概要
月や火星にはいつ行ける?宇宙旅行、新時代へ

民間による宇宙開発が大きく前進し、「宇宙への旅」が身近に感じられるようになってきました。12月には実業家の前沢友作さんらが日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在。7月には米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が自ら開発を率いた宇宙船による飛行に成功しました。2022年には民間人の宇宙旅行者がさらに増えそうです。誰もが月や火星に行ける時代はくるのか。コストはどうなるのか。宇宙を長く取材してきた小玉祥司編集委員が宇宙旅行の未来について専門家と議論します。


出演者

  • 浅田 正一郎

    シンスペクティブ 執行役員ビジネス開発部ジェネラルマネージャー

    三菱重工に入社し2011年より宇宙事業部長および宇宙戦略ビジネスユニット長、執行役員フェローを歴任。その後、日本ロケット協会会長を経て、18年から小型人工衛星を開発するシンスペクティブ執行役員。日本宇宙フォーラムの宇宙政策調査研究センターフェローも兼任

    三菱重工に入社し2011年より宇宙事業部長および宇宙戦略ビジネスユニット長、執行役員フェローを歴任。その後、日本ロケット協会会長を経て、18年から小型人工衛星を開発するシンスペクティブ執行役員。日本宇宙フォーラムの宇宙政策調査研究センターフェローも兼任

  • 鬼塚 慎一郎

    ANAホールディングス グループ経営戦略室宇宙事業チームリーダー

    全日空商事に入社。ANAホールディングスへ出向し、宇宙事業プロジェクトを立ち上げ。2021年4月に宇宙事業チームとして組織化し、リーダーに就任。一般社団法人スペースポートジャパンの設立発起人理事、PDエアロスペース社外取締役、文科省革新的将来宇宙輸送システム実現に向けたロードマップ委員会委員

    全日空商事に入社。ANAホールディングスへ出向し、宇宙事業プロジェクトを立ち上げ。2021年4月に宇宙事業チームとして組織化し、リーダーに就任。一般社団法人スペースポートジャパンの設立発起人理事、PDエアロスペース社外取締役、文科省革新的将来宇宙輸送システム実現に向けたロードマップ委員会委員

  • 小玉 祥司

    編集委員

    京都大理学で宇宙物理学を学ぶ。天文・物理をはじめ最先端の科学やIT・エレクトロニクスなどのハイテク産業を中心に30年以上取材し、つくば支局長などを歴任。趣味はSF、音楽

    京都大理学で宇宙物理学を学ぶ。天文・物理をはじめ最先端の科学やIT・エレクトロニクスなどのハイテク産業を中心に30年以上取材し、つくば支局長などを歴任。趣味はSF、音楽

概要

日時:2021年12月27日(月)17:00~18:00(日本時間)

会場:オンライン開催(NIKKEI LIVE)