日本経済新聞社

記事利用について
印刷 印刷

桶狭間はこっちのもんだぎゃぁ 名古屋市緑区vs.豊明市

2014/6/6 6:30
ニュースソース
日本経済新聞 電子版

 織田信長が今川義元を破ったことで有名な「桶狭間の戦い」。その主戦場を巡り、愛知県豊明市と名古屋市緑区の間で論争が続いている。戦国時代の歴史の舞台となってから450年余り。定説はなく、我が町が「本家」と譲らない。歴史ブームを背景に古戦場は今や、注目の観光地。愛知県は桶狭間近くで今秋に開く武将祭りに双方を招待する意向で、観光地としての「桶狭間」の魅力が、双方のPR合戦に拍車をかけているようだ。

桶狭間古戦場公園に建つ織田信長(左)と今川義元の銅像(名古屋市緑区)

桶狭間古戦場公園に建つ織田信長(左)と今川義元の銅像(名古屋市緑区)

愛知県豊明市にも「桶狭間古戦場伝説地」がある

愛知県豊明市にも「桶狭間古戦場伝説地」がある


 名古屋鉄道中京競馬場前駅から数分歩くと、豊明市側の「桶狭間古戦場伝説地」が現れる。明治時代にできた義元の墓や、義元やその重臣が戦死した場所として江戸時代に建てられた7つの石碑などが並ぶ。

■観光資源争奪

 1937年に史跡として国から指定を受けており、地元団体「桶狭間古戦場祭保存会」(豊明市)の内藤四郎会長(77)は「国から指定を受けたのはここだけ」とアピールする。

 古戦場伝説地から南西に約1キロ。名古屋市緑区にあるのは「桶狭間古戦場公園」だ。2010年、義元と信長の銅像を建立。石や小道などを配置し、桶狭間の戦いに登場する城やとりで、街道に見立てたジオラマもつくった。義元の馬をつないだとされる「ねずの木」や墓碑もある。

 08年設立の地元団体「桶狭間古戦場保存会」(名古屋市緑区)の梶野泉会長(65)は「(緑区には)信長が義元を討ち取った後、村人に戦死者を埋葬するよう命じた塚がある」と譲らない。

 「桶狭間の戦い」を扱った書籍の出版が相次ぎ、「本家」論争に火が付いたといわれる。論争が決着しない背景には、数少ない歴史文書の解釈が何通りにもできることがある。中近世史を専門とする名古屋市博物館の鳥居和之学芸課長(60)は、桶狭間の合戦を描いた江戸時代の絵図はあるが、「現在の地形にあわない」と指摘。合戦に関して記した「信長公記」も武将の動きなど記述はあるが、桶狭間に向かう道のりに関する記載は少なく、鳥居課長は「新たな資料などが出ない限り、論争は決着しない」とみる。

今川義元の首を洗ったと伝えられる泉(名古屋市緑区)

今川義元の首を洗ったと伝えられる泉(名古屋市緑区)

 双方が一歩も譲らない理由はもう一つある。観光資源としての「桶狭間」の魅力だ。450年に当たる10年前後から、歴史好きの観光客を呼び込むためのPRを展開。豊明市では約20人、緑区では13人のボランティアガイドをそろえ、観光客を無料案内する。緑区の13年の案内者数は5年前の100倍の約1万人に上る。もっとも、戦国時代の古戦場の「長篠の戦い」や「小牧・長久手の戦い」では地元に資料館があるのに対し、「桶狭間の戦い」にはないことが観光客誘致のネックとみる。

■ともに「出陣」

 それぞれの地で毎年「古戦場まつり」を開催。愛知県が今秋、大高緑地(名古屋市緑区)で開催する武将祭り「あいち合戦ワールド」には、ともに“出陣”するつもりだ。開催場所は桶狭間に近いことが決め手の一つとなった。愛知県は「2つまとまってPRした方が武将を通じた観光振興につながるのでは」と融和に期待を寄せる。

 現代まで熱いバトルが続く「桶狭間の戦い」。そんな歴史に思いをはせれば、今までとは違った「桶狭間」を楽しめるかもしれない。(名古屋支社 小林宏行)

 ▼桶狭間の戦い 1560年(永禄3年)、駿河や遠江(ともに現在の静岡県)、三河国(現・愛知県)を手中にし、大軍を率いて攻め込んできた今川義元を、尾張の織田信長が討ち取った。今川軍には徳川家康(当時は松平元康)も加わった。
 かつては上洛を目指した義元を信長が奇襲で破ったとされた。最近では義元の狙いは尾張・三河国境周辺の制圧が目的だったという見方や、信長の軍勢は少数ではない上、奇襲ではなく正面衝突だったという学説もある。

 戦国時代、歴史の重要な舞台となった中部地方は今、日本のものづくりの中核を担う。三英傑ゆかりの史跡や、自動車や陶磁器などの歴史を伝え続ける数々の産業遺産。そして「名古屋めし」に代表される独自の食文化の発信。関東、関西とは異なる文化を育み、様々な歴史を紡いできた「ナゴヤ圏」を紹介する。(随時掲載)


本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。