東京都が無症状者向け療養施設 まん延防止で新対策
多くの人が行き交う東京都渋谷区のスクランブル交差点(19日)

東京都が無症状者向け療養施設まん延防止で新対策

東京都は19日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、21日から適用される「まん延防止等重点措置」の対策を決めた。家庭内感染が増えていることから、無症状でも自宅以外で療養できる施設を整備する。飲食店の営業制限については、感染対策の認証店が酒類提供を含め条件を選択できる仕組みを採用する。 小池百合子知事は会議後の記者会見で「感染は止める、社会は止めない」と訴え、重点措置の適用により再び行動制限を…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
農業新品種、登録2.9倍 栃木「スカイベリー」急成長

農業産出額の減少傾向が続くなか、付加価値の高いブランド作物を生み出そうと、自治体や地域の農協が積極的な品種登録を進めている。有効登録数(2021年9月末時点)は、1994年度の産出額(耕種)ピーク時から2.9倍に拡大した。他産地との明確な差異化は、競争を勝ち抜く武器となる。 78年に始まった品種登録制度では、既存品種と形状や耐病性などが区別できる場合に新品種として登録が認められる。登録者は25~…

岡山・津山の牛肉文化を発信 地域商社が街おこし

岡山県北の街・津山で、津山市と津山信用金庫が出資する地域商社が牛肉文化を発信するためのクラウドファンディング(CF)を始めた。山陰と山陽をつなぐ要所で、古くから牛馬の流通拠点だった津山には「ホルモンうどん」「干し肉」「煮こごり」「そずり鍋」「ヨメナカセ」など多彩な牛肉料理が存在する。地域の食文化の活性化や観光振興を目指す。 「牛肉文化の聖地『津山』で肉にあう日本酒とクラフトビール、スパイスを商品…

嵯峨野のトロッコ列車、運賃上げへ コロナ禍で旅客減る

京都・嵐山周辺の嵯峨駅と亀岡駅を結ぶ観光トロッコ列車を運行する嵯峨野観光鉄道(京都市)は19日、近畿運輸局に運賃改定を申請したと発表した。大人片道の均一運賃を現行の630円から880円にする。引き上げ率は39.6%。認可されれば、4月から実施する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者が大幅に減っているため。 同社はJR西日本の子会社。子供運賃は320円から440円にする。障害者向けや団体料金…

JR東海、バイオ燃料を在来線に利用 ユーグレナと検証

JR東海は19日、在来線の車両に次世代バイオディーゼル燃料を使う試験を1月下旬から始めると発表した。ミドリムシ関連製品を開発するユーグレナと取り組む。JR東海によると、鉄道に次世代バイオディーゼル燃料を使う取り組みは国内で初めて。理論上、軽油をすべて切り替えることも可能だとしている。 19日に記者会見した金子慎社長は「今回の燃料は軽油とほぼ同じ特徴を持つ。供給能力や価格も踏まえ、有効性を確かめた…

札幌新ビルに最高級ホテルブランド JR北海道が正式発表

JR北海道は19日、札幌駅で2029年秋までの開業を目指す複合ビルに入るホテルに、米ホテル大手のマリオット・インターナショナルの最高級ブランドを誘致すると正式発表した。JR北海道ホテルズが札幌駅前で経営するJRタワーホテル日航札幌とすみ分けるため、価格帯は1室1泊4万~5万円以上を想定している。 ホテルは札幌駅前の商業施設「エスタ」跡地などに建設予定のビルの高層部6フロアに入る計画で、客室は約2…

京急、三浦市内で「オンデマンド交通」実験

京浜急行電鉄は19日、神奈川県三浦市でスマートフォンで車両を呼び出して移動できる「オンデマンド交通」の実証実験を始めると発表した。相乗りアプリ運営のニアミー(東京・中央)のサービスを利用し、京急中央交通(横須賀市)が市内を無料で移動できる相乗りサービスとして運行する。観光客などの回遊性を高め、地域での消費拡大を目指す。 20日から「三浦三崎シャトル」として最大6人乗車できる相乗りバンを2台運行す…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル