大津市、マンション事前届け出制 児童急増の影響軽減へ
旧西武大津店の跡地では建物の撤去がほぼ終了した(26日、大津市)

大津市、マンション事前届け出制児童急増の影響軽減へ

大津市は11月から新たなマンション建設計画に事前届け出制を導入する。京都や大阪への通勤のしやすさから建設が相次ぎ、児童数の急増が小学校の教室不足や保育の受け入れ難などに直結するからだ。教育環境とのバランスに課題を抱える自治体にとって届け出制が有効な対策になる可能性がある。 100戸以上(単身者向け住戸を除く)の計画に対し、開発事業者に用地取得前の届け出を求める。11月1日に導入する。要綱によるも…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
コロナ対応、優等生に学べ 和歌山は感染者「全員入院」

新型コロナウイルスに対する都道府県の取り組みに大きな差が生じている。「医療」「ワクチン」「検査」の3つの視点から9指標でランキングしたところ、国が動くのを待たず先手を打って対策に乗り出した自治体が上位を占めた。懸念される「第6波」を含め、感染症の脅威に向き合う処方箋がそこにある。 ランキングは9指標それぞれの都道府県順位に1~47点を与えて合算した。「医療」に関する指標は、都道府県ごとの感染ピー…

北海道の新鋭酒蔵、「日本酒版ナパバレー」めざす

2017年に誕生した酒蔵、上川大雪酒造(北海道上川町)が日本酒の勢力図に影響を与え始めた。少量生産で幻の酒と呼ばれる「神川」や日本航空のファーストクラ…

香川の高校生と企業、地域の課題解決プログラム開発

穴吹興産などあなぶきグループと大手前高松高等学校(高松市)、同校生徒らが共同で探求学習用の教育プログラムを開発し、10月に同校の授業の中で利用し始めた。県内5社・団体の若手社員らが登壇し、自社の課題をテーマに生徒と解決策を検討する。若者と地域企業を結び企業の実像の理解につなげる。県外進学の多い香川県でUターン就職などの増大につなげたい考えだ。 今回のプログラム名は「プロジェクトToBe」。民間企…

秋田銀行と岩手銀行が包括提携 将来の統合「否定せず」

秋田銀行と岩手銀行は27日、包括業務提携を締結することで合意したと正式発表した。行員の育成につながる人材交流や顧客企業のコンサルティング業務で連携し、広域で顧客囲い込みを目指す。システムや事務の共同化にも取り組む。両行トップは将来の経営統合についても否定しなかった。 包括提携の名称は「秋田・岩手アライアンス」とする。同日午前に記者会見した秋田銀の新谷明弘頭取は「これまで培ってきた信頼関係をもとに…

核ごみ調査、235票差で「継続」 寿都町長選が映す現実

任期満了に伴う北海道寿都(すっつ)町長選で現職の片岡春雄氏(72)が新人の越前谷由樹氏(70)を破り、6選を果たした。両者の差は235票。高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場誘致につながる文献調査に示された民意は反対派が44%の票を集め、「相当厳しい票差」(片岡氏)の辛勝だった。 当選直後、片岡氏は「核のごみは厳しい案件だと改めて感じさせられた」と率直な思いを漏らした。得票数は片岡氏の11…

仕事後すぐ遊び 「近場ワーケーション」首都圏で広がる

新型コロナウイルスの影響が続く中、首都圏近郊で仕事と娯楽を両立させる「近場ワーケーション」が広がっている。ホテルや電車などをスペースとして活用し、仕事を終えたらすぐ「遊び」に切り替える環境を整える。都心から近い場所で時間や費用も抑えられる近場ワーケーションは、手軽に実践できる働き方として注目されそうだ。 プロ野球埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドーム(埼玉県所沢市)の最寄り駅である西武鉄…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル