概要
先駆者に聞く、スタートアップを生かしたDX新事業の作り方

日経産業新聞との連動シリーズ第4弾は、大企業とスタートアップがお互いの強みを生かして成果を出すためにはどうすれば良いか、先駆者の方々と具体的な事例を交えながら考えます。

参加者の方には守屋実氏の書籍「起業は意志が10割」の約100ページ分をPDFでプレゼントします。その他出演者のスライド資料もあわせて進呈いたします。

増える大企業のスタートアップ投資

新型コロナウイルスの問題で国内スタートアップの資金調達の大幅減少が懸念されましたが、大企業の投資意欲は衰えず、全体の8割が投資を増やすか維持するという調査結果が出ています。
特に、DX推進に積極的な商社、フィンテックを中心にDXが急務とされる金融関連、5Gによる環境変化が激しい通信系が投資を活発化しています。

お互いの強みを生かしてコラボレーションするには

大企業のスタートアップ投資が増加傾向を見せる一方、数年前よりオープンイノベーションを掲げて数々の大企業がスタートアップとの協業を行っており、いくつかの課題が見えてきています。
(1)KGI(重要目標達成指標)やKPI(重要業績評価指標)設定の難しさ
   短期的な成果、長期的な成果設定の難しさ
(2)協業先を見極める難しさ
   戦略を描き、ピースを埋める先を見極めるセンス
(3)組織文化や意思決定手法の違い
   さまざまな手順が異なるなかで推進する調整の難しさ
 これらの課題を実際にクリアにしていくには、協業を進める上で発生する社内外のさまざまな問題に対処する必要があります。

先駆者たちに具体的な事例を聞きます

こうした課題に対処するためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。また、大企業とスタートアップがそれぞれの強みを生かして事業領域を広げるためにはどうすればよいのでしょうか。

約50件の新規事業や起業に関わってきた新規事業家の守屋実氏、 大学在学中に起業し現在はシナモンの代表を務める平野未来氏、KDDIでオープンインキュベーションに携わり、スタートアップ投資や新規事業開発の豊富な経験を持つ中馬和彦氏をお招きし、具体的な事例を交えながら考えていきます。

プログラム

19:30~19:40  オープニング〜 運営スタッフによるごあいさつ
19:40~20:40  トークセッション
  ・大企業×スタートアップ協業の現在地点
  ・コラボレーション成功のポイント
20:40~20:45  運営スタッフによるお知らせ

こんな方に特におすすめ!

  • DXを推進する立場だが、社内だけの力では限界を感じている担当者の方
  • オープンイノベーションや新規事業開発で、外部とのコラボレーションに課題を抱えている担当者の方
  • 事業会社でスタートアップなどへの投資を担当・起案する方
  • スタートアップとの接点をどのように持てば良いか悩んでいる方

出演者

  • 守屋 実

    新規事業家

    1992年機械部品商社ミスミ入社。新規事業開発に従事。2002年新規事業の専門会社であるエムアウトをミスミ創業者の田口氏と創業。複数事業の立ち上げおよび売却を実施。2010年守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ネット印刷通販のラクスル立ち上げに参画

  • 平野 未来

    シナモン社長

    2008年東京大学大学院修了。在学中にアプリ開発のネイキッドテクノロジーを創業、2011年にミクシィに売却。2016年に人工知能(AI)開発のシナモンを設立。2020年4月から内閣官房IT総合戦略本部の本部員も務める

  • 中馬 和彦

    KDDI事業創造本部 ビジネスインキュベーション推進部長〈KDDI ∞ Labo 長〉

    1996年国際電信電話(現KDDI)入社。 2018年よりビジネスインキュベーション推進部長として、 スタートアップ支援プログラムKDDI ∞ Labo及び投資ファンドKDDI Open Innovation Fundを統括。 経済産業省J-Startup委員、ILSアドバイザリーボード、スポーツ産業振興 委員会委員等を歴任

  • 村松 進

    日経産業新聞副編集長

    1994年日本経済新聞社入社。一貫してビジネス報道を担当し、ヘルスケア産業の取材経験が長い。仙台支局キャップも務め、東日本大震災からの東北の復興やアイリスオーヤマを現在も取材し続けている

イベント概要

開催日時 2021年6月22日(火) 19:30~20:45(日本時間)
会場 オンライン開催(Zoomウェビナー)
料金

電子版有料会員 無料

一般 2,000円(税込)

主催

日本経済新聞社 デジタル編成ユニット

お問い合わせ

comemo@nex.nikkei.co.jp

※本イベントはお申込み完了後のキャンセルはできません。あらかじめご了承ください。