東京都内の病床、700床超確保 新型コロナ対応で小池都知事
東京都は庁舎への入庁手続きを電子化する(東京都庁)

東京都内の病床、700床超確保新型コロナ対応で小池都知事

東京都の小池百合子知事は2日、新型コロナウイルスに感染した入院患者を受け入れる病床を、同日時点で700床まで確保したと明らかにした。1日時点での入院者は約530人で、うち重症者は17人。現状では病床不足は起きていないが、都は4000床まで増やす目標を掲げている。 小池氏はテレビ朝日番組で「やりくりしながら…

大阪や首都圏へ往来自粛を 京都府民に知事ら要請

京都府の西脇隆俊知事と京都市の門川大作市長は2日、記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、首都圏や大阪府、兵庫県への不要不急の往来を当面避けるよう京都府民に求めた。人混みが予想される場所への不要不急の外出や会合などへの参加自粛も呼び掛けた。 自粛は週末に限定せず当分の間とし、通…

悪化する日銀短観 各地まとめ読み

新型コロナウイルスにより急速に日銀短観が悪化しました。サプライチェーン(供給網)が寸断され部品の供給が滞り始め、製造業…

福島で聖火の一般公開開始 Jヴィレッジ

東京五輪の聖火が2日、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で一般公開された。開催延期に伴う聖火リレー中止を受け、出発地点だったJヴィレッジで30日まで、約1カ月間展示する。毎日午前9時~午後4時まで。 聖火はランタンにともった状態で、宿泊施設なども備える建物のホールに展示。新型コロナウイルス感染防止対策で、来場者にはマスク着用と手指の消毒を求める。 展示が…

すし店は間仕切り 飲食・観光、新型コロナ難局に対策

新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥っている飲食店や観光業が、苦肉の策で難局に立ち向かっている。客足が減ったすし店では、感染防止のためカウンター席に仕切り板を設置。大事な商売道具を売却し、資金繰りを確保する会社もある。景況感を示す指標が大幅に悪化にする中、経営者は「先行きが不透明の中でも雇用を守りたい」と懸命に前を向く。 ■売り上げは半分以下 「元祖ぶっち切り寿司魚心梅田店」は3月中旬から、カウ…

観光客急減の飛騨 老舗がネット活用や地元誘客に活路

新型コロナウイルスの感染拡大で国内外からの観光客が急減した岐阜県の飛騨地方。老舗の菓子店や旅館がネット通販や地元客誘致に活路を見いだしている。各地で催事中止が相次ぐのを受け、クラウドファンディングを活用した物産展の企画もスタート。新型コロナの流行が収束してからも継続できる取り組みとして広がりをみせている。 創業110年を超える飛騨市の菓子店、井之広は3月9日からネット通販で、送料が無料になる購入…

東京都、感染者数を区市町村別に公表 世田谷区が最多

東京都は1日、毎日公表している新型コロナウイルスの感染者数について、区市町村別の公表を始めた。3月31日時点で世田谷区が44人と最多で、次いで港区の39人、杉並区の28人が多かった。都は区市町村別の人数を明らかにすることで、都民に注意喚起を促し、予防を徹底してもらう狙いだ。 都は都内の感染者数の合計に加えて、10歳ご…

PR