札幌に2年ぶり特需 クリスマスディナー「もう満席」
センチュリーロイヤルホテルではクリスマスディナーの予約が前年比で10%増えている

札幌に2年ぶり特需クリスマスディナー「もう満席」

札幌のホテルでクリスマスディナーに予約が殺到している。週末にかかる日並びの良さも手伝い、イブの24日と25日の高額ディナープランが満席のホテルが続出。2年ぶりのクリスマス特需に向け、各ホテルはバイキングや宿泊プランも組み合わせるアピール合戦を続けている。 札幌駅直結の「JRタワーホテル日航札幌」は館内3つのレストランでコースを用意している。地上150メートルの展望レストラン「SKY J」では1人…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
若者就労、沖縄・群馬3倍 県民所得も増加傾向

地域から都市部への人口流出が続く中、UターンやIターンなどといった積極的な就労支援で地域内の若年層を増やそうとする動きが活発になっている。沖縄県や群馬県では29歳以下の新規就労者がこの5年でおよそ3倍になった。取り組みを探ると、地域の未来が見えてくる。 厚生労働省の「雇用動向調査」を基に、29歳以下の新規就労者(入職者)数を集計した。2020年の新規就労者数を15年と比べたところ、最も増加率が高…

新規就農東北トップの山形、離農への対策が急務に

山形県で新規就農者が増えている。2021年は前年比4人多い357人となり、6年連続で東北トップだった。「市町村やJAなど関係機関と連携し、きめ細かな支援が実を結んだ」(県農林水産部)形だ。だが、農業現場では新規参入をはるかに上回る勢いで離農が進む。よりきめ細かい支援・対策が急務だ。 「草刈り機の使い方などを丁寧に教えてもらえてありがたい。夫の実家が元農家で、広い農地がある。野菜などを育ててみたい…

東芝の深谷事業所跡、大和ハウスに半分売却へ

東芝が深谷事業所(埼玉県深谷市)跡地の約半分を大和ハウス工業に売却することが7日、分かった。大和ハウスは購入した跡地に物流倉庫や工場を建設し、他社に賃貸・売却する案を検討しているもようだ。東芝は2023年度にグループ全体を3つの会社に分割する改革を前に、不要資産を圧縮する。 21年9月末閉鎖の深谷事業所は敷地面積が約29万平方メートルで、23年3月をめどに既存建屋の解体を完了する予定。大和ハウス…

徳島県、スダチ新品種を開発 濃い緑色が長持ち

徳島県立農林水産総合技術支援センター(徳島県石井町)は果皮の緑色が長持ちする新品種のスダチ「勝浦1号」を開発した。農林水産省に品種登録を出願中で、2023年の登録、27年からの出荷を目指す。従来より長期間の貯蔵が可能なため、スダチの出荷が減る2~3月上旬の端境期を埋めることができ、農家の所得向上にもつながるとみている。 スダチは8~9月が露地物の収穫期。農家は貯蔵したスダチを翌年1月ごろまで出荷…

豚まんの551がアイス? 窮余の夏対策、今や隠れ名物

「豚まん」が看板商品の中華料理店「551HORAI(ほうらい)」。店舗前の行列も関西名物だが、九州出身の記者が最近気づいたことがある。豚まんには目もくれず、アイスキャンデーを地元の人らしき客がやたらと大量に買っていくのだ。しかもこの商品、思わぬ縁を取り持った。 同店を展開する蓬莱(大阪市)は1945年に創業した。台湾出身の創業者が神戸の「豚饅頭(まんじゅう)」をヒントに開発した豚まんが大ヒットし…

スズキの大型二輪「KATANA」、天浜線の副駅名に

第三セクター鉄道の天竜浜名湖鉄道(天浜線、浜松市)は、フルーツパーク駅(同)の副駅名(愛称)にスズキの大型二輪車「KATANA(カタナ)」を採用した。天浜線による副駅名の命名権販売に応じてスズキ側が申し込んだ。スズキはカタナのブランドを幅広くアピールし、新たなファンを獲得する。 スズキはフルーツパーク駅に近い農業公園「はままつフルーツパーク時之栖」でカタナの愛好家イベントを開いており、フルーツパ…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル