コラム
フォローする

マネーのまなびトップ

住宅ローン金利、「我が家の最適」を考えてみる

昨年12月、日銀が長期金利の変動幅の上限を0.25%程度から0.5%程度に引き上げたことで、一部の住宅ローン金利が上昇しま…続き

統合NISAは最強の資産形成ツール 使わないと損

日経ポッドキャスト「マネーのとびら」、今回のテーマは「統合NISA」です。少額投資非課税制度(NISA)は2024年、新し…続き

共同

今年の確定申告、スマホが便利! 副業所得には注意

間もなく年に1度の税金に関する一大イベント、確定申告が始まる。去年1年の自分の稼ぎに関する総決算だ。例年2月16日〜3月1…続き

金融リテラシー向上で未来つかむ 資産運用で得る幸福

今月はお金と幸せの関係をファイナンシャル・ウェルビーイングというキーワードで考えてきました。最終週はあなたの人生において幸…続き

住宅ローン金利、日銀の金融政策で見通す

2022年12月の金融政策決定会合で長期金利の変動許容幅をプラスマイナス0.5%程度に拡大すると決めたことから、日銀が金融…続き

失敗しない高配当株の選び方 1月の「まねび」必読記事[映像あり]

1月の日経電子版「マネーのまなび(まねび)」では、高配当株や住宅ローンに関する記事がよく読まれた。今回は①減配リスクを避け…続き

日経平均の22年12月末予想、1位は高知の西田さん

読者が2022年12月末の株式相場の予想を競った第161ラウンドの日経平均ダービーは高知市の西田友樹さん(26)がトップに…続き

物色広がる高配当株・優待株 銘柄選びの注意点は?

日経ポッドキャスト「マネーのとびら」、今回のテーマは「高配当株と株主優待株」です。インカムゲインである配当と優待品の魅力で…続き

長期投資家は目先の景気後退を恐れない

投資の世界で「積立王子」のニックネームを持つ筆者が、これから長期投資に乗り出す後輩の若者にむけて成功の秘訣を伝授するコラム…続き

預金 VS 個人向け国債 知っておくべき注意点

「普通の金利の300倍もお得なキャンペーンのご案内です」。ポストに入っていたチラシ広告が気になった。怪しい商品の勧誘ではな…続き

楽しい節約と不幸な節約 知的好奇心を満たすには

今月はお金と幸福の関係、ファイナンシャル・ウェルビーイングについて考えています。消費で得られる「幸福」は、ある程度誰もがイ…続き

金利上昇を味方につける 家計の心得を動画で解説[映像あり]

永遠に続くかとさえ思われた日本の超低金利に変化が押し寄せています。海外発の利上げの波を受けて、さしもの日銀も政策修正を迫ら…続き

12月末予想、東京の林さんが首位

読者が2022年12月末の為替相場の予想を競った円・ドルダービーの第223ラウンドは東京都武蔵野市の会社員、林克次さん(6…続き

金融政策が大転換 個人の資産運用はどうする?

マネーの知識を音声で学ぶ日経ポッドキャスト「マネーのとびら」。今回のテーマは「金融政策」です。日米の金融政策が大転換しよう…続き

金利上昇時の「貯蓄から投資」、はじめの一歩は?

「永遠のゼロ」とも呼ばれた日本の超低金利時代。最大の敗者といえば貯蓄超過である家計セクターだろう。預貯金の利子収入を中心に…続き

コスパとタイパ 「幸せ」を求める消費とは

私は個人のお金の問題について情報発信するファイナンシャルプランナーですが、「お金と幸せの問題を考えるファイナンシャルプラン…続き

相続時精算課税が改正 実家の贈与に活用しやすく

2023年度税制改正大綱が22年12月23日に閣議決定され、「相続時精算課税制度」にも改正がありました。相続時精算課税制度…続き

混迷期に有望株を発掘する視点 日経プラス9から[映像あり]

インフレと利上げで世界景気がスローダウンし、株式投資の環境が大きく変わっています。経済とマーケットの視界不良が続くなか、有…続き

うさぎ年、跳ねるのは株か円か 先行するのは円?

2023年最初の日経ポッドキャスト「マネーのとびら」のテーマは、「うさぎ年、跳ねるのは株か円か」です。日経ヴェリタスが市場…続き

長期投資家が見通すネオグローバリゼーションの時代

投資の世界で「積立王子」のニックネームを持つ筆者が、これから長期投資に乗り出す後輩の若者にむけて成功の秘訣を伝授するコラム…続き

771件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ