ジャパンマテリアル、半導体工場にプロ人材 派遣に参入
半導体製造工場からの需要が旺盛(ジャパンマテリアル本社で研修する様子)

ジャパンマテリアル、半導体工場にプロ人材派遣に参入

半導体製造装置の保守管理を手掛けるジャパンマテリアルは人材派遣業に参入する。子会社を通じて6月に免許を取得し求人を始めた。半導体需要が旺盛で業務量が増えていることから、顧客の生産拠点では人手不足が深刻だ。手厚い研修を通じて専門知識を持った人材を育成し、初年度で60人ほどの派遣を想定している。幅広いニーズに応えることで、顧客の囲い込みのほか、商機の拡大にもつなげる狙いだ。 ジャパンマテリアルは19…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
「出生率1.8」1割が達成 144市町村、子育てに安心感

1人の女性が産む子どもの数を示す合計特殊出生率の低迷が続く中、政府が目標とする「希望出生率1.8」を2013~17年時点で達成した自治体が全1741市区町村のうち144ある。うち136市町村が03~07年に比べ改善させた。出生率は将来のまちづくりに影響を及ぼすだけに、財政面だけでない総合的な支援が欠かせない。 厚生労働省がまとめた20年の合計特殊出生率は1.34。5年連続で低下した。都道府県で希…

群馬県産こんにゃく、パリへ 肉の代替需要狙う

「食べ方が分からない」「価格が手ごろではない」――。輸出拡大には超えるべき様々なハードルが立ちはだかる。だが、生産者や輸出事業者も負けてはいない。北関東でも海外消費者に向き合い、強みを磨いて課題を乗り越える動きが活発だ。 6月中旬、フランス・パリのスーパー店頭に、こんにゃく入り「代替肉」で作ったハンバーグが並んだ。輸出したのは群馬県下仁田町のこんにゃくメーカー、茂木食品工業だ。 代替肉は完全植物…

日本橋に生命科学・宇宙関連企業 仕掛け人は三井不動産

「リアルで交流できる日を楽しみにしている」。18日、オンラインで開かれた創薬関連シンポジウムには創薬企業や大学の関係者など469人が参加した。主催したのは東京・日本橋が拠点の一般社団法人、ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)だ。 同法人は生命科学分野の新産業創出を目指す産官学ネットワークで、大手企業やスタートアップ、大学など446者で構成する。2019年には起…

「泳ぐ宝石」ニシキゴイのオーナーに 新潟県小千谷市

新潟県発祥のニシキゴイ。優雅に泳いだり餌をおねだりしたりする姿は外国人も魅了し、「泳ぐ宝石」といわれる。小千谷市には世界唯一のニシキゴイ展示施設「錦鯉の里」があり、コイのオーナー権はふるさと納税の返礼品にもなっている。錦鯉の里で預かってもらえ、いつでも会いに来られる。自宅の池や水槽に引き取ることもできる。 オーナー権を返礼品にした小千谷市のふるさと納税は2種類だ。寄付額が16万7000円以上で体…

北大は低学年からインターン、キャリア支援課長に聞く

北海道大学は北海道内でも学生数が最も多い。インターンシップや低学年向けのキャリア相談を拡充し、学生が卒業後の将来像を描きやすいように手助けしている。キャリアセンターの菅田勝美キャリア支援課長に学生への支援を聞いた。 2004年に国立大学が法人化された際にキャリアセンターをつくり、就職支援に力を入れてきた。当時の学長が「入り口から出口までということで、学生の就職支援は非常に大事だ」と話し、国立大学と…

アレルギー食おいしく、松江のFood Marico 上田代表

「このオムライス、卵を使っていないんです。卵に見えるのは米粉をカボチャで色づけして焼いたもの。おいしいですか? よかった」。くったくのない笑みを浮かべる。松江市でアレルギー対応の様々な料理や食品の開発に取り組むのがFood Marico代表の上田まり子(39)だ。 近年、アレルギーのため何らかの食物を食べられない人が増えている。「そんな人たちにも気兼ねなく、おいしい食事を楽しんでほしい」と201…

PR

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし