初めて増えた日本人の睡眠時間 最長は青森県

初めて増えた日本人の睡眠時間最長は青森県

先進国で最も短い日本人の睡眠時間。睡眠不足が生産性を押し下げているともいわれる。総務省の社会生活基本調査によると、新型コロナウイルス下の2021年に平日の睡眠時間が1976年の調査開始以来初めて増えた。地域差と変化の背景を探った。 2021年の平日の睡眠時間は10歳以上男女の全国平均で1日462分(7時間42分)と前回の16年調査より13分増えた。15歳以上男女の全国平均でみても増加しており、増…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
サウナ熱向上へ官民が汗 山梨、男女共同利用へ条例改正

【この記事のポイント】・山梨県は施設などの購入を助成。商談の場として使う民間企業も・22年のグーグルトレンドで「サウナ」の国内検索頻度は5年前の約5倍に・起業家の間で人気。徳島市はスタートアップを呼び込むため活用策探る 「サウナブーム」を地域活性化に生かそうとする動きが加速してきた。サウナを目的とした旅「サ旅」や前後に楽しむ食事「サ飯」など関連消費も広がり、山梨県や大分県豊後大野市など力を入れる自…

東京都、強靱化・脱炭素に9000億円超 長期事業の財源課題

東京都中野区と練馬区にまたがる環状7号線の地下で直径12.5メートル、長さ5.4キロメートルに及ぶ巨大トンネルの掘削が進んでいる。すでに完工済みの区間と合わせると総延長は13.1キロメートルに達する。2025年からは台風や豪雨で増水した石神井川や神田川などから水を引き込む調節池として稼働する。 東京都は22年末、地震や風水害、噴火を中心とした有事に備える防災・減災対策「TOKYO強靱(きょうじん…

熊本県・熊本大学、次世代半導体技術実現へ国から交付金

熊本県と熊本大学は3日、内閣府から「地方大学・地域産業創生交付金」に採択されたと発表した。半導体関連産業の強化へ5年間にわたり年7億円の交付を求め、次世代技術である「3次元積層実装」の量産化と人材育成に取り組む。2023年度から事業を始める予定だ。 3次元積層実装を熊本で確立することで、設計や製造装置など関連産業の振興を目指す。熊本は前工程分野で一定の強みを持っており、製造工程の強みの幅を広げる…

人と動物の「ワンヘルス」、福岡が先行 コロナで注目

人や動物の健康と環境の健全性を一体で保つ「ワンヘルス」の取り組みが福岡県で広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大などで人と動物双方が感染する「人獣共通感染症」への対策は世界でも重要視され、研究拠点の新設や啓発活動など同県の先進的な取り組みは注目を集める。今後は県民レベルまで浸透させ、行動に結びつけられるかが課題だ。 ワンヘルスの考え方は、1993年に開かれた世界獣医師会世界大会で採択された「…

超減塩味噌やご当地米の酒、千葉の各社が伝統の食に新風

既存の減塩商品よりも塩分を大幅に抑えた味噌、希少なご当地米を原料にした日本酒など、千葉県内の食関連企業が伝統的な食品に新たな価値を加えた新商品を相次ぎ投入している。新型コロナウイルス禍もあって消費市場が激変するなか、独自色をアピールして需要を開拓する。 創業130年を超すヤマニ味噌(佐倉市)は在宅医療・介護を手掛けるメディセプト(東京・台東)と共同で、大幅な減塩を実現した味噌の新商品「はるひ」を…

大阪府、外資金融向け減税の条例案見送りへ 2月議会

大阪府は海外の金融関連企業を対象とした地方税軽減措置の関連条例案について、22日に開会する2月定例府議会への提出を見送る方針を固めた。条例案は「国際金融都市構想」の一環として吉村洋文知事が同議会に提出する考えを表明していたが、慎重な制度設計を求める大阪市や経済界の意向に配慮した。年内の条例案提出をめざす。 府は2025年度までに大阪市内に拠点を新設する海外の金融関連企業に対し、法人事業税や法人府…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル