概要
「発想の転換」を研究しよう

日経産業新聞との連動イベントシリーズ第5弾として「『発想の転換』を研究しよう」を7月20日(火)19時30分から開催します。

日本経済新聞のDXエディター杜師康佑をファシリテーターに、早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏、東京大学大学院准教授の高木聡一郎氏、WAmazing社長の加藤史子氏をお招きし、事業を進める上で発想を転換する重要性と事業再構築の本質について、参加者の皆さんと考えます。

企業が求められている「発想の転換」

長く続いたデフレ傾向や新型コロナの影響により、多くの企業が事業の再構築や新しい発想による新規事業の創出を求められています。そのためには「自社のミッションは何か?」を問い直した上で、既存の役割やコンテキスト(文脈)から得意技の要素を分解し、組み替え直す考え方が有効だと出演者の高木氏は語ります。

国内大手でも、観光やビジネス客が期待できないなかで、帝国ホテルがサービス付きアパート事業への参入に踏み切り、ANAとJALは空いた飛行機を使い尽くすための模索に積極的です。ダイハツは顧客つなぎとめのために農薬散布や送迎サービスに乗り出し、JR東日本は在宅勤務の広がりや旅客輸送の環境の変化を受け、新しい発想で働き方改革を進めています。

そのほかにも事業の転換に取り組んだ国内外の興味深い事例があり、それを見ながら出演者の方々にその背景や成否を分けたポイントを聞きます。

【関連記事】

帝国ホテル「サービスアパートメント」、10カ月の苦闘
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2085B0Q1A420C2000000/

ANAとJAL、空いた「飛行機」使い尽くす 難局下の模索
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2117C0R20C21A5000000/

ダイハツここまでやる、農薬散布も送迎も 変革の現場
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF19F8O0Z10C21A5000000/

JR東、事務と車掌兼務で新発想
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72251480V20C21A5X11000/

事業再構築の悩みに答えます

既存の事業を再構築するにはどうすればよいか、事業承継での悩みごと、事業をブレイクスルーさせるための秘訣を知りたい……。皆さんが事業を行う上での具体的な悩みを募集し、出演者3人にぶつけます。チケットをお申し込みの上、以下のフォームからご質問をお送りください。
集まったご質問からいくつか選び、イベント内で出演者の方々にお答えいただきます。

質問募集

質問がある方は、イベント開催までに以下のフォームからお送りください。

質問受付フォーム:https://forms.gle/oQHAsG9LcFnqQy357

プログラム

19:30~19:35  スタッフによるごあいさつ
19:35~20:10  事業再構築の成功と失敗事例
20:10~20:40  Q&Aコーナー
20:40~20:45  スタッフによるお知らせ

こんな方に特におすすめ!

  • 事業を進める上で発想のヒントを探している方
  • 自分が担当している事業の非連続的な成長を求められている方
  • 働く上で発想の転換を必要としているすべての方
  • 内田和成氏の著書の読者の方、出演者の考え方に興味のある方

出演者

  • 内田 和成

    早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授

    東大工卒。慶大大学院経営管理研究科修了(MBA)。日本航空を経て、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)へ。2000年6月から04年12月までBCG日本代表。06年「世界でもっとも有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)選出。同年から現職。著書に「異業種競争戦略」「ゲーム・チェンジャーの競争戦略」「リーダーの戦い方」(日本経済新聞出版)など

  • 高木 聡一郎

    東京大学大学院准教授

    国際大学GLOCOM主幹研究員を兼務。国際大学GLOCOM教授等を経て2019年より現職。これまでにハーバード大学ケネディスクール行政大学院アジア・プログラム・フェローなどを歴任。専門分野は情報経済学、デジタル経済論。主な著書に「デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則」(翔泳社)など。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)

  • 加藤 史子

    WAmazing社長CEO

    慶應SFC卒業後、リクルートで新規事業立ち上げに携わった後、観光産業と地域活性のR&D部門で主席研究員として調査研究・事業開発に携わる。2016年7月、訪日外国人旅行者による消費を地方にもいきわたらせ、地域の活性化に資するプラットフォームを立ち上げるべくWAmazing株式会社を創業

  • 杜師 康佑

    日本経済新聞社 DXエディター

    2010年入社、新潟支局を経て自動車や化学、エレクトロニクス分野を取材。2019年から大阪本社でエネルギーや機械、スタートアップなどを担当。日本の組織に合ったデジタルトランスフォーメーションのあり方を模索

イベント概要

開催日時 2021年7月20日(火) 19:30~20:45(日本時間)
会場 オンライン開催(Zoomウェビナー)
料金

電子版有料会員 無料

一般 2,000円(税込)

主催

日本経済新聞社 デジタル編成ユニット

お問い合わせ

comemo@nex.nikkei.co.jp

※本イベントはお申込み完了後のキャンセルはできません。あらかじめご了承ください。