花開くかアドベンチャーツーリズム 奄美沖縄、世界遺産
カヌチャベイリゾートはアドベンチャーツーリズムの商品化を目指す(13日に開いたセミナー、沖縄県名護市)

花開くかアドベンチャーツーリズム奄美沖縄、世界遺産

鹿児島県と沖縄県にまたがる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産への登録が決まった。足元では新型コロナウイルスの感染拡大が続き、登録直後からの観光誘客はしにくい状況だ。地元は、長期滞在して自然や異文化を体験するアドベンチャーツーリズム(AT)に代表されるような新たな観光様式を根付かせ、コロナ後も見据え息の長い需要喚起を目指す。同時に、環境保…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
都内高齢者8割弱、7月中に接種完了 若者より関心高く

新型コロナウイルスワクチンの住民接種が東京都内で始まってから3カ月余りが経過した。重症化リスクの高い高齢者は政府目標の7月末までに8割弱が2回の接種を終える見通しだ。一方、若年層では副作用を懸念し接種に消極的な声も聞かれる。都内の新規感染者が過去最多を更新するなか、集団免疫の獲得に向けてこれからが正念場となる。 都内の高齢者接種は4月12日に世田谷区と八王子市で始まった。第3波では病院や高齢者施…

小笠原航空路なお遠く 環境と経済の両立模索

世界自然遺産に登録されている小笠原諸島(東京都小笠原村)への航空路開設の検討作業が長引いている。東京都などが飛行場候補地の地盤や生態系などの調査を進めているが、運航機種の選定には時間がかかる見通しだ。貴重な生態系の保全と経済発展を両立させる航空路の実現に向けた道のりは険しい。 国土交通省、東京都、小笠原村が参加する小笠原航空路協議会が13日にオンラインで開かれた。世界自然遺産に登録されている小笠…

京都府 飲食店への時短要請を延長へ

京都府の西脇隆俊知事は27日の定例記者会見で、8月1日に期限を迎える飲食店に対する午後9時までの営業時間短縮要請について「緩められる状況ではない」と述べ、措置を延長する必要があるとの考えを示した。今週後半に新たな期限などの詳細を決定する。 西脇氏は「時短の延長を主軸に考えている」としたうえで、さらに厳しい措置をとれる「まん延防止等重点措置」の要請…

小池都知事、感染急増で「病床確保進めている」

東京都の小池百合子知事は27日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け「病床の確保を進めている」と明らかにした。都内の感染状況について「じわっと重症者が増えているのが気になる」と指摘し、医療提供体制を強化する意向を示した。 都庁内で記者団の取材に応じた。…

「縄文」世界遺産、27日にも 現物なき生活跡の見せ方

「北海道・北東北の縄文遺跡群」は27日にも、世界文化遺産への登録が正式に決まる。決定翌日から北海道函館市が垣ノ島遺跡の公開開始を予定するなど、各地元は観光客呼び込みに動く。一方で現地へのアクセス改善、復元建物がない「地味」な遺跡をどう見せるか、景観保全といった課題にも挑む。 世界遺産の登録を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が開かれ、候補となっている縄文遺跡群の登録が決まる見…

ホタテで住民税収2倍の村、大往生で医療費抑える地域

社会保障費や人口、税収など様々なデータを読み解くと、その地域が抱える課題が浮かび上がります。データの変化と地域の取り組みを追うことで、課題の解決策が見えてきます。数値を分析し、地域の再生につながった事例を紹介する「データで読む地域再生」の連載をまとめました。 北海道のスキーリゾート村、外国人定着で人口減脱却 一人あたりごみの少なさ 長野県、トップを維持 人口減の北海道・猿払村 ホタテ…

PR

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし