アクセンチュア「札幌勤務希望」急増 地方注目高まる
北海道センター200人のうち約6割は北海道出身の社員

アクセンチュア「札幌勤務希望」急増地方注目高まる

コンサルティング大手のアクセンチュア(東京・港)では札幌市内の拠点での勤務を希望する社員が増えている。9月末時点の札幌勤務者は約200人と、3年前の2倍の水準。就職説明会で札幌勤務に関心を示す学生も多く、まとまった雇用の期待できる業種の受け皿拡大に期待は大きい。 新型コロナウイルスの感染拡大後、同社は原則在宅勤務に切り替えた。「アクセンチュア・イノベーションセンター北海道」(札幌市白石区)に勤務…

横浜市営バスをEVに改造 営業運行で実証実験

横浜市は28日、熊本大学などと連携し、電気自動車(EV)仕様に改造した市営バスによる営業運行の実証実験を始める。坂道や利用者の多いエリアでの実用性を評価し、将来の本格導入につなげる。実証は2021年2月まで。 同市は燃料電池車(FCV)の導入実績はあるが、EVバスの活用は初めてという。 改造バス…

入学も就職も道外7割、北大の知の流出に終止符?

北海道大学(札幌市)からの知の流出は潮目が変わり始めた。圧倒的な人気で入学者の7割弱を北海道外から集めながら、卒業生も7割が道外に進路を求めて去って行く。積年の宿題解決へ、急速に高まる学生の地元志向を生かさない手はない。 2021年春に北海道電力に就職予定の男子学生(21)は「東京でも積極的に就職活動をしたが、途中から『東京では生活できない』と感じた」と悩みに悩んだ胸の内を明かす。就職先は途中か…

東京都で新たに139人感染確認 新型コロナ

東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに139人確認されたと発表した。都内の感染者数は累計で2万9185人となった。死者は前日から1人増えて累計で437人。重症者は前日と同…

四国の魅力、移住促す 観光地の掘り起こしにも力

新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワークの浸透で、働く場所の制約が少なくなった。温暖な気候で住みやすく自然や食にも恵まれた四国は、移住先としてその潜在力が注目されている。移住者を呼び込もうと、愛媛県など自治体は工夫を重ね、新たな観光資源の掘り起こしにも力を入れる。 ■松山市、空き家の改修費支援 徳島県、キュウリで就農PR 大都市圏などから移住を呼び込む取り組みが、四国各地で活発化している。温暖…

農業も「カイゼン」 少数精鋭の経営者集団

田園風景が広がる宮城県大郷町に突如現れる巨大な栽培ハウス。足を踏み入れると、真っ白な通路をはさんで両側に高さ約2メートルのミニトマトの株が約2万5000本連なる。ハウス内は温度や湿度、日射量、肥料、水やりの量など最適な環境が自動制御され、土にまみれて働く農業のイメージが吹き飛ぶ。 ■社員は20~30歳代の若手 農業法人イグナルファーム(宮城県東松島市)が大郷町で運営する農地は面積約1万平方メートル…

都構想の賛否拮抗 脱二重行政を期待、大阪市廃止に不安

日本経済新聞社とテレビ大阪が16~18日に大阪市内の有権者を対象に行った電話世論調査で「大阪都構想」への賛否は拮抗した。賛成理由では二重行政解消への期待を挙げる人が多く、反対派の4割は大阪市再編・廃止への懸念を挙げた。11月1日の住民投票まで10日余り。各党は有権者への訴えを一段と強化する構えだ。 住民投票が近づくにつれ、有権者の関心は高まっているようだ。関心があると答えたのは全体の8割超。特に…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり