コロナ感染再び増加 愛知県、第6波後 病院・検査所増
手を消毒する高齢者(名古屋市)

コロナ感染再び増加愛知県、第6波後病院・検査所増

中部の新型コロナウイルスの感染者が再び増加に転じている。愛知県では新たな感染者数は4日まで14日連続で前週の同じ曜日を上回った。岐阜県や三重県でも6月下旬から新規感染者数(7日間平均)が増えつつある。愛知県はいったん6月にコロナ専用の病床を減らしたが、患者を受け入れる医療機関は増加。PCRや抗原検査の無料検査所も増やしており警戒を強めている。 最近では20代で流行が際立っている。愛知県の6月27…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
オープンデータ公開、市町村7割に PDF多く活用課題

人口統計や公共施設の場所など自治体が持つ様々なデータを二次利用が可能な形で提供する「オープンデータ」の取り組みが急速に広がっている。公開する市町村は2022年で7割に迫り、5年前に比べ4倍強となった。域内全ての市町村が公開した岐阜県や静岡県では公共交通の利便性向上やビジネス創出につなげた。ただ、依然として自動処理しにくいPDFファイルでの公開が中心で「質の向上」に向けて課題も多い。 オープンデー…

カツオの町でSDGsの動き広がる 高知県中土佐町久礼

カツオの一本釣り漁が400年以上続く高知県中土佐町久礼で、SDGs(持続可能な開発目標)の動きが広がっている。生食に向かないカツオは加工して活用し、刺し身にした後に残る骨や内臓は野菜を育てる堆肥に変える。鮮魚店を中心にした無駄にしない取り組みは将来を担う子どもたちにも伝えられている。 沿岸での「日戻り漁」が盛んな久礼漁港に隣接する久礼大正町市場は「新鮮な生ガツオが刺し身やタタキで食べられる」とし…

スノーピーク、福島や宮崎に直営キャンプ場新設

アウトドア大手のスノーピークは直営のキャンプ場を増やす。2023年春に福島県天栄村で開くほか、24年度には宮崎県都城市でも開業する。地域の魅力を生かした施設とすることで、新たなキャンプ愛好者を開拓して誘客につなげる。 福島県の複合型リゾート施設「エンゼルフォレスト那須白河」に直営キャンプ場「スノーピーク那須白河キャンプフィールド」を開く。スノーピークのアウトドア製品やアパレルを販売する直営店も設…

JR福島駅前再開発、7月中に解体着工 旧中合ビルなど

JR福島駅前の再開発を手掛ける地権者らの組合は、既存ビルの解体工事を7月中に始める。2023年秋にかけて、約1.4ヘクタールの敷地で、廃業した百貨店「中合」が入居したビルなどを取り壊す。再開発ビルは同年着工し、26年の開業を見込む。 再開発エリアの一角で4日、解体工事の安全祈願祭があった。福島市の木幡浩市長があいさつし、「再開発は市の命運をかけ…

岡山県奈義町、民間と共同で宅地整備検討

高い出生率で知られる岡山県北東部の奈義町は町への人口流入を促すため民間企業と共同での宅地整備を検討する。町中心部に新たに約4.5ヘクタールの土地を確保、分譲や賃貸住宅などの利用を計画している。資金面に加えて企業のもつ運営ノウハウも導入し魅力ある住環境を創出する。 奥正親町長は「分譲だけにすると年齢層に偏りが出る。各世代をバランスよく増やしたい」として、賃貸住宅も織り…

しなの鉄道、貨客混載であんず輸送 鉄道+バス

しなの鉄道(長野県上田市)とバス会社の東急トランセ(東京・目黒)は4日、乗客が利用する車両を使った貨客混載輸送の実証実験を実施した。特産のあんずを、しなの鉄道線の屋代駅(千曲市)から軽井沢駅(軽井沢町)まで鉄道で運び、軽井沢から東京都内までを高速バスで輸送する。新鮮な状態で首都圏の飲食店に運ぶことで、あんずの付加価値を高める。 …

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル