概要
食の課題に挑むスタートアップに勝算はあるか

気候変動やウクライナ問題で注目されている食の課題解決に、各地のスタートアップ企業が動き出しています。干ばつにより食糧が安定的に供給されない問題をはじめ、深刻な食糧不足問題、慢性的な生産者の人手不足など、食の社会課題(=ハードル)は世界的に顕在化しており、私たちのこれからの生活にも暗い影を落としています。

STARTUP LIVEは世界的な難題に立ち向かう起業家たちの勝算を問うイベントとしてシリーズ展開していきます。今回は、テクノロジーを使って食の課題に果敢に挑んでいる日本のスタートアップ企業を取り上げます。ユニークな解決手法は、社会的にインパクトを与え、ビジネス面でも持続的な成長を遂げるのでしょうか。起業家、ゲストらと議論します。

ゲストには起業家・投資家として活動する元陸上選手の為末大氏、フードテック分野をはじめ、さまざまな分野の新興成長企業を見てきたレオス・キャピタルワークスの藤野英人氏を招き、起業家の加藤史子氏がファシリテーターを務めます。

日本発の技術で新たな産業を創出するスタートアップ企業

■リージョナルフィッシュ
日本の養殖業を高付加価値化するとともに、世界の課題を解決しようとする同社の代表ブランド、「22世紀鯛」の特徴は肉厚なボディ。筋肉が増えたため食感が柔らかで美味しく、一般よりも少ない餌で育つため環境にやさしいマダイを、ゲノム編集技術を利用した品種改良法から生み出しました。

■Oishii Farm
ニューヨークを拠点に、日本の農業・工業技術で世界に挑む企業。 日本のいちごはもともと世界最高の品質ですが、それを独自の栽培方法によって植物工場での安定量産化に成功しました。 アメリカのいちごに比べて圧倒的に甘いいちごは、NY中のミシュラン星付きレストランや五つ星ホテルから問い合わせが殺到、NYのシェフで知らないひとはいない存在になっています。

※日経電子版有料会員の方は無料でご覧いただけます
※一般チケットの方は領収書をご利用いただけます

こんな方に特におすすめ!

  • 社会課題の解決に興味がある人
  • 新しい事業の発想に興味がある人
  • 世界が直面している食の課題に関心がある人

関連記事

出演者

  • 為末 大

    元陸上選手/Deportare Partners代表

    スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダルを獲得。オリンピックに3度出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2022年6月現在)。現在は執筆活動、会社経営を行う。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。Youtube為末大学(Tamesue Academy)を運営。国連ユニタール親善大使

    スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダルを獲得。オリンピックに3度出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2022年6月現在)。現在は執筆活動、会社経営を行う。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。Youtube為末大学(Tamesue Academy)を運営。国連ユニタール親善大使

  • 藤野 英人

    レオス・キャピタルワークス会長兼社長・最高投資責任者

    国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年レオス・キャピタルワークス創業。「ひふみ」シリーズ最高投資責任者(CIO)。投資啓発活動にも注力し、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、叡啓大学客員教授を務める。一般社団法人投資信託協会理事。近著に『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』(マガジンハウス)、『プロ投資家の先の先を読む思考法』(クロスメディア・パブリッシング)

    国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年レオス・キャピタルワークス創業。「ひふみ」シリーズ最高投資責任者(CIO)。投資啓発活動にも注力し、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、叡啓大学客員教授を務める。一般社団法人投資信託協会理事。近著に『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』(マガジンハウス)、『プロ投資家の先の先を読む思考法』(クロスメディア・パブリッシング)

  • 加藤 史子

    WAmazing代表取締役CEO

    慶應SFC卒業後、リクルートで新規事業立ち上げに携わった後、観光産業と地域活性のR&D部門で主席研究員として調査研究・事業開発に携わる。2016年7月、訪日外国人旅行者による消費を地方にもいきわたらせ、地域の活性化に資するプラットフォームを立ち上げるべくWAmazingを創業

    慶應SFC卒業後、リクルートで新規事業立ち上げに携わった後、観光産業と地域活性のR&D部門で主席研究員として調査研究・事業開発に携わる。2016年7月、訪日外国人旅行者による消費を地方にもいきわたらせ、地域の活性化に資するプラットフォームを立ち上げるべくWAmazingを創業

  • 古賀 大貴

    Oishii Farm Co-Founder &CEO

    慶應大学卒業。コンサルティングファームを経て、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを修得。2016年12月、アメリカでOishii Farmを起業。2017年からはニューヨークに隣接するニュージャージーの倉庫街に食物工場を構えて、「Oishii Berry」としてイチゴを販売している

    慶應大学卒業。コンサルティングファームを経て、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを修得。2016年12月、アメリカでOishii Farmを起業。2017年からはニューヨークに隣接するニュージャージーの倉庫街に食物工場を構えて、「Oishii Berry」としてイチゴを販売している

  • 梅川 忠典

    リージョナルフィッシュ 社長

    デロイトトーマツコンサルティングにて電力・ガス業界の大手企業に対して、戦略・業務・システム・M&Aに係る経営コンサルティング業務に従事。産業革新機構に転職し、大手・中堅企業に対するバイアウト投資および投資先の経営に従事。2019年4月、リージョナルフィッシュ株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。京都大学大学院修了

    デロイトトーマツコンサルティングにて電力・ガス業界の大手企業に対して、戦略・業務・システム・M&Aに係る経営コンサルティング業務に従事。産業革新機構に転職し、大手・中堅企業に対するバイアウト投資および投資先の経営に従事。2019年4月、リージョナルフィッシュ株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。京都大学大学院修了

  • 杜師 康佑

    日本経済新聞社DXエディター

    2010年入社、新潟支局を経て自動車や化学、エレクトロニクス分野を取材。2019年から大阪本社でエネルギーや機械、スタートアップなどを担当。日本の組織に合ったデジタルトランスフォーメーションのあり方を模索

    2010年入社、新潟支局を経て自動車や化学、エレクトロニクス分野を取材。2019年から大阪本社でエネルギーや機械、スタートアップなどを担当。日本の組織に合ったデジタルトランスフォーメーションのあり方を模索

イベント概要

開催日時

2022年8月8日(月) 19:30~20:30(日本時間)

会場

オンライン開催(NIKKEI LIVE)

価格

電子版有料会員 無料

一般 2,000円(税込)

主催

日本経済新聞社 デジタル編成ユニット

お問い合わせ

STARTUP LIVE事務局 startuplive@nex.nikkei.co.jp

※参加・視聴用URLはお申し込み完了後にメールでご案内します。
※領収書発行可。限定アーカイブ配信あり。
※本イベントはお申込み完了後のキャンセルはできません。あらかじめご了承ください。
※日経電子版アプリからはお申し込みできません。PC版または電子版モバイルからお手続きください。