2019年4月25日(木)

The Economist
フォローする

4月23日

一帯一路などを強気に進める中国の姿勢が西側諸国の結束をもたらしているという(記者会見する王毅外相)=AP
AP

欧米の対中政策、今は団結モード(The Economist)

中国の西側社会に対するメッセージは、次の3段構えからなるとされてきた。(1)中国の台頭は避けられない (2)中国に協力する…続き

4月16日

米アマゾンの物流拠点ではロボットがアルゴリズムに基づき何千もの棚を適時、適切な場所に運んだり、並べ替えていく=AP
AP

アマゾン、業務の効率化にAI活用を徹底(The Economist)

北米2:00

米アマゾン・ドット・コムの幹部が毎年、自分の担当事業計画を「6ページ」にまとめる慣習は有名だ。あまり知られていないのは、そ…続き

4月9日

米グーグルが北京に開設したAI開発拠点に米政府は懸念を示している(写真は18年9月に上海で開かれた世界AI会議)=Imaginechina・AP
Imaginechina・AP

対中ビジネスが問う米企業の正義(The Economist)

子どもの頃「チャイニーズ・バーン」を誰かにされて痛い思いをした人なら、覚えているだろう。相手に両手で前腕をつかまれ右手と左…続き

4月2日

中国中車が2017年に米国向けに初めて納品したボストン地下鉄の車両。だが海外展開が計画通り進まないため、中国市場に回帰することを検討中だ=AP
AP

中国中車、壁に直面した海外事業(The Economist)

工業の町として栄えた過去があるなら、何十年も廃虚と化していた工場が真新しい近代的な生産拠点へと変身するのを歓迎しそうなもの…続き

3月27日

IT業界を巡る規制は、米国ではなくEUが従来とは異なる新しい発想で次々に進めている=ロイター
ロイター

欧州が主導するIT規制(The Economist)

「コモン・センス」の著者トマス・ペインが1776年に「新たな世界が誕生する日は近い」と記して以来、米国は自らを新しい時代を…続き

3月20日

中国は海外旅行者の急増で、早ければ今年、経常赤字に陥るとされるが、それは中国の金融システム改革につながりそうだ=ロイター
ロイター

中国の経常黒字消失、変化へ好機(The Economist)

中国のオンライン旅行最大手、携程旅行網(シートリップ)の本社の管理室には、大きなデジタル世界地図がかかっている。その地図を…続き

3月13日

国営テレビを代表するニュース司会者のドミトリー・キセリョフ氏もネットの番組に登場せざるを得ないほど、ロシアではネットでニュースを見る人が増えている=AP
AP

ネット統制強めるロシア(The Economist)

1991年8月19日、ソ連の人々はテレビをつけて非常事態を悟った。どのチャンネルもクラシック音楽かバレエ「白鳥の湖」を繰り…続き

3月6日

先進各国は中国の景気をあてにしなくてすむ経済の確立が急務だ=AP
AP

世界経済、中国依存でいいのか(The Economist)

2019年、世界経済は不吉な年明けを迎えた。市況は急激に悪化し、米政府の閉鎖は永遠に続きそうに思えた。だが、恐れていたほど…続き

2月27日

米国の現在のヒスパニック系人口の増加は移民ではなく、自然増加によるものなので、メキシコとの国境に壁を建設してももはや意味はない=ロイター
ロイター

米共和党の移民政策の盲点(The Economist)

北米2:00

フアン・ガルシア氏が1997年に米ノースカロライナ州ガストン郡政府の都市計画担当として働き始めた時、総勢1400人の職員の…続き

2月20日

メルケル首相はウクライナ侵攻を巡る対ロシア制裁を強く主張してきただけに、ノルドストリーム2計画をなぜ推進するのか疑問視されている=ロイター
ロイター

独ロの新パイプラインはロシアのワナ(The Economist)

利益を生まない巨大プロジェクトが進められている場合、理由が2つ考えられる。出資者が愚かであるか、あるいは狙いが他にあるかだ…続き

2月13日

プーチン氏にとってINF廃棄条約はロシアの弱さを示すものでしかなかった=ロイター
ロイター

INF廃棄条約破棄、プーチン氏の狙い(The Economist)

1987年12月8日、米ホワイトハウスには、鎌と槌(つち)をあしらった赤いソ連の旗が掲げられていた。屋内では、ゴルバチョフ…続き

2月6日

フェイスブックは2月4日、誕生から15年を迎えた=ロイター
ロイター

15歳 フェイスブックの憂鬱(The Economist)

北米2:00

2004年2月4日、青色のバナーを特徴とする新しいウェブサイトが誕生した。ハーバード大学の学生寮で立ち上げられた「ザ・フェ…続き

1月30日

2018年6月、鴻海の工場建設の起工式に出席した(左から)ウォーカー知事(当時)、トランプ米大統領、郭台銘董事長=ロイター
ロイター

鴻海進出、揺れるウィスコンシン(The Economist)

北米2:00

米中部ウィスコンシン州南部の街、マウント・プレザントにあるマホーニー家の台所から見える景色には驚く。庭の先にはアシが生えて…続き

1月23日

ファーウェイにみる米捜査の威力(The Economist)

2:00

カナダのバンクーバー空港で国際的なもめ事が発生するのは意外かもしれない。だが昨年12月1日、同空港で乗り継ぎをしていた中国…続き

1月16日

ベネズエラ政権、自壊の危機(The Economist)

2:00

ベネズエラの憲法では大統領が就任する際は、立法府である国民議会で宣誓することになっている。だが1月10日、マドゥロ大統領の…続き

2018年12月26日

復古主義が台頭する意味(The Economist)[有料会員限定]

2:00

政治家が人々の「昔はよかった」との思いを利用するのは今に始まったことではないが、それでも最近の先進国、新興国の過去への郷愁…続き

2018年12月19日

中国発「アヘン」、米に大量に流入(The Economist)

1:00

中国北東部の河北省●(刑のりっとうがおおざと)台で1年余り前、化学品の輸出会社が入居するアパートに警察の家宅捜索が入った。…続き

2018年12月12日

友情は育たぬとも結束する中国とロシア(The Economist)

2:00

中国北東部の吉林省の省都、長春とウラジオストクを結ぶ高速鉄道は完成さえすれば、中国とロシアとの友好関係の立派な象徴になるだ…続き

2018年12月05日

中国、所得課税強化の皮算用(The Economist)

2:00

「もちろん払っていませんよ。私はバカじゃありませんから」。個人所得税を納めたことがあるかと聞かれて、北京の運転手リュウ・ヨ…続き

2018年11月30日

中国・清華大、STEM研究でトップ狙う(The Economist)

5:50

清華大学は中国が国家として屈辱を受ける中で誕生した。1900年に起きた排外運動「義和団事件」の後に、この事件の賠償金を充て…続き

60件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

COMPANIES TO WATCH