2018年2月20日(火)

コラム
フォローする

日曜日の公園に集まる親子連れ

せかい旬景 幸福度世界一の日常とは? ノルウェー[有料会員限定]

2017/11/25


 国連がまとめた「世界幸福度ランキング2017」の1位はノルウェーだ。2位デンマーク、3位アイスランド、5位フィンランドなど…続き

カタツムリ農場の中を自由に歩き回るカタツムリ(19日、バンコク)

「カタツムリ化粧品」タイにじわり定着[有料会員限定]

東南アジア2017/11/25

 タイの「カタツムリ美容」が、じわりと進化している。カタツムリの粘液を使ったスキンケア化粧品が、韓国からタイに入ってきて定着…続き

ボリビアのモラレス大統領はゲバラの功績を熱弁するが、国民から反発を受けた(10月、ボリビア中部バジェグランデ)

ボリビア大統領、ゲバラ称賛で強まる逆風  (グローバルViews)[映像あり][有料会員限定]

 キューバ革命の指導者チェ・ゲバラの死去から50年。最期の地となったボリビアで、ゲバラの評価を巡り論争が起こっている。反米左…続き

中国マネーが支えるカンボジアの独裁体制  編集委員 飯野克彦[有料会員限定]

 カンボジアの最高裁判所は11月16日、最大野党である救国党の解散を命じる判決を下した。2018年7月に予定される下院選挙は…続き

職を探すシリア難民でジョブセンターは混み合う(ヨルダン北部)

シリア難民の帰還困難続く (グローバルViews)[有料会員限定]

 中東で猛威を振るった過激派組織「イスラム国」(IS)は、シリアやイラクの主要都市を失い、「疑似国家」は事実上崩壊した。依然…続き

太子党 紅二代より側近を優先した習近平国家主席(北京展覧館の展示から)

太子党の力も削ぐ「習近平人事」の目論見  編集委員 中沢克二[有料会員限定]

 「新たな中国指導部の顔ぶれには隠れた特徴がある。これまで(国家主席の)習近平(シー・ジンピン)を支えてきた『紅二代』『太子…続き

ボージーマルケスさんが米ネット募金サイト大手「ゴー・ファンド・ミー」に開いた募金ページ

米医療費、最後のよすがはネット募金 (グローバルViews)[有料会員限定]

 米国で、重い医療費の支払い負担に直面する患者が「最後のよすが」としてネット募金を利用する例が増えている。専用サイトで募金ペ…続き

中国本土出身の学生3人は地元の学生が唱える「香港独立論」に戸惑うこともあるという(香港大学のキャンパス)

中国出身の学生、香港独立論に何を思う (グローバルViews)[有料会員限定]

 アジアの大学ランキングでトップを争う名門、香港大学は「雨傘運動」の学生リーダーらを輩出するなど、香港の民主化運動の母体とな…続き

リヤド「ラ・メゾン・ブルー」では幾何学模様のモザイクタイルがびっしりと壁を飾る

せかい旬景 迷宮都市に泊まる モロッコ[有料会員限定]

2017/11/18

 モロッコ北部のフェズは、1000年以上前にイスラム王朝が開かれた歴史ある街だ。メディナ(旧市街)は無数の細い路地が網の目の…続き

トランプ氏が酒を飲まないワケ、薬物対策に本腰 (グローバルViews)[有料会員限定]

 「兄はいつもこう言っていたんだ。『酒は飲むな。酒は飲むな』」――。禁酒で知られ、先の日本訪問時にもコーラを好んだトランプ米…続き

安保関係者に広がる「米朝衝突」の悲観論  編集委員 高坂哲郎[有料会員限定]

 北朝鮮が9月15日に弾道ミサイル「火星12」を発射した後、核・ミサイル関連の挑発は鳴りを潜め、朝鮮半島をめぐる緊張はいった…続き

欧州はアジアに接近を 独紙から[有料会員限定]

2017/11/16

 米国のトランプ大統領は就任後の言動で多くのアジア諸国を不安にさせ、怒らせ、傷つけている。安全保障政策は迷走し、通商政策では…続き

ドイツ連立交渉、メルケル氏の笑み続くか (グローバルViews)[有料会員限定]

 ドイツの連立交渉がヤマ場を迎えている。メルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)、自由民主党(FDP)…続き

Brian Moynihan 法律事務所で弁護士として勤務した後、1993年に米総合金融のフリートボストン・フィナンシャルに入社。2004年バンク・オブ・アメリカのフリートボストン買収に伴いバンカメに入社。10年から現職。ブラウン大卒、ノートルダム法科大学院修了。大手米銀のCEOで唯一スマートウオッチを愛用する。58歳。

「デジタル投資、効率化と顧客満足を両立」 バンカメCEO・モイニハン氏[有料会員限定]

2017/11/15

 米銀大手バンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞記者と会い、IT(情報技術)を…続き

トランプ米政権、迷走すれども崩壊せず  ワシントン支局長 小竹洋之[有料会員限定]

 10月28日、炭鉱や製材所の衰退に悩む米ケンタッキー州アイネズ。携帯電話も途切れがちな山間部の田舎町で、オレンジ色の廃屋を…続き

共産党規約の大修正は長期政権への布石に

「ポスト22年」狙う習近平氏の派手なトランプ懐柔  編集委員 中沢克二[有料会員限定]

 11月8日、北京に降り立った米大統領トランプと夫人のメラニアは、皇帝の住まいだった紫禁城(故宮)に向かった。出迎えたのは国…続き

チェコ下院選で第3党に躍進した「自由と直接民主主義(SPD)」のトミオ・オカムラ党首(プラハ市内)

チェコの反イスラム党首、出身は高島平[有料会員限定]

2017/11/14

 10月のチェコ下院選挙で、実業家のトミオ・オカムラ氏が率いる反イスラム政党「自由と直接民主主義(SPD)」が、議席数で第3…続き

大気汚染で視界が悪くなる日は珍しくない(スモッグの影響でかすむ故宮博物院、10月20日、北京)=小高顕撮影

中国、長引く大気汚染 官民で広がる対策 (グローバルViews)[有料会員限定]

 中国で長引く大気汚染に対し、官民で様々な対策が広がっている。民間では小学校に空気清浄機を贈る募金活動が登場し、行政では工場…続き

インドの測位衛星システムは中国と同様の最大精度2.5メートルをめざす=宇宙応用センター提供
インド宇宙応用センター提供

インド版GPSが示す宇宙開発力と限界 (グローバルViews)[有料会員限定]

 中国が5日、新世代の衛星測位システム「北斗3号」に使う初の人工衛星の打ち上げに成功した。測位精度(誤差)は従来の2~3倍の…続き

11人が立候補したフランス大統領選第1回投票前の掲示板。候補者のポスターは、落書きされたり、アニメキャラクターのポスターに貼り替えられたりしていた(4月21日、パリ)

せかい旬景 選挙に見るお国柄 フランスから[有料会員限定]

2017/11/11

 候補者の顔が見えない――。大統領選の取材で今春訪れたフランスで、選挙ポスターの様子が日本と違うことに驚いた。




 「これは女優…続き

3601件中 101 - 120件

COMPANIES TO WATCH