早まる首都圏の終電 八王子30分・千葉23分・川越13分

早まる首都圏の終電八王子30分・千葉23分・川越13分

JR東日本が21日発表した2021年春の新ダイヤ案では、首都圏の多くの路線で終電が繰り上がる。中央線と京葉線は最大30分程度、総武線で千葉駅まで行く場合は23分程度早まる。東海道線は平塚駅までならほぼ現行どおりの予定。午前1時以降に運行中の電車がほぼなくなる見通しだ。 中央線で八王子に停車する最終電車は30分程度繰り上がり、東京発が午後11時45分ごろ、新宿発が午前0時ごろ、八王子到着が同0時4…

トヨタの生産回復、中小に波及 機械・航空は停滞続く

金融市場で2つの「ノベンバー・サプライズ(11月の波乱)」が話題になっている。ひとつは11月3日の米大統領選で野党・民主党のバイデン候補が勝利し、経済・外交を中心に国際協調が進むシナリオ。2つ目はグローバル企業の代表格、トヨタ自動車の収益上振れ期待だ。生産の回復が想定以上で、中部の製造業もトヨタへの依存度で優勝劣敗がわかれている。 ■通期営業益1.2兆円、計画比倍増の見方 トヨタは11月6日、20…

東京都で新たに150人感染確認 新型コロナ

東京都は21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに150人確認されたと発表した。都内の感染者数は累計2万9335人となった。 年…

オンライン営業、地銀や不動産で手応え 非対面にニーズ

「この種は気性が荒いと聞きましたが、そうでもないですね」。法人ソリューション部の河野芳郎さんはタブレット画面に映し出された牛を興味深そうに見つめた。 10月上旬、福岡市の西日本シティ銀行本店。インターネット中継している画面の先は宮崎県内の畜産農家だ。農家から届く声も鮮明に聞こえる。 河野さんは取引先企業の経営コンサルティングを担当する。宮崎の支店から農家が事業拡大を考えているという報告を受け、具…

四国発ベンチャー、コロナ下で事業拡大

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、四国発のベンチャーが逆境を逆手に事業を拡大している。妊婦の遠隔健診を手がけるメロディ・インターナショナル(高松市)は国内外で需要が拡大、移動スーパーのとくし丸(徳島市)は稼働台数を伸ばした。ニッチ市場では、高いシェアを誇る地場企業が存在感を示している。 メロディの機器は「分娩監視装置」と呼ばれ、胎児の心拍などを計測して異変の予兆を把握する。重さが数百グラム程…

名古屋の高級ホテル、満室も 低価格帯はGoTo届かず

中部地方の旅行・ホテル業界に薄日が差し始めた。政府の観光支援策「Go To トラベル」を追い風に、伊勢志摩や高山といった人気スポットでは満室の宿泊施設も目立つ。ただ新型コロナウイルスの感染状況はなお予断を許さない。本来は需要の太いビジネス出張、訪日外国人(インバウンド)、宴会の3本柱はほぼ消失したままだ。 にぎわいは名古屋市内にも戻ってきた。市内中心部・栄(さかえ)地区のランドマーク、名古屋テレ…

首都圏、水道値上げに動く コロナで延期・減免も

首都圏の自治体に水道料金引き上げを検討する動きが広がっている。需要減による料金収入の減少や老朽化設備の更新に伴うコスト増加で、現行の料金体系は限界を迎えつつある。新型コロナウイルス禍のもと、住民生活への影響も懸念され、料金を一時減免する例もあるが、抜本的な見直しは待ったなしの状況だ。 横浜市は2021年7月に平均12%の値上げを検討している。使用量が増えるほど1立方メートル当たりの料金が高くなる…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり