ふるさと納税、勝者は 「バブル」後も905自治体が増収

ふるさと納税、勝者は「バブル」後も905自治体が増収

■増加率首位は岐阜・土岐、美濃焼で新ファン層獲得 ■和歌山は自治体協力による「共通返礼品」活用 ■被災自治体も「応援」増やす8…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
沖縄県、大型商業施設への土日の休業要請解除

沖縄県は9月末が期限となっている緊急事態宣言に関し、対策の一部緩和を決めた。大型商業施設に対する土曜日曜の休業要請を解除するほか、県立学校も原則通常登校に戻す。新規感染者数が減少していることなどを踏まえた。 大型商業施設には25、26日の休業要請を取りやめ、午後8時までの営業時間短縮を求める。県立学校に対しては分散登校の実施を求…

山陰合銀、DXの取り組み加速へ推進本部

山陰合同銀行は24日、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを加速させるために新たにDX推進本部を設立すると発表した。サステナビリティ推進室も新設して、国連のSDGs(持続可能な開発目標)への体制も強化する。 ともに10月1日付で発足する。これまで山陰合銀ではIT統括部を中心に顧客向けアプリの開発などを行ってき…

福岡知事、宣言解除後は「県単独の措置実施が適切」

福岡県の服部誠太郎知事は24日、記者団に対し、新型コロナウイルスの緊急事態宣言は期限の30日で解除できるとの見方を示した上で、解除後は県独自の対策を実施する考えを表明した。服部氏は「感染収束期は一歩一歩、足元をみながら慎重に進めていくことが重要」と述べ、段階的に対策を緩和していくとした。具体策については「国の新たな対処方針を踏まえて内容を考えていく必要がある」と語った。 服部氏は解除できる理由と…

LRT南北接続や商業施設、富山駅周辺の基準地価けん引

富山市中心市街地の地価が堅調に推移している。2020年3月に富山駅を挟んで南北に分断されていた次世代型路面電車(LRT)の駅が統合され、利便性が高まり、駅前開発は南口で商業施設の建設が進むなど好材料がそろいつつある。 富山駅の南口、市内を走るLRTの南北接続で新しくできたホームを出ると、白色や灰色の様々なパネルが用いられた建物が見える。JR西日本系の会社が建設する商業施設だ。春ごろには見えなかっ…

宇都宮市がテレワーク体験プラン 東京圏からの移住促す

宇都宮市の佐藤栄一市長は24日の定例記者会見で、テレワークを活用した移住促進プログラムを始めると発表した。東京圏在住者を主な対象とし、市内のコワーキングスペースを活用したテレワークを体験してもらう。東京駅から新幹線で50分程度という利便性を訴え、勤務先を変えずに宇都宮で生活するスタイルを提案する。 「みやテレワーケーション」と名付け、1泊2日と2泊3日のプランを用意。宿泊費や民間運…

2階建て新幹線「E4系」基地公開 定期運行10月1日終了

国内唯一の2階建て新幹線として親しまれた、上越新幹線「E4系 Max」が10月1日に定期運行を終える。JR東日本新潟支社は24日、引退を控えるE4系の整備の様子などを、新潟新幹線車両センター(新潟市)で報道陣に公開した。 E4系は、2階建て新幹線「E1系 Max」の2代目として開発された。1997年12月に東北新幹線で運行を始め、上越新幹線は2001年5月に導入。8両編成の定員は817人、2編成…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル