クラスター続発の旭川、医療都市が恐れる医療崩壊
クラスター発生で外来診療を休止している旭川厚生病院(旭川市)

クラスター続発の旭川、医療都市が恐れる医療崩壊

北海道屈指の医療都市、旭川市が新型コロナウイルスの度重なるクラスター(集団感染)にさらされている。慶友会吉田病院のクラスターは155人と道内最大に達し、基幹病院の旭川厚生病院が外来診療の休止に追い込まれる非常事態だ。 旭川にある5大病院のコロナ専門病床の使用率は、70%程度に達している。旭川赤十字病院の牧野憲一院長は「患者が急激に増加し、様々な面で手間がかかるコロナ患者に、医療スタッフはかなりオ…

さらば大企業、「安定」捨てる才能たち 自分流で起業

トヨタ自動車をはじめグローバル製造業が集積する愛知は、長らく「スタートアップ不毛の地」とされてきた。だが、あえて大企業の安定志向に別れを告げ、社内外で起業を志す者たちがいる。決断の背景に迫った。 「清水の舞台から飛び降りるって、こういうことかと初めて気付いた」。ロボット開発会社のGROOVE X(東京・中央)の林要社長(47)はこう振り返る。2012年に14年間勤めたトヨタ自動車を辞め、ソフトバ…

札幌の飲食店休業・時短営業、北海道が6億円補正案

北海道は30日、新型コロナウイルス対策で札幌市内の飲食店などを対象にした休業や時短営業、夜間の酒類提供自粛の協力金を出すため、2020年度補正予算案を定例道議会に追加提出すると発表した。一般会計で総額6億2440万円。全額を札幌市が支給する協力金の補助に充てる。 …

「冬越せるか」 愛知で3度目の時短、繁華街悲痛

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う愛知県の要請を受け、名古屋市の一部エリアで午後9時までの時短営業が始まった。「この冬を越せるだろうか」。8月に続く3度目の時短要請で、繁華街の「錦3」などの飲食店主は客の少ない店内で悲痛な声を上げる。 錦3にある小料理店「ひだ」の女将、田口めぐみさん(59)は要請に応じ、午後10時だった閉店時間を1時間早めた。例年なら会社員らで席が埋まる時期だが、11月下旬に…

新幹線駅と観光施設つなぐ交通網 福井・越前市が実験

福井県越前市は北陸新幹線南越駅(仮称)の開業を見据え、市内にある南越駅と観光施設などを結ぶ2次交通の実証実験を始めた。南越駅の建設現場に近い商業施設とJR武生駅を往復する無料シャトルバスを運行。両地点からは、決められた観光・宿泊施設まで1区間300円の定額タクシーを利用できる。観光客や市民に使ってもらい、利便性を確認する。 ソフトバンクやトヨタ自動車などが出資している次世代移動サービス開発のモネ…

自治体、「Go To トラベル」上乗せ割引を中断

各地の自治体で、政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」に上乗せできる割引サービスを中断する動きが広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大が急速に進むなか、感染抑制を重視し、外出を後押しする事業を一時的にストップする。 東京都は28日から、都民割の事業「もっと楽しもう! TokyoTokyo」を適用する旅行・宿泊商品の新規販売を一時停止した。飲食店への営業時間の短縮を要請した期間と同様に、…

東京都で新たに311人感染確認 重症は70人に

東京都は30日、新型コロナウイルスの感染者が新たに311人確認されたと発表した。都内の感染者は累計4万939人、重症者は3人増の70人で、緊急事態宣言の解除後で最多となった。 年代別にみると、40代の69人が最も多く、20代の68人、30代の51人が続いた。重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は57人だった。死者は1人増えて累計…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり