2018年6月19日(火)

コラム
フォローする

食物アレルギー啓発週間(5月13~19日)には、エンパイア・ステート・ビルもシンボルカラーの青緑にライトアップされる(2017年、Manish Gosalia撮影)
Manish Gosalia

米で「食物アレルギーいじめ」頻発、ソニー映画も“炎上”  (グローバルViews)[有料会員限定]

 米国で、アレルギーを起こす食物を脅しや嫌がらせに使う「食物アレルギーいじめ」が頻発している。重篤なショック反応をひき起こせ…続き

7日、車列を組んで総選挙での勝利を祝う「ヒズボラ」の支持者ら=ロイター
ロイター

レバノン9年ぶりの総選挙でシーア派が躍進 (グローバルViews)[有料会員限定]

 中東の小国レバノンで6日投票された国民議会(定数128)選挙で、イランの支援を受けるイスラム教シーア派の「ヒズボラ」が躍進…続き

上院議員のロマリオ氏は汚職批判で頭角を現した(2016年5月、ブラジリア)=ロイター
ロイター

元サッカーの星、政界へ (グローバルViews)[有料会員限定]

 ブラジル政界でサッカーの元スター選手が注目されている。1994年ワールドカップ(W杯)米国大会優勝メンバーのロマリオ氏(5…続き

最大規模のカジノがあるシンガポールのランドマーク、マリーナベイ・サンズ=写真(左)=の運営企業トップはトランプ氏の盟友

カジノに透ける「トランプ、金正恩、習近平の縁」[有料会員限定]

 「日時と場所は決まっている。まもなく(発表する)だろう」――。
 米大統領、トランプが口にした北朝鮮の委員長、金正恩との歴史…続き

カブールでのテロで2度目の爆発が起き、地面に伏せる治安部隊兵士ら(4月30日)=AP
AP

アフガン、テロ激化の裏に各国の思惑 (グローバルViews)[有料会員限定]

 アフガニスタンの首都カブールで4月30日朝、ジャーナリストを狙った巧妙な自爆テロが起きた。まず情報機関付近の検問所で1度目…続き

ロンドンの象徴「ビッグベン」。現在は改修工事中(写真右)で、赤い電話ボックスが観光客の人気の的。奥の街灯の上には監視カメラが設置されていた

せかい旬景 ロンドン今昔30年[有料会員限定]

 英国のロンドンを初めて取材で訪れたのは1988年。携帯型パソコンやスマートフォンも無い時代、地図とガイドブックを頼りに企業…続き

睡眠不足のニューヨーカーに向け、つかの間の睡眠スペースを提供するビジネスも出てきた(Nap York)

ニューヨークは眠れない、睡眠不足の米国人に昼寝の場  (グローバルViews)[有料会員限定]

 70万人が睡眠障害を持つといわれる米国。睡眠不足だけでなく、デジタル機器が日常生活を支配し、眠りの質も一段と低下している。
…続き

アルメニアの首都エレバンで、与党に抗議するデモ隊(1日)=ロイター
REUTERS

アルメニア「革命」の行方、ロシアの動きが焦点[有料会員限定]

 【モスクワ=古川英治】旧ソ連構成国だった親ロ派の小国アルメニアで政治混乱が続いている。大統領から首相に横滑りすることで長期…続き

テキーラの原料となるブルーアガベの収穫はすべて手作業だ(テキーラ)

テキーラ、高級路線人気を支える“黒子” (グローバルViews)[有料会員限定]

 メキシコ特産の蒸留酒、テキーラの人気が世界的に高まっている。けん引役は副原料を使わず、かつ熟成期間を長くした「プレミアムテ…続き

既に一定の核技術は確保した北朝鮮。残るのは小型化を含めて核技術の信頼性を高め、ICBMに積めるようにするだけだ(核兵器開発について協議する金正恩委員長)=ロイター
ロイター

核実験場廃棄は毛針か 「金正恩vs中国」論争の怪[有料会員限定]

 中国の権威ある大学の研究チームが北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)地下核実験場は「既に崩壊し、使用不能状態」と指摘したのに対し、労…続き

素人の動画でも閲覧されやすいのが動画アプリ「抖音(ドウイン)」の人気の理由だ(遼寧省大連)

中国、「素人」が生み出す若者の流行 (グローバルViews)[有料会員限定]

 中国の若者に「最も人気のある日本の歌は?」と聞いたら何と答えるか。かつては千昌夫氏の「北国の春」、少し前ならアニメ「スラム…続き

欧州諸国の多くが北朝鮮と国交を持つ(写真はベルリンにある北朝鮮の駐独大使館)

欧州が驚かなかった北朝鮮の核実験中止[有料会員限定]

 北朝鮮が突然発表した大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験の中止は、日本では寝耳に水だった。だが欧州は、驚かなかった。…続き

「警察の敷地内なら安心して取引できる」と話すタークールさん(右)とオーロラ市警のトーマス警部補

個人間売買、受け渡しは警察署で 米国で「交換所」広がる  (グローバルViews)[有料会員限定]

 米国の警察署で、フリーマーケット(フリマ)アプリを使う住民が安全に金品を手渡しできる「交換所」を設置する動きが広がっている…続き

オランダ、台頭するポピュリズム新世代 (グローバルViews)

 世界に広がる右派ポピュリズム(大衆迎合主義)の先導役といわれるオランダで、ポピュリズム勢力の世代交代が進み始めた。2017…続き

左側の建設中のマンションを購入すれば、右側の学校に入学できる仕組み(重慶市内)

中国、有名中学入学権付きのマンションが人気 (グローバルViews)[有料会員限定]

 中国で有名小中学校の入学権付きマンションが人気を集めている。一人っ子政策が続いたことなどから、子供の名門大への入学を願って…続き

一貫して「軍事力による圧力」を北朝鮮に加え続けているマティス米国防長官(ロイター)
REUTERS

トランプが握る「米朝6月14日開戦」カード 編集委員 高坂哲郎[有料会員限定]

 北朝鮮が表明した「新たな核実験の停止」などの方針について、米国のトランプ大統領は「前向きな一歩だ」とする一方で「結論には遠…続き

3月下旬、金正恩委員長と北京で会談した習近平国家主席=新華社・共同
新華社・共同

「金正恩VS習近平」、経済開放巡り巨龍と暗闘[有料会員限定]

 米朝首脳会談の実現を目指す北朝鮮の労働党委員長、金正恩(キム・ジョンウン)は中朝国境にも近い豊渓里(プンゲリ)の地下核実験…続き

 中国の文化大革命時、「反革命分子」の髪を切り、自己批判を迫る紅衛兵

中国の教科書、薄れる文革の教訓 (グローバルViews)[有料会員限定]

 1966~76年に中国社会を大混乱に陥れた文化大革命の記憶が薄れようとしている。3月から中国の中学校で使われ始めた新しい歴…続き

宮廷で使われていた衣装のレプリカを着て、記念写真に納まるフランス人のルクセルさん一家ら

せかい旬景 かすむ風景、晴れの衣装 北京[有料会員限定]



 北京の観光スポットとして有名な「景山公園」は、海外から来た旅行客の人気も集めている。園内には、皇帝が暮らした紫禁城(現在は…続き

トランプ氏は米中首脳会談の夕食会のサプライズで習氏(左)を出し抜いた(2017年4月、米フロリダ州パームビーチ)=ロイター
ロイター

外交を変える顔分析  国際アジア部次長 田中孝幸[有料会員限定]

 外交舞台における首脳の表情は会談で交わされる言葉よりも雄弁に語ることがある。4月27日に板門店で開かれる南北首脳会談でも、…続き

3641件中 41 - 60件

COMPANIES TO WATCH