別荘地に「コロナ疎開」? 栃木・那須、長野・軽井沢で滞在者が増加
首都圏を離れて那須の別荘地に滞在する人が増えている(藤和那須リゾートが管理する栃木県那須町の別荘)

別荘地に「コロナ疎開」?栃木・那須、長野・軽井沢で滞在者が増加

各地の別荘地で滞在者が増える兆しが広がっている。栃木県那須町の施設では利用の問い合わせが前年比で1割以上増え、長野県軽井沢町では冬季に閉めていた水道の開栓工事が早くも伸びている。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言の対象となった首都圏を離れて働く人がいる一方、『疎開』してきた人もいるようだ。 栃木県・那須地域で最多の550棟の別荘を管理する藤和那須リゾート(那須町)では、滞在希望の別荘保有…

「コロナ疎開」全国でけん制 医療現場の崩壊懸念

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象となった7都府県の住民に対して、対象外の多くの地方自治体が自県に流入しないよう呼び掛けを強めている。地方では感染者用の病床が十分でない自治体も多く、高齢化も進んでおり「コロナ疎開」による医療現場の崩壊や感染拡大を防ぐ。来県者には14日間の外出自粛を要請する自治体も相次ぐ。 【関連記事】・別荘地に「コロナ疎開」? 栃木・那須、長野・軽井沢で滞在者が…

愛知、独自の緊急事態宣言へ あす午後に知事表明

愛知県の大村秀章知事は9日に記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、10日午後に県独自の緊急事態宣言を出す考えを明らかにした。「不要不急の外出は自粛をお願いしたい」と述べた。期間は政府が特別措置法に基づき7日に発令した緊急事態宣言と同様に5月6日までとしている。 県内の感染者数が急増し、経路不明者の割合も高まっているためという。併せて、政府の宣言の対象地域に同県を加えるよう国に要…

休業要請めぐり溝、政府と東京都 緊急事態宣言で

■7都府県、住民外出自粛以上の具体的な措置示さず ■幅広い業種の休業望む東京都と効果見極めたい国 ■足並みの乱れ、宣言自体の効力を落としかねず …

JR九州系が賃料減額、福岡の商業施設が一斉休業

政府の緊急事態宣言を受け、福岡県では8日、百貨店や駅ビルなど商業施設が一斉に休業した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためだが、休業が長期化すると施設やテナントへの打撃は大きい。JR九州系の駅ビル会社は同日までに入居テナントの休業中の賃料の一部を減額することを決めた。終息後の回復を見込み、テナントを支援する。 緊急事態宣言が発令された7日夜、大丸福岡天神店(福岡市)の店頭では従業員が当面の間、…

「接触8割減」 迷いながらも出勤・営業

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が発令され、東京や大阪、福岡などの7都府県で「厳戒生活」が始まった。街の人出は減っているものの、前日と同様に働きに出た人、営業を続ける店も少なくない。政府が求める「極力8割の接触減」を実現できるのか。強制力を伴わない外出自粛要請に対し人々の反応は揺れている。 ◇東京 約3500の町工場が集積する東京都大田区の工場団地は8日午後も普段通り、金属のこ…

青森ねぶた祭、戦後初の中止 新型コロナで

青森ねぶた祭実行委員会は8日、青森市内で開いた委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今年の青森ねぶた祭(8月2~7日)の中止を決めた。青森市のねぶた祭は東北を代表する祭りの一つ。第2次世界大戦で中断したが、戦後の1946年に再開されてから中止は初めて。2019年は約285万人を集めた。 実行委員会の奈良秀則委員長は「ねぶた祭は参加者・観客の安心安全を第一に考えて運営してきた。(この状況で…

PR