ジブリパーク、愛知県外から7割 来園者100人に聞く
 愛・地球博記念公園を歩く人たち。奥はジブリパーク「青春の丘」エリアの「エレベーター塔」(9日、愛知県長久手市=共同)共同

ジブリパーク、愛知県外から7割来園者100人に聞く

スタジオジブリ作品のテーマパーク、ジブリパーク(愛知県長久手市)が開園して12月1日で1カ月。期待された周辺まで足を伸ばす観光客はどれほどいるのか。人気の独自グッズの買い物額はいくらか。日本経済新聞は11月下旬に来園者100人の声を聞き取った。県外からの来園者が70人を占め、うち6割が周辺観光を楽しむと答えた。その8割強の目的地が名古屋市内だった。 11月下旬の金曜日にジブリパークに来園した10…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
「自転車の街」めざし購入補助や誘客 広島で利用加速

通勤・通学の手段として自転車の利用を推進する自治体が増えてきた。環境意識や健康意識の高まりに加え、新型コロナウイルスの感染拡大で「密」回避の動きが強まったことも利用を後押しする。専用道整備やシェアサイクルを街づくりと連携させる取り組みも加速する。 7月に公表された国勢調査の「利用交通手段」を基に、全国1741市区町村の住民が通勤・通学時に利用する交通手段(自転車やバス、鉄道、自家用車など)を分析…

赤字のJR北海道、Kitaca圏拡大にみる「防衛ライン」

営業赤字続きのJR北海道による路線網の防衛ラインが浮かび上がってきた。16億円投じて2024年春に広げる交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」の対象エリアだ。国は23年度までの3年に1302億円を支援している。貴重な財源を投入するため、同社におけるくさびとしての位置づけは大きい。 JR札幌駅(札幌市)から6駅の距離にある手稲駅(同)から徒歩10分の場所に23年2月誕生する同社の賃貸マンション…

「高齢者・障害者に優しい旅」認証 兵庫県が全国初条例

兵庫県は高齢者や障害者が無理なく旅行を楽しめる「ユニバーサルツーリズム」を推進する条例を制定する。備品や点字などの基準を満たした県内宿泊施設に独自の認証を発行、バリアフリー化費用は一部補助する。シニアの旅行市場は拡大が見込まれ、需要の取り込みを後押しする。県によるとユニバーサルツーリズムに特化した条例は全国で初めて。 条例は2022年度中に県議会の議決を経て制定し、23年4月の施行を目指す。車椅…

二地域居住の制度化を 税と選挙権は分割できないか

地方に活力をもたらす二地域居住が広がりつつある。より深く地域に関わってもらうには政策による後押しに加え、制度的な支えも重要になる。住民票を複数持ち、税や選挙権をそれぞれの地域で分割するなど、二地域居住の制度化を考えてよい時期ではないか。 福島県の会津地方で全線再開したJR只見線。紅葉とも重なり、平日にもかかわらず混雑していた。土日は臨時列車が走るほどのにぎわいだ。 東京と会津で二地域居住している…

湯沢リゾマンに新たな付加価値 民泊やコワーキング整備

リゾート運営のエンゼルグループ(新潟県湯沢町)が、リゾートマンションの付加価値向上に取り組んでいる。同町岩原(いわっぱら)地区のマンションでは民泊運用に加え、コワーキングや共用リビングスペースの整備を始めた。湯沢町はリゾートマンションの老朽化や利用者減少といった課題を抱える。付加価値を高めることで、資産価値の向上と町の活性化につなげる。 岩原スキー場まで徒歩5分。バブル期に建設されたリゾートマン…

久原本家、北海道恵庭から新ブランド 食も人も活用

「茅乃舎」ブランドなどの調味料を製造する久原本家グループ(福岡県久山町)は6月、北海道恵庭市で福岡県外初の工場を稼働させた。総工費は約50億円で2023年内にも数億円投じて製造設備を導入し、雇用も稼働時の2倍100人規模に増やす計画だ。道産食材を活用した北海道発のブランド立ち上げの拠点になる。 久原本家食品北海道工場はJR千歳線・サッポロビール庭園駅の目の前。周囲にはサッポロビールや山崎製パンな…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル