都、事業見直しで財源確保 小池知事「カードある」
記者会見する小池都知事(6日、都庁)

都、事業見直しで財源確保小池知事「カードある」

東京都の小池百合子知事は6日、再選後初の記者会見に臨み、新型コロナウイルス対策などの財源確保に向け「財政運営には色々なカードを持っている」と強調した。税収減が予想される中「削れるところは削っていく」と言及、事業見直しにも引き続き注力する。2期目は成長と健全な財政維持を両立させる難しいかじ取りが求められる。 「コロナ対策にしっかりと手を打っていかないと次の展開、経済の発展につながらない」。6日午後…

球磨焼酎や人吉温泉 蔵元・観光に打撃、熊本豪雨

熊本県南部を襲った豪雨で、氾濫が起きた球磨川周辺にある球磨焼酎の産地や、人吉温泉(熊本県人吉市)など観光地も大きな打撃を受けている。新型コロナウイルスの影響が収まりつつあり、これから観光客を呼び戻そうとしていた矢先の被災に、地元事業者からは落胆の声が聞かれた。 人吉市や周辺の自治体は球磨焼酎の製造が盛んな地域だ。球磨焼酎酒造組合には28の蔵元が加盟しているが、今回の河川氾濫で多くの蔵元が被害を受…

「人口減ニッポン」の鉄道の未来、JR北海道が暗示

人口減少と新型コロナウイルスの感染拡大が全国の鉄道会社の収益を圧迫している。なかでもJR北海道は運営する23区間すべてが不採算で、全区間を合計した2019年度の鉄道部門の営業赤字は550億円を超える。鉄道からバスへの転換などで採算改善を急ぐ同社の姿は、各地の鉄道各社が直面する「人口減ニッポン」の近未来の姿を暗示している。 ■東京の鉄道関係者が注目 埼玉県などに乗り入れる大手私鉄の幹部は、こんな本音…

有楽町線の延伸なるか 国との交渉、知事の力欠かせず

小池百合子都知事は2期目に向けた都知事選の公約で、鉄道やモノレールの6つの新線、いわゆる「6路線」を含めた交通ネットワークの強化を掲げた。4年前の知事選で公約とした「満員電車ゼロ」といった威勢の良い掛け声はなくなったが、大型インフラ関係では数少ない公約だ。 「『事業化に向けた協議、調整を加速する』というが、加速するために具体的に何をするのか」。6月22日に開かれた江東区議会の特別委員会。「地下鉄…

資産形成、手数料より信頼 長く寄り添い顧客に提案

「今が踏ん張りどころです」。長野県の八十二銀行で個人向け資産運用を担当する主任調査役の萬場仁のチームは、投資信託を持つ顧客に電話や手紙で必死に訴えた。 同行が毎月定額を買う積み立て型の投資信託を積極的に提案し始めたのは2019年度からだ。それが広がり始めたところで新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な株安が発生し、日経平均株価は1月につけた2万4000円台から3月には1万6000円台まで急落…

「ドラッグとは競えない」スーパー、小規模商圏を開拓

「うちの値段とたいして変わらないと思ったら税込み価格だった」。北陸のあるスーパーの役員は自店近くに開店したコスモス薬品の値札を見て驚いた。食品にかかる消費税8%を含んでも、自社の税別価格とほぼ同じだったからだ。「ドラッグストアと価格で競うのは無理。違う強みをつくらなければと痛感した」と話す。 クスリのアオキホールディングスなどの地元勢に大手企業が加わり、ドラッグストアの競争が激しさを増す北陸。そ…

京都「ミルクコーヒー」始まりは 大正~昭和、議論のお供

京都市の老舗喫茶店で「ミルクコーヒー」というメニューを見かけた。注文すると、金属製の持ち手が付いた細長い透明グラスでカフェオレが運ばれてくる。まろやかな味に優しさを感じつつ、ふと京都ではコーヒーにミルクを入れる飲み方が浸透しているのではと思い、喫茶店に聞いてみた。 5月末、京都・河原町三条にある喫茶店「六曜社珈琲店」を訪れた。ブレンドコーヒーを頼もうとしたが、周りを見渡すと薄茶色のドリンクを飲ん…

PR