2019年5月26日(日)

コラム
フォローする

松居大祐さんが管理するそわか楼からは鞆の町が一望できる(広島県福山市)

故郷の街再生、鞆まちづくり会社の松居大祐さん[有料会員限定]

「母の町並み保存の思いを引き継ぎ、2人のエキスパートと協力し合って実現していく」。鞆まちづくり会社(広島県福山市)の松居大…続き

河鍋暁斎「大森彦七鬼女と争う図」(1880年、成田山霊光館蔵)

多彩な制作 みなぎる気迫(展覧会評)

筋肉隆々たる手足に満身の力を込め刀を抜こうと構える武士と、その背中に取りつき武士の頭をわしづかみにする鬼女。南北朝時代、伊…続き

漫画家・江口寿史のイラスト展

漫画家の江口寿史の新作や原画を中心に約300点を集めた「江口寿史イラストレーション展 彼女」が兵庫県の明石市立文化博物館で…続き

「六条御息所」テーマの能 連続で

大槻能楽堂(大阪市)で源氏物語に登場する女性、六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)を描いた能が連続上演される。六条御息所…続き

「辿り着く向こう岸―シャン・ヤンの航海企画展」の前でポーズをとるシャン・ヤン(小豆島の草壁港)

瀬戸内国際芸術祭の春会期 島の記憶、着想の種

世界最大級のアートイベント「瀬戸内国際芸術祭2019」の春会期が開催中だ。開幕から来場者数は前回を上回るペースで伸びている…続き

職人による実演を真剣に見つめる体験参加者(神奈川県小田原市)

鈴廣かまぼこの里 「手作り体験、家族に人気」

東京5/9

江戸時代から小田原・箱根地域の名産品といえばかまぼこだ。神奈川県小田原市の「鈴廣かまぼこの里」では、かまぼこやちくわなどの…続き

回り舞台では顔ハメ看板や鬘を使い役者気分を体験できる(大阪市の「道頓堀ミュージアム並木座」)

道頓堀物語(上)芝居街の熱気 取り戻す

インバウンド(訪日外国人)の観光客であふれる大阪・道頓堀。大阪観光局の外国人動向調査によると、「大阪での訪問先」ランキング…続き

庁舎移転に限らず、市政情報を市民に伝える新しい手法が求められている。記者会見する福田・川崎市長

市政広報、住民に届ける難しさ(点照)[有料会員限定]

東京5/8

2019年3月14日付の本欄「『坂の上』街づくりの行方」で、川崎市宮前区役所の移転計画について書いたところ、宮前区民の読者…続き

映えスポ 梅田スカイビル

JR大阪駅の北側にそびえ立つ梅田スカイビル。40階建て高さ173メートルの高層ビルで、天気が良いと屋上の展望台から淡路島ま…続き

豊岡を演劇の中心地に 劇作家・演出家 平田オリザさん

■日本を代表する劇作家・演出家の平田オリザさんが今年9月、城崎温泉などで有名な兵庫県豊岡市に本拠地を移す。住居を構え、主宰…続き

Tシャツ短納期と働きやすさ両立 高松のラブ・ラボ[有料会員限定]

繁忙期は残業が当たり前。そんな業界の常識を変えようと、Tシャツのプリントサービスを展開するラブ・ラボ(高松市)は働きやすい…続き

小豆島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

(1)チェ・ジョンファ「太陽の贈り物」★★★

土庄(とのしょう)港の船着き場桟橋に立つ黄金のオリーブ環。あるいは月桂冠。サーカ…続き

豊島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

(1)垣内光司「豊島愛ランドスケープ」(新作)★★★

船着き場近くに設置されたレストラン。隣接する地元鮮魚店や食堂のランチを提…続き

沙弥島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

(1)ターニャ・プレミンガー「階層・地層・層」(春のみ)★★★★

瀬戸大橋記念公園内に設置され、芝で覆われた高さ6メートルの小…続き

直島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

(1)草間彌生「赤かぼちゃ」★★★★

直島の宮浦港へ船が近づくにつれ、堤防の上の巨大なかぼちゃが徐々に大きくなって見えてくる。…続き

男木島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

(1)ジャウメ・プレンサ「男木島の魂」★★★

高松や女木島からのフェリーが発着する港の建物もまた作品だ。白い屋根はアルファベッ…続き

4日午前に打ち上げられたモモ3号機(インターステラテクノロジズ提供)

民間ロケット成功の北海道大樹町、「宇宙のまち」へ

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)が小型ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打…続き

京都に日本最古のエレベーター 当時モダン、今は誇り

京都に赴任して1年、戦前からのエレベーターが現役で活躍していると聞いた。場所は京都市中心部の鴨川沿いだ。最も古いものは92…続き

太陽の塔内部にある「生命の樹」にカメラを向ける来館者(4月11日、大阪府吹田市)

半世紀 よみがえった大樹(古今東西万博考)

1970年大阪万博のシンボルとして岡本太郎が制作した「太陽の塔」。2018年3月に内部の一般公開が始まり、1年余りで累計約…続き

平井伸一、絵美さん夫妻は豊島で劇場を運営する

瀬戸内に移住の魅力とビジネスチャンス 芸術祭の舞台[有料会員限定]

香川、岡山両県の島々を主会場に瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2019が開かれている。今回で4回目となる瀬戸芸は「地域発の芸術祭…続き

1726件中 41 - 60件

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報