北海道の洋上風力プロジェクト、背景に漁業不振
地域に洋上風力を導入することで関連産業が盛り上がる期待もある

北海道の洋上風力プロジェクト、背景に漁業不振

北海道で洋上風力発電プロジェクトが相次いで立ち上がっている。潜在容量は大きいとされる一方、長崎や秋田、千葉に比べて事業化に向けた動きは遅れていた。前向きに検討する地域が現れてきた背景には、北海道の主力産業である漁業の深刻な不振がある。 「このままでは本当に厳しい。漁場の有効利用を考えなければ」 函館市から車で約1時間半の日本海側に位置する乙部町。ひやま漁協(同町)の飯田豊専務理事は表情を曇らせる…

協力金「焼け石に水」 名古屋の錦・栄に再び時短要請

名古屋市中区錦3丁目や栄の一部地域に限った営業時間短縮や休業の要請が5日から始まる。協力すれば1日1万円が支給されるが、飲食店主は「協力金が少ない」とこぼす。名古屋駅周辺や金山地区など要請対象から外れた繁華街では「足並みをそろえてほしい」と戸惑いが漏れた。 「お客さんが入らない。協力金は焼け石に水だが、時短要請に応じる」。錦3にある居酒屋の男性店主(37)は協力金を受けるため、県の「安全・安心宣…

デンソーは面会自粛、壱番屋は時短 企業が活動再規制

中部企業で新型コロナウイルスの感染が再拡大している。トヨタ自動車は高岡工場(愛知県豊田市)で新たに3人の感染を確認し3日、消毒作業のため4時間、2製造ライン稼働を一時休止した。製造業などで広がる一方で、外食では愛知県などの営業時間短縮・休業要請に応じる動きもある。「第2波」との指摘も出ており、企業は事業への影響を最小限に抑えるため対策を急ぐ。 トヨタは3日、高岡工場での感染確認を受け、従業員にあ…

津軽鉄道社長「もう一歩踏み込んだ支援 切実に望む」

津軽平野を南北に走る私鉄の津軽鉄道(青森県五所川原市)も新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の減少が経営を直撃した。沢田長二郎社長は「手元資金が薄いので運転資金が払底する懸念がある」と話す。 ――利用客の状況は。 「旅客運輸収入で見ると2月は前年同月に比べ微減だったが、3月に52%減、4月に74%減、5月は66%減。6月は43%減だった。当社は観光利用と通学利用が2本柱で、4月の一斉休校措置…

ワイン用ブドウをAI栽培、調和技研が北海道で実証

人工知能(AI)スタートアップの調和技研(札幌市)は北海道余市町で醸造ブドウの栽培を始めた。ドローンの空撮画像からブドウの育成度合いを遠隔管理し、ベテラン農家の知見を学習させたAIが収穫時期や手入れ法を決める。経験が物を言う栽培ノウハウをAIで伝承する試みだ。 6月に余市町で3ヘクタールの土地を確保し、ブドウを植樹した。衛星画像やドローンの空撮を使い、ブドウの葉の色づきや花の開花、果実が育つまで…

漫画の「聖地巡礼」で街おこし 石川・七尾の三セク

石川県七尾市の第三セクター、七尾街づくりセンターが同市を舞台とする漫画と連携した街おこしに取り組んでいる。複製原画の展示会を開いたほか、作品に登場する風景や建物などを紹介する動画を作成した。8月には各所を巡るスタンプラリーを始める。漫画のファンがゆかりの地を訪れる「聖地巡礼」を地域活性化に生かす。 七尾市を舞台とする漫画は、小学館が発行する週刊ビッグコミックスピリッツに2019年から連載している…

ブラニュー、建設業のIT化支援 受発注仲介サイト運営

BRANU(ブラニュー、東京・港)は建設業のIT(情報技術)化を支援する。工事の受発注を無料で仲介するサイトを運営しながら、クラウドコンピューティングによる施工管理やホームページ制作など様々な有料サービスを提供する。IT化が遅れ気味の同業界の業務効率化を促す。 工事受発注仲介サイトは、受発注合わせて2000社以上の業者が登録、常時200件前後の全国の民間工事案件を掲載している。まず発注側は工事の…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり