大学、対面授業再開探る 阪大は同一科目で遠隔併用
大阪大学はいち早く秋以降の授業方針を示した(大阪府豊中市の阪大豊中キャンパス)

大学、対面授業再開探る阪大は同一科目で遠隔併用

関西の大学が対面授業の再開と新型コロナウイルスの感染予防策の両立を模索している。いち早く秋以降の方針を打ち出したのが大阪大学だ。屋内でのマスク着用など予防策を講じた上で、一つの科目の中で遠隔、対面を使い分ける「ブレンド授業」を導入する。今春導入した遠隔授業のメリットを生かしつつ、新常態の大学教育のあり方をどう確立するか。各大学の知恵が問われている。 大阪大は1年生を含めた全学年で、1科目15回を…

高級食パン店、コロナ下で地方出店 贈答用減に危機感

1本(2斤)1000円前後の高級食パン専門店をめぐる戦いが過熱している。人気店の「銀座に志かわ」は2021年3月までに愛知、岐阜、三重県で現在の2倍の20店に増やす計画だ。各社は新型コロナウイルス下で「自宅でおいしい食材を」というニーズを狙う一方、贈答向けは伸び悩んでおり市場は転機を迎えている。 「三重県はまだ広げる余地がある。四日市市で出店を検討したい」と話すのは、「晴れパン」を展開するTHS…

JR四国、徳島で10月からトロッコ列車 駅弁も販売

JR四国は徳島線でトロッコ列車の運行を10月10日から始める。阿波藍にちなんだデザインの車両で、11月までの土日祝日に運行する。JR四国によると、徳島県は沖縄県を除くと全国で唯一、駅弁がない地域。列車の魅力を高めるため、車内限定で駅弁を販売する。 列車の名称は「藍よしのがわトロッコ」。運転区間は徳島―阿波池田で、トロッコに乗車できるのは石井―阿波池…

宮城・気仙沼の男山本店、蔵のこだわり この先も

1912年創業の老舗酒蔵、男山本店(宮城県気仙沼市)の店舗は国登録の有形文化財だ。植物を模したレリーフなどが施され、西洋建築の壮観な雰囲気が漂う。東日本大震災で建物の3階部分のみを残して倒壊した街のランドマークは今年7月、9年4カ月の歳月を経て復元し、営業を再開した。 「ここに復元して、新しい街づくりの足かせになってしまわないか」 男山本店の菅原昭彦社長(58)は当初、店舗の再建に慎重だった。酒…

梅園「うその餅」青ジソ風味 小さな博多人形入り

太宰府天満宮(福岡県太宰府市)は野鳥、うそと縁が深い。蜂に襲われた菅原道真をうそが助けたとの伝承があり、今もその名を冠した神事が残る。梅園菓子処(同市)の「うその餅」は上品な甘味と、箱の中に入ったうその博多人形が人気を集め、「梅が枝餅」と並ぶ太宰府の銘菓となっている。 「替えましょ、替えましょ」――。太宰府天満宮では毎年1月7日、「うそ替え」と呼ばれる神事が催される。うそは「嘘」に通じるとされる…

田んぼの生きものリスト 多様な世界支える5668種

「田んぼの生きもの調べ」が始まってから四半世紀がたった。一口に田んぼの生きものといっても、その暮らしぶりや田んぼとの関わりは多様だ。 ドジョウやナマズは産卵のために親魚が田んぼに入り、温かな水の中で稚魚が育つ。 田んぼで幼虫時代を過ごしたトンボの仲間は、羽化してから成熟し卵を産めるようになるまでの一時期、周囲の屋敷林や雑木林で静かに過ごす。 チドリの仲間のケリは、本格的に農作業が始まる直前の畦(…

高齢母殺害容疑で息子逮捕 広島県警

同居する母親(89)を殺害したとして、広島県警は14日、広島市南区翠2の無職、津下英範容疑者(48)を殺人の疑いで逮捕した。「母親を刺し…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり