2018年10月16日(火)

10/16 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 大幅反落、2カ月ぶり安値 為替条項警戒で輸出関連が下押し
  2. 2位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  3. 3位: ムニューシン発言が揺さぶる日本株、業績上振れ期待に暗雲[有料会員限定]
  4. 4位: 外為17時 円、反発 一時1カ月ぶり高値 対ユーロでも反発
  5. 5位: マネフォ、最終赤字5億円 人件費増

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

10月15~19日の新規設定ファンド

 来週(10月15~19日)は7本の国内公募投資信託が新規設定される予定だ。15日はドイチェ・アセット・マネジメントが「DWS コモディティ戦略ファンド(年1回決算型)」の為替ヘッジありとなしの2コー…続き (12日 12:00)

関連記事

資産運用の経験や目的から選ぶ

「経験を積みながら勉強もかねて資産運用したい」「コツコツじっくり貯めたい」「老後に備えた資産形成を目指したい」「余裕資金を堅実に運用したい」など、資産運用の経験やスタンス、目的に合わせてファンドの参考情報を確認できます。

運用資産別に選ぶ (解説)

値動きから選ぶ

運用対象の資産別に分類した投資信託の平均的な値動きを確認できます。凡例をクリックすると、その分類に属する投資信託の一覧を表示します。

1年週次 | 5年月次 | 10年月次

各ファンドタイプの値動き

 ※起点を100として指数化。


リスクとリターンから選ぶ

上のグラフを個別ファンドに分解し、リスクとリターンを描画したグラフです。相対的にリスクとリターンのバランスを把握できます。グラフ上に描かれた ● の印にマウスオーバーすると個別ファンドがポップアップし、クリックするとファンドのページが開きます。

>>一覧でみる

※リスクとリターンのバランスを判断する目安として、両者の数値が等しくなる水準で点線を描画しています。斜線より左上の部分に位置するファンドは、右下のファンドよりもリスク比でリターンが高かったことを示します。
<グラフの操作方法>
グラフをクリックすると周辺部を拡大します。閲覧したい箇所をドラッグして拡大することもできます。

新着記事一覧

読まれたコラム

【ご注意】
・基準価格および投信指標データは「QUICK 資産運用研究所」提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。