概要
最新SNSから読む中国の消費トレンド

中国では二十歳前後の「Z世代」がけん引役となって中国ブランドが台頭する一方で、必要最低限の出費しかしない「寝そべり族」の若者も増えているといわれます。ポストコロナをにらみ、急激に変化する消費の最前線はこれからどこに向かうのでしょうか。中国最大の「独身の日(11月11日)」商戦の結果も踏まえ、SNSデータを分析して消費の最新トレンドを探りながら、日本企業の中国市場攻略についても議論します。

プログラム

14:00~14:05 オープニング

14:05~14:30 講演「現地報告~コロナで変化する中国の消費者の今」

  • 何暁霞氏(クロスボーダーネクストCEO)

14:30~14:55 講演「顧客データ起点の中国マーケティング戦略」

  • 濱野智成氏(トレンドExpress社長)

14:55~15:30 ディスカッション、Q&A

  • 濱野智成氏、何暁霞氏、山田周平(編集ビジネス報道ユニット担当部長) 王瑩影(36Kr Japanパートナー)

出演者

  • 濱野 智成

    トレンドExpress社長

    2007年に大学を卒業後、デロイトグループに入社。その後、株式会社ホットリンクに参画、COOとしてグローバル事業、経営企画等を管掌した。15年11月にホットリンクの新規事業を分社化したトレンドExpressの社長に就任。「日本のブランドを世界へ」をテーマにクロスボーダービジネスを展開している

    2007年に大学を卒業後、デロイトグループに入社。その後、株式会社ホットリンクに参画、COOとしてグローバル事業、経営企画等を管掌した。15年11月にホットリンクの新規事業を分社化したトレンドExpressの社長に就任。「日本のブランドを世界へ」をテーマにクロスボーダービジネスを展開している

  • 何 暁霞(Jessica He)

    クロスボーダーネクストCEO

    日本の大手ECサイトのマーケティング担当、中国のマーケティング会社などを経て、2016年11月に日本でクロスボーダーネクストを創業。中国マーケティング支援事業とメディア事業を展開する一方で、自身もインフルエンサーとして日本の情報を中国に向けて発信している

    日本の大手ECサイトのマーケティング担当、中国のマーケティング会社などを経て、2016年11月に日本でクロスボーダーネクストを創業。中国マーケティング支援事業とメディア事業を展開する一方で、自身もインフルエンサーとして日本の情報を中国に向けて発信している

  • 山田 周平

    編集ビジネス報道ユニット担当部長

    1991年早稲田大学政治経済学部卒、日本経済新聞社入社。台北支局長、産業部キャップ、アジア部デスク、中国総局長などを経て現職。中華圏をめぐる産業・技術動向や地政学を得意分野とする。共著書に「米中分断の虚実 デカップリングとサプライチェーンの政治経済分析」(日本経済新聞出版)などがある

    1991年早稲田大学政治経済学部卒、日本経済新聞社入社。台北支局長、産業部キャップ、アジア部デスク、中国総局長などを経て現職。中華圏をめぐる産業・技術動向や地政学を得意分野とする。共著書に「米中分断の虚実 デカップリングとサプライチェーンの政治経済分析」(日本経済新聞出版)などがある

  • 王 瑩影(ワン・インイン)

    36Kr Japanパートナー

    2010年北京外国語大学日本語学科卒。2015年に来日し、広告会社や不動産投資会社を経て19年に36Kr Japanの創業メンバーとして入社。現在は中国テック企業の最新動向を紹介するメディア業務全般を担当

    2010年北京外国語大学日本語学科卒。15年に来日し、広告会社や不動産投資会社を経て19年に36Kr Japanの創業メンバーとして入社。現在は中国テック企業の最新動向を紹介するメディア業務全般を担当

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。「日経×36Krセミナー」は、日本経済新聞社の中国語ニュースサイト「日経中文網」と36Krの日本法人である36Kr Japanが共同で開催しており、中国テック大手の動きや中国市場の最新動向を主なテーマにしています。
▼過去の日経×36Krセミナーはこちらから
7月6日開催「ファーウェイにすべて聞く」
9月7日開催「中国が目指すEV強国」
10月29日開催「中国の創業ブームどうなる?」
・その他 、こちらからご覧いただけます。

イベント概要

開催日時 2021年11月25日(木)14:00~15:30(日本時間)
会場 オンライン開催
価格

電子版有料会員 無料

一般 2,000円(税込)

主催

日本経済新聞社アジアメディアグループ、36Kr Japan

問い合わせ nikkei36kr_seminar@nex.nikkei.co.jp

※参加・視聴用URLはお申し込み完了後にメールでご案内します。
※領収書発行可。限定アーカイブ配信あり。
※本イベントはお申込み完了後のキャンセルはできません。あらかじめご了承ください。