広告におけるデータ利用(行動ターゲティング広告)

行動ターゲティング広告とは

行動ターゲティング広告とは、サイト利用者が「いつ」、「どのウェブサイト」を閲覧したかという一定期間のアクセスデータを収集・分析することで、利用者の興味や関心を推測し、それに沿った広告を表示させるものです。

日経は、利用者が日経サイトを閲覧した日時およびURL等のアクセスデータを収集・分析し、行動ターゲティング広告を配信しています。

収集日から2年間を経過したアクセスデータは利用していません。

アクセスデータの収集方法

ウェブの場合は利用者のブラウザを識別するクッキーという技術を使用しています。アプリの場合は利用者の端末を識別するIDFA(iOS端末)およびAID(Android端末)という技術を使用しています。これらの識別子は、利用者によってリセットすることができます。

オプトアウト

日経が配信する行動ターゲティング広告を表示させたくない場合には、次の方法で「オプトアウト(停止)」と呼ばれる手続きを行ってください。

ウェブサイト

次の広告配信用プラットフォームの設定ページにおいて、行動ターゲティング広告の配信または停止を選択することができます。

アプリ

  • iOS端末の場合
    「設定」>「プライバシー」>「広告」の順に進み、「追跡型広告を制限する」を選択します。
  • Android端末の場合
    「設定アプリ」>「Google」>「広告」の順に進み、「パーソナライズド広告をオプトアウトする」を選択します。

クッキーを利用したアクセスデータの共有

日経サイトでは、広告配信事業者などの日経以外の事業者が独自にアクセスデータを収集し、行動ターゲティング広告の配信などの目的に利用しています。

これら事業者は、収集されたアクセスデータをさらに他の事業者に配信している場合があります。詳しくは当該事業者のポリシーをご確認ください。

日経サイトにおいてアクセスデータを収集している事業者は、下のリンク先のページで確認することができます。

アクセスデータの収集を停止したい場合も、リンク先のページから事業者ごとにお手続きください。

DMPを利用したデータの共有

日経は、利用者の日経ID登録情報および日経サイトへのアクセス情報を、データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)というシステムに蓄積し、広告配信などに活用しています。

日経は、このDMPに蓄積した情報の一部を、次の各社に提供しています。

  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
  • アマゾンジャパン合同会社

各社は、日経から提供を受けた情報および自らがインターネット上で収集・蓄積した情報をもとに、ターゲティング広告配信などに活用しています。

日経が各社に提供している利用者の情報は次の情報の全部または一部です。これら情報は特定の個人が識別できるものではありません。

  • 日経ID会員登録情報
    • 居住都道府県 
    • 性別
    • 年代
    • 職業
    • 勤務先従業員規模
    • 業種(25区分)
    • 職種(21区分)
    • 役職(10区分)
    • 世帯年収
    • 興味関心分野
    • 新聞購読状況
    • 居住国
    • 日経電子版料金プラン区分
  • 日経サイトの閲覧履歴情報、リファラー情報
  • 日経サイトに掲載された広告の表示情報およびクリックデータ

オプトアウト

DMPを利用した広告配信および各社へのデータ提供を希望しない場合、下のリンク先のページにおいて停止(オプトアウト)の手続を行うことができます。

行動ターゲティング広告に関するお問い合わせは、こちらからお願いします。

このページの内容は適時改定しますが、その改定が利用者のプライバシーに影響を与える場合は、専用の告知ページ内において変更内容をご説明します。