The Economist
フォローする

国際トップ

5月10日

ロイター

米兵器、対外供給増で逼迫(The Economist)

0:00

ロンドンがナチスの大空襲を受けていた1940年12月29日、ルーズベルト米大統領はラジオで国民にこう語りかけた。米国は欧州…続き

5月3日

ロイター

インフレは「心理的なコスト」 (The Economist)

0:00

インフレの高進は米国で始まったが、他の先進国にも広がっている。富裕な先進国中心の経済協力開発機構(OECD)加盟国の2月の…続き

4月26日

ロイター

新興企業、曲がり角の資金調達 (The Economist)

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)がもたらしたデジタル銘柄のブームに乗って、驚異的な株価上昇を続けてき…続き

4月19日

ロイター

新興国もロシアの侵攻に「ノー」を (The Economist)

ウクライナ戦争は何よりもまず、4400万人のウクライナ人の運命がかかっている。しかし激しい攻撃を受けて廃虚と化したウクライ…続き

4月12日

ロイター

世界経済は軟着陸できるか(The Economist)

0:00

わずか1年前、世界中のエコノミストは景気後退(リセッション)から経済が急回復したと喜んでいた。それが今、次の停滞局面が迫っ…続き

4月5日

ロイター

企業の「脱ロシア」と民主主義(The Economist)[有料会員限定]

米エール大経営大学院のジェフリー・ソネンフェルド教授(68)は一躍時の人となった。ロシアのプーチン大統領が2月24日に軍を…続き

3月29日

ロイター

難局でも傷つかない習体制(The Economist)

その日付どころか、何月に開かれるかさえまだわからない。だが、中国の政府高官は誰もが今年後半に開催予定の極めて重要な中国共産…続き

3月22日

ロイター

ウクライナ侵攻が招く食料危機(The Economist)

1914年10月、第1次世界大戦に参戦したばかりのオスマン帝国は、ダーダネルス海峡を封鎖した。ロシア産小麦が英国やフランス…続き

3月15日

ロイター

中ロ、危ういパートナーシップ(The Economist)

中国共産党のエリートらは、ウクライナ戦争の終結を中国にとって実に都合のいいように想像している。北京の学者や高位の政府顧問ら…続き

3月8日

ロイター

中国を離れるチャイナウオッチャー(The Economist)[有料会員限定]

毛沢東時代の中国は閉鎖的で、現地に在住する外国人の中国ウオッチャーはほとんどおらず、入国すら許されなかった。研究者やジャー…続き

3月1日

ロイター

米1.9兆ドル対策、州支出は放漫(The Economist)

0:00

米南部アラバマ州のアイビー知事が4000人を収容する刑務所2棟を新設する計画を発表すると、案の定、民主党議員や進歩的な活動…続き

2月22日

ロイター

米教育委も人種・少数派を巡る対立の場に(The Economist)

0:00

米国のアイスホッケーの試合とテレビのリアリティー番組、教育委員会の会合の共通点は何か。どれも最近、その争いが注目を集めてい…続き

2月15日

ロイター

バブルの芽、試される金融システム(The Economist)

0:00

「歴史家にとっては、どの出来事も唯一無二である」。経済学者キンドルバーガーは金融恐慌の歴史に関する著作の中でそう記したうえ…続き

2月8日

ロイター

南欧4カ国、経済改革の先頭(The Economist)

0:00

「PIGS」(豚の意)という略語でひとくくりにされた国々がいくら激しく抗議しても、この言葉は10年間消えなかった。ユーロ危…続き

2月1日

ロイター

半導体、危うい国ぐるみ増産(The Economist)

0:00

このところの半導体不足は、玩具向けから風力タービン用まで、あらゆるものの生産の足かせとなっている。そのため半導体メーカー各…続き

1月25日

ロイター

「ロボットが雇用を奪う」は誤りか(The Economist)[有料会員限定]

経済0:00

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界を襲った当初、失業率が急上昇した。米国では、2020年4月に大恐慌期…続き

1月18日

ロイター

政府の高圧的な企業介入は誤り(The Economist)

0:00

政府と企業との関係は絶えず変化している。1945年以降、多くの国は国有企業や国営企業を通じ社会を立て直そうとした。80年代…続き

1月11日

ロイター

「反中」を攻撃、稼ぐ愛国ブロガー(The Economist)

中国の庶民、特に若者がナショナリズムの台頭によって抑えきれなくなった怒りをいつか爆発させるのではないかと世界はずっと案じて…続き

1月4日

ロイター

世界の高齢化が促す低金利(The Economist)

それは世界の人口動態にとって大きな出来事だった。2021年11月24日、インド政府は1人の女性が生涯に産む子供の数を示す同…続き

2021年12月28日

ロイター

予測不能のニューノーマルが到来(The Economist)

0:00

新型コロナウイルスのパンデミックはほぼ収束に向かうのか。人々はこの1年、安定のようなものを渇望してきた。以前の生活には二度…続き

52件中 21 - 40件

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

COMPANIES TO WATCH

9/28 16:00更新 国際 記事ランキング

  1. 1位: 「江沢民院政」廃した105歳長老、習氏への覚悟の諫言[有料会員限定]
  2. 2位: ゴールドマンや野村に制裁金2600億円 米SECなど
  3. 3位: ロシア編入「9割賛成」 親ロ派が主張、ウクライナ4州[有料会員限定]
  4. 4位: ゼレンスキー氏、ロシアは「全人類敵に」 国連安保理会合
  5. 5位: パイプライン意図的損傷の疑い 欧州はロシア関与を示唆