多摩モノレール町田延伸、ルート選定で駅前など整備へ
多摩都市モノレールの町田駅までの延伸ルートが選定された

多摩モノレール町田延伸、ルート選定で駅前など整備へ

東京都西部を南北に結ぶ多摩都市モノレール。南端の多摩センター駅(多摩市)から町田駅(町田市)までの延伸ルートが選定され、町田市や地元経済界が早期開通への機運を高めようと働きかけを本格化させている。市は町田駅周辺の基盤整備などの検討に着手。用地取得などハードルは高いが、延伸を地域活性化につなげたい考えだ。 「モノレールの早期開通に向け、署名にご協力お願いします」。晴天に恵まれた8日、町田商工会議所…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
ねぶた、県GDP1%稼ぐ 全国の祭りの経済効果5300億円

福岡市の博多どんたく港まつりが3年ぶりにパレードを実施するなど、祭りの「灯」が再びともされ始めた。祭りは文化伝承の側面だけでなく、宿泊や周辺観光など経済面でも大きな効果をもたらす。青森ねぶた祭は6日間の期間中、県GDPの1%弱を稼ぐ。日本経済新聞社と50の信用金庫が調べたところ、経済効果は全国で少なくとも年5300億円を超えることが分かった。各地は「今年こそ開催」と意気込む。 調査は地域活性化を…

中部の公務員試験、民間流広がる 歴史・数学よりSPI

中部の自治体で2023年4月入庁の職員採用に民間流の試験を取り入れる動きが広まっている。名古屋市は事務職の1割にあたる30人の採用で、社会科学などの知識を問う試験をやめ、これまでの経験やスキルを発表する面接と時事問題などの教養試験だけにする。岐阜県高山市はすべての職種で小論文を廃止した。民間企業と併願しやすい試験にして幅広い人材の採用につなげる。 名古屋市の新しい事務職採用枠「行政A(自己PR)…

「ワクワク」通じ地域の課題解決 ヤマガタデザイン

少子高齢化や人口流出、それによる経済の縮小。そんな地域の課題を「ワクワクできる事業をデザインする」(山中大介社長)ことで解決しようとするのが、山形県鶴岡市の街づくり会社、ヤマガタデザインだ。傘下のグループ企業と、観光や農業、人材など様々な分野に挑戦している。 柱となるホテル事業の「スイデンテラス」(鶴岡市)はゴールデンウイーク中、全119室がほぼ満室だった。田んぼの中に浮かぶように建つホテルに、…

キャッシュレス決済、導入加速 市区85%「22年度までに」

行政の電子化に伴い、全国の自治体で手数料支払いや納税、施設使用料などにキャッシュレス決済を導入する動きが加速している。「キャッシュレス決済の取り組み状況(電子地域通貨も含む)」について全国の792市と東京23区の計815市区に尋ねたところ(単一回答)、2022年度までに84.7%に当たる690市区が「既に導入」または「22年度内に導入」を決めていることが明らかになった。(日経グローカル436号に…

札幌に「やさいバス」 北海道コカ・コーラ、販路も活用

北海道コカ・コーラボトリングは青果物の集荷配送サービス「やさいバス」の運行を札幌市などでスタートした。隣接する石狩市や恵庭市、江別市、千歳市などでとれた新鮮な野菜を専用バスで届けるサービスだ。同社は飲料品の配送で培ったノウハウの活用に加え、取引先である飲食店や小売店を通じた販路拡大につなげる。 20日午後、大丸札幌店の地下1階「大丸食品フロアほっぺタウン」の特設コーナーに江別産の辛子菜や水菜、千…

金沢工業大学、SDGs教育で教員向け教材 産学連携で

金沢工業大学が教育にデジタル技術を取り入れる「エドテック企業」と共同で、小中高校の教員向けのSDGs(持続可能な開発目標)教材の開発を始めた。大学が開発したカードゲームを使った授業を支援するなど、ゲームの要素を取り入れた「ゲーミフィケーション」が特徴で、2022年中に提供を始める。SDGs教育の関心の高まりに対応した取り組みだ。 企業や教育機関のデジタル化支援を手がけるストリートスマート(大阪市…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル