限られた病床を重症者に 国や都、医療崩壊回避へ全力
新型コロナ対策でオンライン診療のニーズは高まっている(埼玉県内のクリニック)

限られた病床を重症者に国や都、医療崩壊回避へ全力

緊急事態宣言を目前に、国や自治体は改めて医療体制の再構築を急いでいる。東京都内の感染者は1100人を超え、現実味を帯び始めた医療崩壊への危機感が政府に決断を迫った。救える命を確実につなぐためには、軽症や無症状の人をホテルや自宅に移し、重症者に病床を重点的に振り向ける「トリアージ」の徹底や、オンライン診療の拡充が重要になる。 都は7日から、軽症者らのホテルなどへの移送を始める。まずホテル「東横イン…

小池都知事、緊急事態宣言「様々な準備に入っている」

東京都の小池百合子知事は6日、緊急事態宣言について「都が指定されることを想定して様々な準備に入っている」と話した。小池氏はこれまで緊急事態宣言が出された場合、都が実施する要請などの内容を事前に公…

試練続き神奈川・箱根 新型コロナで強いられる持久戦

首都圏最大の温泉地、神奈川・箱根の観光客が激減している。火山活動の活発化や大型台風の被害で5年前から客足が減ったところに新型コロナウイルスが直撃。旅館などは持久戦を強いられ、事業継続を危ぶむ声もあがる。度重なる逆風に耐えるには、資金繰り支援など地域ぐるみのサポートが欠かせない。 「赤字が続いて資金繰りが苦しい。限界に近づいている」。箱根にある小さな旅館の支配人は悲痛な胸の内を明かす。2019年の…

軽症者、7日からホテルへ 小池都知事「1000床確保」

東京都で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、小池百合子知事は5日、都の動画配信で「7日から軽症者らはホテルなどの宿泊施設などに移動してもらう」と発表した。感染者向けの病床については「本日(5日)時点で約1千床が確保できている」と話した。 感染者の増加によって都内の医療機関の病床は逼迫してきている。小池氏は5日のNHK番組で、軽症・無症状の感染者の一時滞在施設について「今週早々にホテルを1棟借…

宮城知事「外出自粛要請、人出減った」

宮城県の村井嘉浩知事は6日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出の自粛要請について「休業した店舗もあり、多くの人が自粛をしてくれた」と週末を振り返った。商業施設などの補償については「国と力を合わせ、事業が継続できるようにする」と訴え、具体策を今後詰める。 村井知事は3日、仙台市の郡和子市長とともに県民に対して今後1~2週間の不要不急な外出の自…

「赤い三角屋根」再び 中央線・旧国立駅舎が復元開業

東京都国立市は6日、「赤い三角屋根」で知られたJR中央線の旧国立駅舎を復元して開業した。1926年(大正15年)の開設当時の改札口や手荷物の取扱所などを再現したのが特徴だ。市は観光やイベント拠点としても活用する。 建物は延べ床面積約200平方メートルで、旧駅舎の部材を木材の本数ベースで約7割使っている。総事業費は約10億5千万円で、このうち約1億9千万円を市民などからの寄付金で賄った。市内に約5…

ヴィノスやまざき、新型コロナ影響受けワイン配達開始

新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、ワイン輸入販売大手のヴィノスやまざき(静岡市)は個人客が同社の店舗へ注文した場合にワインや食材を配達するサービスを始めた。23日までは代金引換手数料などを無料にして対応する。 新サービスの名称は「GOYOKIKI(御用聞き)」。ヴィノスやまざきの各店が電話かメールで注文を受け付け、希望…

PR