日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

リングから再び柔道へ パーク24監督・吉田秀彦(上)

2011/9/5付
ニュースソース
日本経済新聞 夕刊

 畳からリング、そして畳へと戻ってきた。

 1992年バルセロナ五輪、柔道男子78キロ級金メダリストの吉田秀彦(42)。柔道で3度の五輪出場を果たし、世界選手権も制した男は、2002年に総合格闘技に転身した。幾多の強豪と熱戦を繰り広げて昨年4月に現役を引退。

総合格闘技に転向した後も、柔道競技人口の底辺拡大に努めてきた

総合格闘技に転向した後も、柔道競技人口の底辺拡大に努めてきた

やるからには日本一のチームに

 一度は離れた全日本柔道連盟(全柔連)に再び指導者登録され、今年5月に駐車場運営「パーク24」の柔道部監督として新たな一歩を踏み出した。

 吉田は「やるからには日本一のチームをつくる。ゆくゆくは五輪の金メダリストを育てたい」と決意を語る。パーク24柔道部は昨年発足の新興チーム。いま力を注ぐ部員の勧誘活動も名門チームと比べれば、苦労は少なくない。150畳の専用道場は来年夏に完成予定で、チーム一体となった練習時間も多くはとれない。

 ゼロからの出発。それでも就任直後の5月の全日本実業柔道団体対抗大会では、3部優勝と幸先のいいスタートを切った。

■「子供に夢を」育成に力

 9年ぶりに復帰した柔道界。ただ総合格闘技大会のPRIDE(消滅)などのリングに上がった時も、吉田の心は常に柔道にあった。柔道着を身にまとって、柔術やキックボクシングなど他競技の猛者を次々と撃破した。吉田本人はもちろん、柔道本来の強さを証明したようでもあった。

 その傍らで、柔道競技人口の底辺拡大にも努めた。02年からは都内などに「吉田道場」を開設。子供たち相手に無料の柔道体験教室「VIVA JUDO!」を開き、初心者や経験者を地道に指導して柔道の魅力を広めてきた。

 「町道場がどんどん減っているんで、とりあえず子供たちに柔道をやってもらおうと。そういう機会を少しでも増やしていければいい」と吉田は狙いを語る。開催は8年間で39回に及ぶ。

 日本のお家芸は、8月のパリ世界選手権で重量級が惨敗したように、男子の低迷が続く。吉田は将来の日本柔道を担う子供たちを案じる。「僕らは努力、根性、気合の中でやっていたけど、決して僕たちの環境、考え方で今の子供たちはやっていない」と時代の変化を強調する。

■夢がある競技に

 そして、「今はサッカーなど華やかな競技があり、夢があって子供たちはやると思う。柔道をメジャーにして、夢がある競技にしていかないといけない」と熱っぽく語る。今後は全柔連と一緒に取り組みたいという。底辺拡大に尽力してきた男の言葉には説得力がこもる。

 吉田の復帰に全柔連の期待も大きい。会長の上村春樹は「我々のめざす柔道、正しく組んで、理にかなった技で一本とる柔道を実践してきた。指導者としての手腕も高いものを持っている」と高く評価。

 吉田の恩師である強化委員長の吉村和郎も「将来的に世界王者をつくり上げるのも仕事だろうし、少年の夢を膨らませるのも務めだろう」と激励する。

 勝負することを楽しむかのように、最前線で戦い続け、道を切り開いてきた吉田。帰るべくして柔道に帰ってきた男が、指導者として畳の上を盛り上げる。

(敬称略)


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。