アーカイブ
音声で学ぶ「デジタル終活」米国では冷蔵庫2台も普通

REINAのマネーのとびら

マネーのとびら第12回 デジタル終活

 近年、65歳以上の高齢者の過半数がインターネットを利用しているというデータがあり、デジタル終活の必要性は高まっています。一方で20~30代の若者も多くがスマホを中心に生活していて、1台のスマホの中には様々な金融取引の情報や大事なデータが入っています。そんな中、もし自分に万一のことがあれば、金融資産をはじめ多くの重要情報が「そこにあるのは分かっているけど、家族でも触れない」状態になってしまいます。つまりデジタル終活は何も高齢者に限った話ではなく、現代に生きている人全員が一度は考えておいた方がいい話なのです。

スマホやパソコンにあるデータは持ち主が亡くなれば「デジタル遺品」と呼ばれます。遺族がそのパソコンやスマホにログインできず、デジタル遺品を引き継げなければ相続や葬儀で支障が生じます。例えば友人の連絡先をスマホのアドレス帳で管理する人は多いと思いますが、遺族がそのアドレス帳を見られなければ友人を葬儀に呼べないかもしれません。亡くなった人の電子マネーやマイルも手つかずで放置されてしまうでしょう。また、亡くなった人が内緒でFX(外国為替証拠金)取引をしていたり、定額課金のサブスクリプションサービスに加入したりしていた場合には、遺族に想定外の出費が生じる可能性すらあります。番組では、デジタル遺品を引き継ぐにはどうすればいいか、こうしたトラブルを避ける手段は何かを話し合いました。そしてその答えは意外にも、極めてアナログな手段でした。

後半の「American Money Life」のコーナーでは、米国の食料品買い物事情をREINAさんに解説してもらいました。日本だと毎日のようにコンビニで買い物する人が多いですが、米国では週末に郊外の店舗で食料品をまとめ買いすることが多いそうです。あまりに買う量が多いので、冷蔵庫が2台ある家が珍しくないとか。土地が広いがゆえのスケールの大きな話ですね。また売っている食品や飲み物自体も量が多く、消費期限も日本に比べ長いので、例えば牛乳は1ガロン(約4リットル)で売っていたりするそうです。それが400円くらいなので1リットル当たりでは日本よりも安く、「まとめ買い効果で安くはなるけれど、フードロスも出やすくなるのが米国の課題」とのことでした。

また、番組では「米国人はスーパーのレジに並んでいる時、なぜ会計前なのに食料品を開けて食べてしまうのか」で大いに盛り上がりました。映画やドラマで目にすると日本人にはかなり不思議に思える光景ですが、米国ではごく一般的で、REINAさんも普通にやっていたそうです。「食料品を買う」という日常的な行為一つとっても様々な違いがあるのが面白いですね。

出演者

  • REINA

    タレント

    米国ニュージャージー州出身(25歳まで在住)。ブラウン大学卒業後、CIAに内定。インターポール(国際警察)に入り主に海賊を追跡。ハーバード大学院卒業後、FBIにも内定。ロイター通信(コンサルティング)入社。その後都内でベンチャー企業を起業。得意分野はテロ知識・テロ対策、国際関係・国際政治で、英語・日本語の他アラビア語、ペルシア語、フランス語も堪能。ABC「おはよう朝日です」木曜メインコメンテーター

    米国ニュージャージー州出身(25歳まで在住)。ブラウン大学卒業後、CIAに内定。インターポール(国際警察)に入り主に海賊を追跡。ハーバード大学院卒業後、FBIにも内定。ロイター通信(コンサルティング)入社。その後都内でベンチャー企業を起業。得意分野はテロ知識・テロ対策、国際関係・国際政治で、英語・日本語の他アラビア語、ペルシア語、フランス語も堪能。ABC「おはよう朝日です」木曜メインコメンテーター

  • 露口 一郎

    金融・市場ユニット マネー報道グループ次長 兼 日経CNBC解説委員

    日経編集局 証券部や日経マネー、日経QUICKニュース社などを経て、2020年からマネー報道グループで資産運用や保険などの個人のお金まわりの記事を編集。「家計もカラダも筋肉質に」をモットーに日経CNBCにも出演中。趣味は筋トレ、プロレス観戦

    日経編集局 証券部や日経マネー、日経QUICKニュース社などを経て、2020年からマネー報道グループで資産運用や保険などの個人のお金まわりの記事を編集。「家計もカラダも筋肉質に」をモットーに日経CNBCにも出演中。趣味は筋トレ、プロレス観戦


「マネーのまなび」のポッドキャスト番組。米国出身のタレントのREINAさんが日経電子版の記事から気になった身近なお金まわりのニュースを選び、日経の「マネーの達人」がわかりやすく解説します。続けて聞けば、いつの間にかマネーの知識が身に付きます。
「マネーのまなび」のポッドキャスト番組。米国出身のタレントのREINAさんが日経電子版の記事から気になった身近なお金まわりのニュースを選び、日経の「マネーの達人」がわかりやすく解説します。続けて聞けば、いつの間にかマネーの知識が身に付きます。