世界の明日を独自の視点で。国際ニュースの一歩先を読むニューズレター「Global Foresight」の登録はこちら
北京にユニバーサル・スタジオ開業 年1000万人集客狙う
記念撮影をする観光客(20日、北京)

北京にユニバーサル・スタジオ開業年1000万人集客狙う

【北京=多部田俊輔】中国の北京市郊外に20日、米系テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ北京(USB)」が正式開業した。年1000万人程度を集客し、1000億元(約1兆7000億円)近い経済効果を見込む。米中対立が激化する中でも、中国でのハリウッド人気は根強い。中国政府は観光需要をテコに、弱含む景気の復調につなげる。 USBはショッピングセンターや2つのリゾートホテルを併設した「ユニバーサル北京リ…

ロシア下院選、与党勝利 議席3分の2維持へ

【モスクワ=石川陽平】17~19日投票のロシア下院選(定数450)で、プーチン大統領の政権与党「統一ロシア」が勝利した。議席の3分の2獲得を確実にし、プーチン氏は2024年の次期大統領選への5選出馬を視野に、長期政権に向けた内政基盤を固めた。ただ反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏の逮捕など様々な手段に出たにもかかわらず、与党の得票率は低下しており、有権者の反発と無関心さが垣間見える。 「公…

ファイザー製、5~11歳にも「有効」 低用量接種で

米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは20日、5~11歳の子どもを対象とする新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で有効性が確認できたと発表した。12歳以上への投与量より少ない用量の接種で、十分な免疫反応が得られたという。両社は速やかに米食品医薬品局(FDA)など各国の規制当局にデータを提出する方針だ。 ファイザー製ワクチンの接種は現在、12歳以上を対象としている。対面授業が再開した米国な…

マレーシア、中国のTPP加盟支持 貿易拡大を期待

【シンガポール=中野貴司】マレーシア政府は中国の環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟申請について「メンバーに迎えることを楽しみにしている」との声明を出し、支持する姿勢を示した。東南アジアの参加国ではシンガポールも歓迎の意向を表明している。慎重な立場の日本やオーストラリアとの温度差が鮮明になっている。 日本経済新聞の取材にマレーシア貿易産業省が19日、回答した。同省は16日の中国の加盟正式申請の…

中国恒大、下げ止まらず 一時19%安 11年ぶり安値

【香港=木原雄士】不動産大手、中国恒大集団の株価の下げが止まらない。20日の香港株式市場では一時、前週末比19%下げた。23日以降、恒大が発行した社債の利払い日が相次ぎ到来するため、資金繰りに行き詰まるとの懸念が高まった。香港不動産大手の株価も中国政府が統制を強めるとの見方から急落した。 恒大の株価は一時2.06香港ドルと、約11年ぶりの安値をつけた。恒大の経営リスクが意識され、グループの不動産…

IAEA事務局長、「北朝鮮の核開発加速」 総会で演説

【ウィーン=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は20日、「北朝鮮の核開発は加速している」と懸念を表明した。同日始まった年次総会の演説で述べた。関係国の間で政治的解決ができれば、IAEAは査察に向けてすぐに現場に向かう準備ができていることも強調した。 IAEAの直近の報告書によると、北朝鮮は7月以降に北西部の寧辺(ニョンビョン)核施設で原子炉を再稼働させた兆候があった。グロッ…

天然ガス高騰、英エネ業界に経営危機 政府が支援模索

【ロンドン=篠崎健太】天然ガス相場の高騰を背景に、英国で電力・ガスの供給を手掛けるエネルギー事業者の経営不安が高まっている。仕入れ価格の上昇で販売価格との「逆ざや」が急速に広がったためで、英政府は関係機関と対応協議を続ける。経営破綻によって消費者向け供給が滞るのを防ぐため、融資などの公的支援策も検討課題に浮上している。 クワーテング英民間企業・エネルギー・産業戦略相は20日、エネルギー企業や消費…

ISがタリバン攻撃 アフガン東部で死傷者

【ニューデリー=馬場燃】ロイター通信によると、過激派組織「イスラム国」(IS)系勢力は19日、アフガニスタン東部ジャララバードでイスラム主義組織タリバンを標的にした攻撃を実施したと主張した。18~19日にかけて車両などを狙った複数の爆発が起きており、35人以上のタリバンの戦闘員が死傷したという。 IS系勢力は系列のアマク通信を通じて犯行声明を出した。ジャララバードはパキスタン国境沿いの東部ナンガ…

豪のASEAN大使「米英豪、軍事同盟でない」 懸念に対応

【シドニー=松本史】オーストラリアの東南アジア諸国連合(ASEAN)大使のウィル・ナンカビス氏は20日に声明を出し、米英豪の安全保障協力の枠組み「AUKUS」について「軍事同盟ではない」と強調した。マレーシアとインドネシアが示した懸念に対応した。 ASEANに加盟する両国は、AUKUSの枠組みがインド太平洋地域での軍拡競争につながるとして懸念を表明した。インドネシアはさらに、AUKUSのもとで豪…

ロシアの大学で発砲、6人死亡 殺人で捜査

【モスクワ=共同】ロシア中部ペルミの国立大学で20日、発砲があり、連邦捜査委員会は6人が死亡したと発表した。発砲したのは学生とみられる。同委員会は殺人容疑で捜査している。 タス通信によると、20日朝…

香港選挙委員、「民主派」ゼロ 中間派1人のみ

【香港=木原雄士】香港選挙管理委員会は20日、19日に実施した行政長官などを決める選挙委員(定数1500)選挙の開票作業を終えた。親中派に分類できない中間派の当選は1人だけで、欠員を除く残りすべての委員を親中派が占めた。前回、3割弱を取った民主派はゼロになった。 中間派の当選者は政党・新思維の狄志遠主席。かつて民主派…

仏、寝耳に水の潜水艦計画破棄 米豪非難で対立深まる

【パリ=白石透冴、ワシントン=中村亮】オーストラリアがフランスとの潜水艦建造計画を中止して米英との計画に乗り換えた問題で、仏が反発を強めている。仏は駐米、駐豪大使を召還し、英国も批判した。米仏の同盟関係に亀裂が走ったことで、欧州の安全保障やインド太平洋戦略に影響するとの声もあがる。 「ウソをついた」 「ウソをつき、欺瞞(ぎまん)を語り、信頼関係に傷が付いた」。ルドリアン仏外相は18日、仏テレビで…

インド、ワクチン外交復活の兆し 注射なし新型も

新型コロナウイルスの急拡大が目立っていたインドで、一度は頓挫した「ワクチン外交」が復活の兆しを見せている。新型コロナワクチンの供給国としての期待が高かったものの、国内の感染再拡大に直面した。輸出を止めて国内供給に専念せざるを得なかったが、足元の感染は収束傾向にある。生産や保管で強みを持つとされる新しいタイプのワクチンも世界で初めて緊急承認された。ワクチン輸出で中国が存在感を増したなか、反転攻勢と…

香港選挙「愛国者」主導に 親中派一色、民主派排除

【香港=木原雄士】香港で行政長官を決める選挙委員(定数1500)の選挙が19日実施された。中国は3月に「愛国者による香港統治」を掲げ選挙制度を大幅に見直した。候補者から民主派を排除し登録有権者は前回より97%減った。定数の7割超が無投票で決まる異質の「選挙」となった。 「一部の反中勢力が選挙を利用して政治システムに入り込んでいた。愛国者による統治を確実にして、本来の一国二制度を取り戻す」。香港の…

米、3回目接種の検討継続 ファウチ氏

【ワシントン=時事】バイデン米大統領の首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー感染症研究所長は19日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種の必要性をめぐり、米当局が若年層を含めた幅広い世代を対象に検討を続けるとの見方を示した。米ファイザー製以外のワクチンについては、追加接種の検討作業が数週間先になるという。 米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は17日、ファイザー製ワクチンの3回目の接種を…

米当局、タカタ製エアバッグを追加調査 ロイター報道

【ニューヨーク=中山修志】ロイター通信は19日、異常破裂によって複数の死亡事故を起こした旧タカタ製のエアバッグについて、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)が安全性に関する追加調査を行うと報じた。エアバッグ部品に乾燥剤を使用している約3000万台を調査対象に加える。 NHTSAは2016年の自動車業界との合意で、乾燥剤を使用していないエアバッグを搭載する全ての車両をリコール(回…

独ルフトハンザ、2700億円増資 公的資金の一部返済へ

【フランクフルト=深尾幸生】独ルフトハンザは19日、株主割当増資で21億4000万ユーロ(約2760億円)を調達すると発表した。新型コロナウイルスで悪化した資金繰りを改善するためドイツ政府から受けていた公的資金の一部の返済にあてる。 1株あたりの価格は3.58ユーロで10月5日まで募集する。価格は17日の終値より56%安く、理論上の権利落ち価格より39%安い。ルフトハンザのすべての取締役が増資に…

カナリア諸島で噴火 住民5000人が避難

【ラパルマ島(スペイン)=AFP時事】大西洋にあるスペイン領カナリア諸島ラパルマ島の火山が19日、噴火した。火口から溶岩が流れ出し、火山灰や煙が立ち上った。地元当局によると、付近の住民約5000人が避難を開始した。 スペインのサンチェス首相はツイッターで「状況に合わせて行動する準備を整えている」と表明。19日夜に現地…

韓国大統領選、中傷合戦早くも過熱 かすむ政策論争

2022年3月の韓国大統領選の候補者を決める与野党の予備選が本格化するなか、候補間の中傷合戦が早くも過熱している。集中砲火を浴びるのは支持率首位を争う革新与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事と、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長だ。現地報道ではスキャンダルが連日のように報じられ、政策論争はかすんでいる。 有力候補に集中砲火 李在明氏を巡って急浮上しているのがソウル近郊にある城南…

世界の明日を独自の視点で。国際ニュースの一歩先を読むニューズレター「Global Foresight」の登録はこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル