10/27 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: グリーン銘柄、20兆円流入 テスラは時価総額1兆ドルに[有料会員限定]
  2. 2位: 日本電産の永守会長「EV、確信を持った道を歩んでいる」[有料会員限定]
  3. 3位: 円安一服「115円の壁」 売りの材料探る局面に[有料会員限定]
  4. 4位: 化学株が逆行安 原材料価格の高まり懸念[有料会員限定]
  5. 5位: キヤノン1~9月、純利益5.2倍 事務機・カメラ回復 [有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 29,106.01 +505.60
日経平均先物(円)
大取,21/12月 ※
29,130 +510

[PR]

新着ファンド (解説)

全702件のうち1~5件を表示
設定日の新しい順に表示しています。
       次へ>>
ファンド名 Gターゲット戦略債F2021-11(限追)
コード 3531121B 設定日 2021年11月17日
運用会社 ゴールドマン クローズド
運用方針 主として日本を含む世界の企業等が発行する米ドル建てまたはユーロ建て債券(投資適格未満の債券を含む。)に投資する。原則として信託期間内に満期を迎える債券に投資し、各債券の満期日まで保有する「持ち切り」による運用を行う。外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行う。
銘柄フォルダに追加
銘柄フォルダに追加

有料会員・登録会員の方がご利用になれます。
銘柄フォルダ追加にはログインが必要です。

ファンド名 世界グリーンボンド・ファンド<ヘッジなし>
コード 1831121B 設定日 2021年11月15日
運用会社 インベスコ クローズド
運用方針 「インベスコ 世界グリーンボンド マザーファンド」への投資を通じて、主として、世界のグリーンボンド(先進国の通貨建て(日本円を除く)のグリーンボンドを指す)に投資する。取得時において投資適格以上の信用格付を有するグリーンボンドに投資を行うとともに、ポートフォリオ全体の平均格付は原則として投資適格以上とすることを基本とする。原則、対円での為替ヘッジを行わない。
銘柄フォルダに追加
銘柄フォルダに追加

有料会員・登録会員の方がご利用になれます。
銘柄フォルダ追加にはログインが必要です。

ファンド名 世界グリーンボンド・ファンド<ヘッジあり>
コード 1831221B 設定日 2021年11月15日
運用会社 インベスコ クローズド
運用方針 「インベスコ 世界グリーンボンド マザーファンド」への投資を通じて、主として、世界のグリーンボンド(先進国の通貨建て(日本円を除く)のグリーンボンドを指す)に投資する。取得時において投資適格以上の信用格付を有するグリーンボンドに投資を行うとともに、ポートフォリオ全体の平均格付は原則として投資適格以上とすることを基本とする。原則、対円での為替ヘッジを行う。
銘柄フォルダに追加
銘柄フォルダに追加

有料会員・登録会員の方がご利用になれます。
銘柄フォルダ追加にはログインが必要です。

ファンド名 Gソーシャル・デベロップメント・F
愛称:地球貢献
コード AR31121B 設定日 2021年11月8日
運用会社 お金のデザイン クローズド
運用方針 「お金のデザイン・グローバル・ソーシャル・デベロップメント・マザーファンド」を通じて、環境・社会貢献に注力している企業を中心に構成された世界の投資信託証券(ETF)に投資を行うことにより、中長期的に安定的なリターンの獲得を目指す。ETFの選定においては、ESG評価機関の評価に基づいた客観的な尺度を用いて投資を行う。原則、為替ヘッジを行わない。
銘柄フォルダに追加
銘柄フォルダに追加

有料会員・登録会員の方がご利用になれます。
銘柄フォルダ追加にはログインが必要です。

ファンド名 グローバル・グロース・オポチュニティーズ予
愛称:GGO
コード 3931121B 設定日 2021年11月4日
運用会社 アライアンス クローズド
運用方針 「アライアンス・バーンスタイン・グローバル・グロース・オポチュニティーズ・マザーファンド」を通じて、主として日本を含む世界各国の株式に分散投資する。成長の可能性が高いと判断されるセクターにおいて、環境や社会指向等の持続可能な成長が見込まれるサステナブル投資テーマに基づき、魅力的な銘柄に投資するアクティブ運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。
銘柄フォルダに追加
銘柄フォルダに追加

有料会員・登録会員の方がご利用になれます。
銘柄フォルダ追加にはログインが必要です。

       次へ>>
【ご注意】
・基準価格および投信指標データは「QUICK 資産運用研究所」提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。