのが米ゼネラル・エレクトリック(GE)だった。

独自開発エンジン「HF120」の工場には車工場のノウハウも取り入れた(米ノースカロライナ州バーリントン)

独自開発エンジン「HF120」の工場には車工場のノウハウも取り入れた(米ノースカロライナ州バーリントン)

2002年にGEが提携を打診。04年にエンジン販売合弁で合意した。GE航空機部門の社長、デビッド・ジョイスは「ホンダの生産技術を学びたかった」。バーリントン工場の立ち上げ時は日本から人材を派遣。部品の履歴管理のほか、ねじ締めの力や工具の動きもIT(情報技術)で管理する手法にGEは驚いた。

強力なパートナーを得たが、ある航空機メーカーに採用を持ちかけると断られた。コストが見合わなかったのだ。技術者が出した解は「価格が高くても1~2ランク上の性能」(ホンダエアロ社長の藁谷篤邦)。あえて価格より世界一にこだわり、GEの技術を取り入れて完成させたのが今回認定を得たHF120だ。

「エンジンを極める」。元社長の福井威夫は06年にジェット機参入を決めた真意をこう表した。汎用、二輪、四輪の合計で年3千万基近いエンジンを作るホンダに新たな武器が加わる。

(敬称略)

(ニューヨーク 杉本貴司)

[日経産業新聞2015年4月24日付]


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。