人口減加速、進む女性登用 徳島が育成策で初の2割超

人口減加速、進む女性登用徳島が育成策で初の2割超

■「西高東低」で地域発の改革始まる ■熊本、高知など7府県が東京に先行 ■登用推進は地域の存亡すら左右も…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
青森銀行・みちのく銀行、24年4月めどに合併へ

青森銀行とみちのく銀行は14日、経営統合に向けた協議に入ることで合意したと正式発表した。2022年4月に共同で持ち株会社を設立し、24年4月をめどに両行が合併する方針だ。青森県内の地銀は、貸出金シェアの約7割を持つ両行グループに再編される。人口減少や低金利が続くなか、統合による経営基盤の強化で生き残りを図る。 同一県内の地銀のシェアが高くなっても独占禁止法の適用除外とする特例法の第1号案件となる…

福井銀行、福邦銀行を10月に子会社化 51%超出資

福井銀行は14日、同じ福井県を地盤とする福邦銀行(福井市)を10月1日付で子会社にすると発表した。福邦銀が実施する50億円の第三者割当増資を引き受け、議決権ベースで51.98%にあたる約3300万株を取得する。福井県に本店を置く地方銀行は福井銀・福邦銀グループに集約される。 福井銀の林正博頭取は14日の記者会見で「両行とも地域貢献という目的は同じだが、経営基盤が弱ければそれも難しい。手を握れば強…

広島県、苦難の「大規模PCR」 緊急事態宣言決まる

広島県が14日、新型コロナウイルスの感染再拡大で緊急事態宣言に追い込まれた。大規模PCR検査で感染者を早期に発見して流行を抑える「広島方式」を進めてきたが、大きな感染の波に振り回され、効果を示せていない。 大規模検査は新規感染者を見逃す比率を下げ、大規模な流行を防ぐ取り組み。感染者の増加率が「感染率」「感染に関与する人口」「新規感染者の見逃し率」の3つの変数に比例するという数理モデルに従ったもの…

長野・塩尻市のテレワーク事業、新型コロナ禍で注目

新型コロナウイルス禍が長期化するなか、長野県塩尻市の「KADO(カドウ)」が改めて注目されている。子育てや介護などで制約のある人が好きな時間に働ける仕組みとしてスタートし、丁寧な仕事などが評価され、企業や自治体からの受注を増やしている。時間などの制約が緩やかな働き方はテレワークとの親和性も高く、他自治体からの関心も高まっている。 2020年11月、JR塩尻駅周辺で自動運転バスの実証実験が行われた…

東山魁夷、障壁画の精神 岡本元興唐招提寺長老に聞く

日本画家、東山魁夷(1908~99年)が奈良・唐招提寺に奉納した障壁画を紹介する「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」(日本経済新聞社など主催)が神戸市立博物館で開かれている。奈良時代、仏教の戒律を伝えるため唐から来日し同寺を創建した鑑真への敬慕を込めた大作だ。4月に就任した岡本元興第89世長老・律宗管長に障壁画への思いと法統を継ぐ決意を聞いた。 日本と中国の風景描く 障壁画は「鑑真和上坐像(ざぞ…

山口・下松の笠戸ヒラメ 締まった身にほのかな甘み

山口県下松市が市を挙げてPRする特産品が笠戸ヒラメだ。笠戸島にある市の栽培漁業センターが1983年から養殖し、ほとんどが市内で消費される。30年以上にわたって改良を重ねた餌で育てる自慢の逸品。同センターの久山裕司所長は「新型コロナウイルスが収束したら、下松に来て食べてほしい」と話す。 同センターは笠戸ヒラメの養殖のほか、他の魚種の種苗生産や周辺海域への放流などを手掛け、見学もできる。養殖場では成…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり