埼玉・小鹿野「バイクのまち」定着、群馬でライダー交流
埼玉県小鹿野町では週末ともなると数百台のバイクが町内に集結する

埼玉・小鹿野「バイクのまち」定着、群馬でライダー交流

関東・山梨の8都県でもバイクツーリズムの人気が高まっている。経路検索大手ナビタイムジャパン(東京・港)のバイク専用経路検索サービス「ツーリングサポーター」のデータでは、2022年1〜10月にライダーが目的地として入力したスポットは群馬県が19年同期比25.5%増、山梨県が25%増などとなった。バイクを軸にした観光誘客や街づくりを進める動きが広がる。 検索数が48%伸びた埼玉県小鹿野町は、07年ご…

データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生データで読む地域再生
バイクツーリングが観光導く 「目的地は石川県」急増

バイクツーリングが新たな観光需要を喚起してきた。石川県はイベントを契機に目的地として選ぶライダーが7割増え、周辺観光にもつなげた。平均年齢の高さから購買力も期待できるライダーは、今や地域活性化に向けたターゲットとなっている。 経路検索大手ナビタイムジャパン(東京・港)が運営するバイク専用経路検索サービス「ツーリングサポーター」から2022年1〜10月の匿名利用データを抽出し、ライダーが目的地とし…

三重・尾鷲、海の恵みライダーに憩い 海岸線や鮮魚人気

愛知、岐阜、三重、静岡の東海4県でも、バイクツーリング目的での検索が増えている自治体や観光スポットがある。2022年1〜10月に4県で検索された自治体のうち、伸び率が1位だったのは三重県尾鷲市。場所の検索の伸びでは伊豆スカイラインや朝霧高原など静岡県のスポットが上位に入った。絶景ポイントが多く、グルメなどを楽しめる場所をあらかじめ調べて、愛車で訪ねるライダーが多いようだ。 三重県の南部、東紀州地…

「聖地」阿蘇にマイガレージ、身軽に遠征バイク旅

バイクを使った観光振興に、九州・沖縄でも注目が集まっている。大量輸送はできないが、機動力があり小回りがきくことから周遊観光しやすいとみられる。訪れるライダーが増えれば経済効果も期待できる。「バイク(ライダー)の聖地」と呼ばれる阿蘇と熊本市の間に位置する熊本県大津町は、さらなるライダー誘致に力を入れている。 「町として『バイクの街づくり』を今後展開していきたい」。大津町の佐方美紀副町長は力を込める…

北海道・中標津でライダーイベント 十勝は周遊割引パス

北海道では豊かな景観や走りがいのある道路がライダーを集めている。北海道東部の中標津町ではライダー向けのイベントを開催する。十勝地方では地域内を周遊してもらうためのクーポン券を発行している。 北海道の2022年1〜10月における検索数の19年同期比増加率は28.8%。全国で8位だった。検索上位の人気スポット2205カ所のうち108カ所が北海道にあり、全体の約5%を占める。 道外からの玄関口になる苫…

ライダーの「聖地」石川県 北信越は高い伸び率

風雪が強く冬のバイクツーリングに不向きな北信越も、春になると美しい自然に引かれて多くのライダーが訪れるツーリングスポットだ。ナビタイムジャパン(東京・港)が運営するバイク専用経路検索サービス「ツーリングサポーター」では、北信越の検索数の伸びが目立った。 全国1位の石川県で、ライダーの聖地と呼ばれているのが、能登半島の宝達志水町と羽咋市にまたがる砂浜の道路「千里浜なぎさドライブウェイ」。晴れた日に…

関西のライダー、奈良市の道の駅「針テラス」に集結

バイクツーリングを観光や地域活性化に生かす動きが関西各地で広がっている。動画をつくってライダーを誘致したり、スタンプラリーで全国から参加者を集めたりするイベントも活況だ。道の駅「針テラス」(奈良市)や「メタセコイア並木」(滋賀県高島市)などがツーリングスポットとして人気が高く、周辺地域にライダーを呼び込んでいる。 「天気のいい週末には50〜100台のバイクが並び、ゴールデンウイークになると300…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル