首都圏の観光名所「ウィズコロナ」模索 密回避へ工夫
長谷寺は予約できなかった人などのために動画も制作した

首都圏の観光名所「ウィズコロナ」模索密回避へ工夫

新型コロナウイルスの感染拡大が再び懸念されるなか、首都圏の観光名所が感染防止と集客の両立に知恵を絞っている。多くの観光客を受け入れていた施設は事前申込制やネット予約を導入し、入場者数を制限。ドライブスルー方式で「密」を避ける動きもある。夏季の観光シーズンを目前に「ウィズコロナ」の新たな楽しみ方を模索する取り組みが続く。 全国から鉄道ファンが集う鉄道博物館(さいたま市)は6月10日の営業再開に際し…

夏の催し、プライベート花火やオンライン祭で代替

花火や祭りなど夏のイベント中止が相次ぐなか、関係事業者らが代替イベントの開催に知恵を絞っている。オンラインの活用や日時を分散するなど、「密」を避けた新しい形の開催を検討する。代替策を設けることで、中止により影響を受けた従事者の支援につなげる。新型コロナウイルスのため、今年は夏の風物詩の楽しみ方も変わりそうだ。 世界最大級の四尺玉花火で有名な新潟県小千谷市の「片貝まつり」。例年は浅原神社への奉納花…

有楽町線の延伸なるか 国との交渉、知事の力欠かせず

東京都の小池百合子都知事は2期目に向けた知事選の公約で、鉄道やモノレールの6つの新線、いわゆる「6路線」を含めた交通ネットワークの強化を掲げた。4年前の知事選で公約とした「満員電車ゼロ」といった威勢の良い掛け声はなくなったが、大型インフラ関係では数少ない公約だ。 「『事業化に向けた協議、調整を加速する』というが、加速するために具体的に何をするのか」。6月22日に開かれた江東区議会の特別委員会。「…

ホストクラブなどの休業支援へ 東京都と豊島区

東京都豊島区はホストクラブなど接待を伴う飲食店で新型コロナウイルス感染者が集団発生した場合は休業を要請し、応じた店舗には協力金を支給する方針を固めた。東京都は休業協力金を支給する市区町村に対し、財政面で支援する。小池百合子都知事と高野之夫豊島区長が7日の会談で明らかにした。 豊島区は区内すべてのホストク…

東京都内で新たに106人感染 新型コロナ

東京都は7日、新型コロナウイルスの感染者が新たに106人確認されたと発表した。新規感染者が100人以上になるのは6日連続。都内の感染者の累計は6973人となった。 都によると、新規感染者106人のうち、20~30代は70人に上り、全体の6割超を占めた。ホストクラブやキャバクラなど「夜の繁華街」での感染は23人とみられ、新…

地方鉄道の未来 JR北海道に注目 人口減いち早く直面

人口減少と新型コロナウイルスの感染拡大が全国の鉄道会社の収益を圧迫している。なかでもJR北海道は運営する23区間すべてが不採算で、全区間を合計した2019年度の鉄道部門の営業赤字は550億円を超える。鉄道からバスへの転換などで採算改善を急ぐ同社の姿は、各地の鉄道各社が直面する「人口減ニッポン」の近未来の姿を暗示している。 ■東京の鉄道関係者が注目 埼玉県などに乗り入れる大手私鉄の幹部は、こんな本音…

東京都、事業見直しで財源確保 小池氏「カードある」

東京都の小池百合子知事は6日、再選後初の記者会見に臨み、新型コロナウイルス対策などの財源確保に向け「財政運営には色々なカードを持っている」と強調した。税収減が予想される中「削れるところは削っていく」と言及、事業見直しにも引き続き注力する。2期目は成長と健全な財政維持を両立させる難しいかじ取りが求められる。 「コロナ対策にしっかりと手を打っていかないと次の展開、経済の発展につながらない」。6日午後…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり