リニア工事、「準備」の解釈にずれ JR東海と静岡県
 リニア中央新幹線建設について会談するため静岡県庁に到着し、川勝平太知事(左)と会場に向かうJR東海の金子慎社長(6月26日午後)=共同共同

リニア工事、「準備」の解釈にずれJR東海と静岡県

リニア中央新幹線を巡り、JR東海と静岡県の間で「準備工事」の範囲について認識の隔たりが鮮明になっている。JR東海は3日夜、県に工事の再開条件について質問状を再び送付した。県が協定締結を求める工事の範囲が、従来の説明と食い違っていると主張している。2027年からのリニア開業延期は避けられず、計画を認可した国土交通省と協議も始める。 リニアの静岡工区は作業基地(ヤード)の整備などをする準備工事と、ト…

コロナ対応融資、中部10信金で4000億円 6月末までに

愛知、岐阜、三重の中部3県に本社を置く主要10信用金庫の2020年3月期決算がまとまった。新型コロナウイルの感染拡大で資金繰りが悪化した企業向けの融資の増加などで6信金の貸出金が増えた。6月末までの10信金合計のコロナ対応融資の実行額は4000億円となった。金利低下で利息収入が減り、本業のもうけを示す実質業務純益は半数で減少した。 貸出金の伸びが最も大きかったのは西尾信用金庫だ。3月末時点の残高…

「経済都市」東京の成長 起業支援へスピードがカギ

東京都知事選で小池百合子氏が再選し、2期目の小池都政がスタートする。新型コロナウイルス感染の拡大防止と経済への目配り、逼迫する財政など課題は山積している。逆風のなか、首都・東京をどう守り、成長させるのか。リーダーとしての手腕がいっそう問われる4年間となる。 「受注が大幅に減った。先が見通せず不安だ」「返せるか分からない融資を受けてまで事業を続けるべきか苦慮している」。城南信用金庫(東京・品川)に…

九州南部で再び大雨、1000世帯孤立 死者25人に

梅雨前線の影響で6日、宮崎、鹿児島両県で猛烈な雨が降り、豪雨で被災した熊本県南部も再び大雨に見舞われた。正午現在、鹿児島、熊本両県の計約25万4千人に避難指示が、宮崎県も含めた3県の約56万人に避難勧告が出された。気象庁は地盤が緩んでいる所では土砂災害の危険性が高いとして厳重警戒を求めた。 熊本県などによると、同県南部を襲った豪雨で芦北町と人吉市、八代市、津奈木町、球磨村で計25人の死亡を確認し…

東京都で新たに102人感染 新型コロナ、5日連続3桁

東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに102人確認されたと発表した。新規感染者が100人以上となるのは5日連続。都内の感染者は計6867人になった。 都によると、新規感染者102人のうち、接待を伴う飲食店など「夜の繁華街」関連は35人だった。うち31人は新宿エリアで感染が確…

東京版CDC設立に意欲 再選の小池知事が記者会見

東京都の小池百合子知事は6日、都知事選で再選を受けて記者会見し、新型コロナウイルスへの対策として公約に掲げていた東京版CDC(疾病対策センター)の設立に向け、準備を進めると明らかにした。都の研究センターの機能を集約するなどして「国立感染症研究所や政府、大学とも連携していく」と具体像を説明した。 専門家による院内感染対策チームの創設や感染症患者を受け入れる医療機関への経営支援を進める。「地域の実情…

横浜市の成人式 21年はオンライン開催

横浜市は6日、2021年の成人式をオンラインで実施すると発表した。例年は横浜アリーナ(同市)で成人式を開催しているが、現時点で新型コロナウイルス感染拡大の終息の見通しが立っておらず、式典で感染拡大のリスクがあると判断した。具体的な内容などは今後、検討する。 21年1…

PR