政府の行動制限緩和実験、飲食店など札幌4施設でも
北海道は札幌市の営業時間の短縮を解除し、新型コロナウイルス対策と経済回復の両立に向けて動き始めた(15日、札幌市の繁華街すすきの)

政府の行動制限緩和実験、飲食店など札幌4施設でも

北海道は18日、政府が新型コロナウイルス対策の行動制限を一定の条件下で緩和する実証実験を札幌市内の飲食店やライブハウス、劇場の4施設で始めると発表した。 飲食店「北の味 大助」と「たち呑み OOSUKE」の2店は定休日などを除き22~30日に実験する。ライブハウス「札幌ペニーレーン24」は11月26日に開くロックのライブコンサート、どさんこサミット(仮称)で、劇場「東1丁目…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
バイオマスが林業再興の芽 山形県、端材を売れる燃料に

バイオマス発電の存在感が地域で増している。国内の設備容量は5年で2.5倍になった。間伐材を主な燃料とするだけに環境負荷を低減させる効果が見込めるほか、従事者減少や産業競争力の低下で山林荒廃が進む林業にとって、再興につながるヒントとなる。 事業所が発電した電力を電力会社が一定の価格で買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」で認定されたバイオマス発電容量は、2020年末時点で全国402万キロワット…

電動アシストだけじゃない パナソニックの自転車の技

電動アシスト自転車で国内トップシェアを誇るパナソニック。実はバッテリーなしの競技車両も、ツール・ド・フランスの区間賞に輝いたことがある名門だ。フレームの長さやペダル…

飲食店の認証取得、98%の山梨県首位 7道県は10%未満

■全国約80万店の4割強が取得 ■取得率の差は開始時期などが左右 ■取得のメリットの大小も要因に…

鳥取・米子市、はしご酒推奨 コロナ後へ宿泊・飲食支援

鳥取県米子市が新型コロナウイルス禍の収束後に向け、中心市街地の宿泊施設や飲食店の活性化策を打ち出す。ビジネス客や観光客などに、夜の飲食で「はしご酒」を推奨する企画を11月上旬から始める。また学会などコンベンションの参加者向けには、地域の特徴ある飲食店を紹介し、人数を分散して利用してもらう「ニュースタイル懇親会」も提案する。 11月9日から始める「475 BAR HOPPING(米子はしご酒)」と…

歩行解析し転倒予防 エクサホームケア、AIアプリ活用

新型コロナウイルス禍の外出自粛によって高齢者の身体機能の低下(フレイル)が懸念される。予防に一役買うのがエクサホームケア(東京・港)が普及を進めるアプリ「ケアコチ」だ。歩行の動画から衰えた部位を解析し転倒などを防ぐ。 同社は人工知能(AI)開発のエクサウィザーズ(同)と、福祉用具販売のヤマシタ(静岡県島田市)が2021年5月に共同で設立した。 エクサウィザーズが20年春に製品化したケアコチの特徴…

飲食店の制限緩和、3道府県で開始へ 京都府は21日から

政府は18日、新型コロナウイルス対策の行動制限を一定の条件下で緩和する「ワクチン・検査パッケージ」を巡り、飲食店での実証実験を3道府県で開始すると発表した。京都府で21日、北海道で22日、福岡県で25日からそれぞれ始める。 京都府は21日から11月3日まで日本料理店など23店舗で制限を緩める。北海道は10月22日から30日まで居酒屋2店舗、福岡県は25日から29日までホテル内のレストラン1店舗で…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル