2018年5月21日(月)

5/21 19:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  2. 2位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  3. 3位: 三菱商事、最高値に必要な「見える化」[有料会員限定]
  4. 4位: 日本株にも「一帯一路」の波 商社や建機、買い材料に[有料会員限定]
  5. 5位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

マーケット > コラム > ポジション・フラッシュ

ポジション・フラッシュ

フォローする

 外国為替市場で円安のスピードが増してきた。原動力となっているのは米長期金利の上昇だ。指標となる米10年債利回りは15日に2011年7月以来、6年10カ月ぶりの高水準を突破し、日米金利差拡大を手掛かり…続き (5/18)

円ドル

米金利上昇で1ドル=113円も [有料会員限定]

 円相場が15日のニューヨーク外国為替市場で節目の1ドル=110円台になり、16日の東京市場でも110円台を維持している。市場では米長期金利の緩やかな上昇が続き、米株が大きく下落しなければ、1ドル=1…続き (5/16)

 4月から続いている円安進行が1ドル=110円台で足踏みしている。円相場は10日、欧州投資家の取引が活発化する16時過ぎに1ドル=110円01銭まで下落。だが、2日に付けた安値(110円03銭)の手前…続き (5/11)

新着記事一覧

読まれたコラム