The Economist
フォローする

7月14日

米中のハードウエアを巡る技術の分断は、世界のハイテク各社に膨大なコスト負担を強いることになる=ロイター
ロイター

米中、ハイテク分断の代償(The Economist)

0:00

世界のテクノロジー業界は、米国と中国の対立により痛みを伴う分裂に見舞われる――。ここ数年、こうした予測が数え切れないほど立…続き

7月7日

インドのモディ首相は中印両軍の衝突で死者を出した国境係争地域のラダック地方を電撃訪問し、兵士らを前にスピーチした=インド政府報道局提供・AP
インド政府報道局提供・AP

インド、及び腰の対中報復(The Economist)

0:00

「我々は、行動を起こしたいと思えば警告なく思いのままに行動を起こすことを、中国は思い知るだろう」。インドの愛国主義的な民間…続き

6月30日

6月20日の選挙集会でトランプ氏は中国共産党を酷評したが、ボルトン氏はトランプ氏の対中政策は弱腰だと批判する=ロイター
ロイター

トランプ氏の対中批判は本物か(The Economist)

0:00

トランプ米大統領は6月20日と23日に開いた選挙集会で、中国共産党を激しく批判した。新型コロナウイルス感染症のことを3回も…続き

6月23日

アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏は新型コロナウイルス危機を受けて本業強化に力をいれるが、解決すべき難題に直面している=AP
AP

アマゾンはどこまで強いのか(The Economist)

0:00

1995年夏、やせてこだわりの強いジェフ・ベゾス氏は、地下の一室で妻とペーパーバックの本を箱詰めしていた。その彼は25年後…続き

6月16日

ドイツのメルケル首相(右)が欧州復興基金創設の提案や3日に発表した大規模な刺激策を決めた背景にはショルツ財務相による説得が大きく影響しているという=ロイター
ロイター

ドイツ、財政規律緩和の伏線(The Economist)

0:00

毎週木曜午後5時になると、ドイツの著名経済学者三十数人が髪を整え、喉をすっきりさせてズームを立ち上げ、独連邦財務省のビデオ…続き

6月9日

週末に米ホワイトハウス近くで行われたデモには黒人男性が警察官に窒息死させられたことに抗議する大勢の人々が参加した=AP
AP

ニクソン氏に及ばぬトランプ氏(The Economist)

0:00

米国全土に抗議活動や暴動が広がる現在の状況を1968年の騒乱と重ね合わせる人は多い。この年、公民権運動の指導者マーチン・ル…続き

6月2日

EUの競争法を担当してきたベステアー上級副委員長(左)と、加盟各国の競争条件を同じにすべく5月27日に7500億ユーロの基金創設を発表したフォンデアライエン欧州委員長=ロイター
ロイター

EUから競争が消える時(The Economist)

0:00

欧州連合(EU)は、加盟国に自国の産業や企業への補助金の提供を禁じている。加盟国がそのルールの適用例外を求める場合、欧州委…続き

5月26日

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため世界中で航空便の運航停止が相次ぎ、今年の温暖化ガス排出量は減少するが、「パリ協定」の目標達成には遠く及ばない=ロイター
ロイター

コロナ、脱炭素推進の好機に(The Economist)

0:00

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の動向を注視していると、早送りボタンを押し続けながら気候危機の行方を見てい…続き

5月19日

新型コロナで在宅勤務が浸透してきたこともあり、もはやシリコンバレーのオフィスにこだわる必要がないという考え方が広がりつつあるという=ロイター
ロイター

コロナ後のシリコンバレー(The Economist)

0:00

誰かを解雇するのはどんな状況でもつらい。だが、それをビデオ会議で告げるのは酷だ。「解雇を伝えるのに、(相手が)在宅で背後に…続き

5月12日

トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖した食肉加工会社に稼働の継続を命じる大統領令に署名した=AP
AP

食料供給網 いかに守るか(The Economist)

0:00

もしあなたが先進国で暮らしていて、貿易と世界的な協力の実例を知りたければ、夕食の食卓を見るだけでそれがすべてを物語る。3月…続き

5月5日

生物兵器をどう作るのかという常識が今回の新型コロナウイルスで変わりつつあるという(写真は、ドイツが実施したバイオ攻撃に対応するための訓練)=AP
AP

生物兵器、脅威に懸念 防御後手(The Economist)

0:00

全世界で既に18万人以上の死者を出した新型コロナウイルスは悪意のもとに作られたものではない。ゲノム解析によって、他の新型の…続き

4月28日

イタリアなど欧州の国々はロックダウン(都市封鎖)の措置を取っており、当局による監視とプライバシーのあり方を巡っては議論が展開されていきそうだ=AP
AP

EU、揺らぐプライバシー信仰(The Economist)

0:00

欧州連合(EU)に公式な宗教があるとすれば、それはプライバシーだろう。EUの高官や政治家といった敬虔(けいけん)な聖職者は…続き

4月21日

エコノミスト誌の調べではギリシャがロックダウンによる影響を最も受けやすいとされる=ロイター
ロイター

封鎖への強さ決める3要素(The Economist)

0:00

新型コロナウイルスの感染拡大で世界各国の生産活動は計り知れぬ打撃を受けている。今や問題は事態がどれほど悪化するかだ。国際通…続き

4月14日

中国の習国家主席は伝統医学を普及させ、中国共産党を中国の古代からの知恵を代表する存在に再定義することに注力しているという。写真は3月の武漢訪問の時のもの=AP
AP

伝統医学の世界普及狙う中国(The Economist)

0:00

中国湖北省に住むバス運転手の王大山さん(仮名)は、薬草茶が自分の命を救ってくれたのかもしれないと思っている。大手国有企業が…続き

4月7日

米国がマドゥロ大統領(前列中央)を麻薬密輸罪で起訴したため同大統領が態度を硬化、ベネズエラでは与野党が協力して新型コロナ感染拡大防止に取り組む機運が失われると懸念されている=ロイター
ロイター

大統領起訴、窮地のベネズエラ(The Economist)

0:00

新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大し、原油価格が急落する中、米司法省は3月26日、有数の産油国であるベネズエラのマドゥ…続き

3月31日

在宅勤務をする人たちが増えることでマイクロソフト製品の利用が広がる。大企業の市場シェア拡大がさらに進みそうだ=ロイター
ロイター

コロナ危機 力増す勝ち組企業(The Economist)

0:00

先進国では政府や経済学者が新型コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)の経済的影響を試算しようと躍起になって…続き

3月24日

トランプ米政権と中国の習政権は新型コロナウイルスを巡り対立を深めている=写真はいずれもロイター
ロイター

新型コロナ 最悪に向かう米中関係(The Economist)

0:00

壊滅的な被害を及ぼすパンデミック(世界的な大流行)は、世界の2つの経済大国が立場の違いを棚上げにして協調する好機にも思える…続き

3月17日

プーチン氏の今回の権力維持の手法はクリミア併合や石油大手ユーコスの収用の時と同様、表向きはまっとうにみえるよう練ったものという(写真は10日、ロシアの議会で演説する同氏)=ロイター
ロイター

長期君臨へプーチン氏強引(The Economist)

0:00

プーチン氏は2000年にロシア大統領に就任して間もない頃、自分がいつどのように退任するのか考えていた。当時48歳。大統領専…続き

3月10日

中国では新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにオンラインによる遠隔診療の市場が急拡大している(写真は、医療アプリ「平安好医生」の画面=ロイター)
ロイター

オンライン医療 急拡大する中国(The Economist)

0:00

2003年にコロナウイルスの仲間が原因の重症急性呼吸器症候群(SARS)が中国で流行したときは、多くの市民は家にこもった。…続き

3月3日

広東省深圳市では市内に入る車両の運転手は、その入口となる高速道路の料金所でドローンがぶら下げているQRコードを自分のスマホで読み取り、登録しなければならない=AP
AP

新型コロナ 乱立する中国の監視網の課題(The Economist)

0:00

中国で新型コロナウイルスの流行が始まり、政府が一部の都市の「封鎖」を始めた時、沈大成さんは友人から予言者だと呼ばれた。
2…続き

50件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

COMPANIES TO WATCH