世界の明日を独自の視点で。国際ニュースの一歩先を読むニューズレター「Global Foresight」がスタート。登録はこちら
中国、全人代開幕へ 5カ年計画を正式決定

中国、全人代開幕へ5カ年計画を正式決定

今週の海外ニュースの注目点を日経CNBC報道部長で国際部編集委員の高橋香織が動画解説します。 中国で5日、国会に相当する全国人民代表大会(全人代)が開幕します。2021~25年の5カ年計画や、習近平国家主席が「2035…

バイデン次期政権バイデン次期政権バイデン次期政権バイデン次期政権
バフェット氏投資会社、自社株買い最高 大型買収困難で

【ニューヨーク=宮本岳則】著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハザウェイは27日、2020年12月期の自社株買い総額が同社として過去最大の247億ドル(2兆5935億円)に達したと明らかにした。新型コロナウイルス危機で米連邦準備理事会(FRB)や米政府が強力な企業支援策をとったため、バークシャーに大型買収の機会は巡って来なかった。 バフェット氏は27日、毎年恒例の手紙を公表し…

G20、財政金融「拙速な縮小回避」 デジタル課税前進

【ベルリン=石川潤、ウィーン=細川倫太郎】20カ国・地域(G20)は26日、財務相・中央銀行総裁会議をオンラインで開き、コロナ危機対策の「拙速な縮小」を避けることなどで合意した。米バイデン政権誕生後初めてのG20会合で、イエレン米財務長官は難航していたデジタル課税で歩み寄り、国際協調復帰への変化を印象づけた。ただ、懸案だった途上国支援では具体策がまとまらず、協調の限界もにじませた。 「財政、金融…

米、過熱覚悟の財政出動 200兆円対策を下院で可決

■民主単独で可決し、来月中旬の対策発動へ前進 ■コロナ収束なら消費が一気に過熱する可能性 ■市場も過熱を警戒、金利上昇など波乱含み…

米国 デジタル課税の「適用除外」案を撤回 G20会合

【ウィーン=細川倫太郎】20カ国・地域(G20)は26日、財務相・中央銀行総裁会議をオンラインで開催した。懸案のデジタル課税をめぐっては、米財務長官として初参加のイエレン氏が、トランプ前政権が提案していた「適用除外」と呼ばれる事実上の骨抜き案の撤回を表明。難航していた交渉を一歩前進させ、米国の変化を印象づけた。 2021年のG20はイタリアが議長国を務める。会議後、記者会見したフランコ経済・財務…

米金利上昇、緩和「出口論」なき混乱 市場と対話難しく

米長期金利の上昇が世界の金融市場を揺るがしている。2月の金利上昇は月間で4年ぶりの大きさとなった。米連邦準備理事会(FRB)は金融緩和の出口議論を封印するが、金利上昇の主役は景気回復を見越した「インフレ見通しの向上」から、FRBの金融政策の正常化を意識した「実質金利の上昇」に移りつつある。巨額の米財政出動の影響が経済の過熱を呼び、FRBが早期引き締めを迫られるシナリオを捨てきれないからだ。新型コ…

FRBは「悪い金利上昇」を食い止めるか(NY特急便)

26日の米株市場でハイテク株が多いナスダック総合株価指数は反発した。前日に株安を招いた長期金利上昇が一服し、押し目買いが入った。半面、景気敏感株は売られ、ダウ工業株30種平均は大幅続落した。 前日に一時1.61%と昨年2月以来の水準に上昇した長期金利は1.41%に低下して終えた。値ごろ感からの買いや、機関投資家が保有債券の平均残存年数を延ばすための月末特有の買いも入ったようだ。 もっとも、投資家…

NYダウ469ドル安 金利上昇一服もなお警戒感

【ニューヨーク=後藤達也】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比469ドル安の3万0932ドルと続落した。2日間の下落幅は1000ドルを超えた。最近の相場の乱高下を受けて、投資家が取引に慎重になっており、持ち高(ポジション)調整や利益確定の売りに押されやすかった。ダウの週間の下落幅は561ドルで、1月25~29日の週(1014ドル下落)以来の大きさだった。 26日は日本や欧州の株式相場…

ミャンマー国軍、クーデター非難の国連大使を解任

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマー国軍は27日、チョー・モー・トゥン国連大使を解任したと国軍系テレビを通じて発表した。チョー・モー・トゥン氏はクーデター前から国連大使を務めており、米ニューヨークで行われた国連総会の会合で26日、クーデターを非難し「ミャンマー国軍に対し行動を起こすためあらゆる手段を使うべきだ」と述べていた。 国軍系テレビによると、国軍は「政府の指示に従わず国家を裏切り、(国連大使と…

米当局、ファイザー製ワクチン「一般冷凍可能」 配送容易に

【ニューヨーク=西邨紘子】米食品医薬品局(FDA)は26日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンの輸送・保存条件を緩和した。従来は超低温冷凍が必要だったが、薬局などで一般に使われる冷凍庫で2週間まで保管できるようになる。特殊な冷凍設備がない場所にもこのワクチンを配布しやすくなる。 ファイザーのワクチンはこれまで、流通・管理にセ氏マイナス60~同80度での保存が必要で、解凍…

米、サウジ皇太子と一線 人権侵害黙認から転換

【ワシントン=中村亮】バイデン米政権は26日、サウジアラビアの著名ジャーナリスト殺害事件について実力者のムハンマド皇太子の関与を断定した。人権侵害を黙認してきた慣習を見直し、ムハンマド氏とは一線を引く。民主党リベラル派に配慮した。サウジとの関係悪化はイランとの対話に向けた火種にもなる。 サウジの記者ジャマル・カショギ氏は2018年10月、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で殺害された。米…

米サウジ、切るに切れぬ戦略同盟 記者殺害に皇太子関与

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアの政府批判の著名記者殺害事件をめぐり、ムハンマド皇太子の関与を指摘した米政府の報告書は、米国とサウジの戦略的な同盟関係が抱える根深い矛盾をあらためて浮き彫りにした。サウジの不安定さは、米国の影響力が衰退する中東に広がるリスクの大きさを印象づける。 米国とサウジの特別な関係は、第2次大戦末期、当時のルーズベルト米大統領が、ヤルタ会談の帰路、スエズ運河の洋上にアブド…

サウジ著名記者殺害「皇太子が承認」 米調査報告書

【ワシントン=中村亮】米国家情報長官室は26日、2018年に起きたサウジアラビアの著名ジャーナリストの殺害事件に関する調査報告書を公表した。サウジの実力者ムハンマド皇太子が「記者を拘束または殺害する作戦を承認した」と結論づけた。米財務省は事件に関与したサウジ情報機関元幹部らを制裁対象に指定した。 サウジの著名記者ジャマル・カショギ氏は18年10月、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で殺害…

サウジ「間違った報告」 皇太子関与を改めて否定

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビア政府は26日、米国家情報長官室が公表したサウジ人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件をめぐる報告書について「否定的で、間違った、受け入れられない内容だ」と反発し、ムハンマド皇太子の関与を改めて否定した。 サウジ国営メディアによると同国外務省は記者殺害事件が「サウジの法律や価値に反する忌まわしい犯罪」であったと指摘。犯行は「あらゆる規則を無視した個人のグループ」によ…

米の空爆、日本は立場明示せず 規模限定・対イランが背景

日本政府は米軍によるシリアの親イラン武装勢力への空爆を受け、明確な立場を示さない見通しだ。米国が「防御的だ」と主張し規模が限定的なのに加え、イランと友好関係を保つ背景もあり、当面は静観する。 茂木敏充外相は26日の記者会見で「高い緊張感を持って注視している。関係国と緊密に連携しつつ地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて外交努力を継続していきたい」と述べた。 27日も岸信夫防衛相が都内で記者団に「情…

ビルケンシュトック、LVMH系投資会社に株式の過半売却

【ロンドン=佐竹実】独靴ブランドのビルケンシュトックは26日、株式の過半を売却すると発表した。売却先は高級ブランド世界最大手、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン系の投資会社Lキャタルトンと関連会社。売却額は明らかにしていないが、ロイター通信によるとビルケンシュトックの企業価値は40億ユーロ(約5150億円)と評価された。 ビルケンシュトックは創業約250年の老舗で、サンダルなどが知られている。…

ポイ捨てマスク世界中で 海に15億枚、野生動物も被害

使い捨てマスクのごみが世界各地で急増し、環境問題になっている。不織布素材はプラスチックの一種で、分解されずに残る。野生動物に絡まったり、排水溝が詰まって雨水があふれたりする例が相次ぎ見つかった。新型コロナウイルスの感染が終息するまでマスク着用は続く。適切な処分を促す啓発などが必要だ。 2020年に海に流れ込んだ使い捨てマスクは15億6000万枚に上る――。香港を拠点とする海洋保護団体、オーシャン…

「脱貧困」習氏に忠誠を誓う式典 北京ダイアリー

天安門広場の近くを車で走る場合は要注意だ。 広場の西隣には人民大会堂がある。習近平(シー・ジンピン)国家主席がここを出入りするときには大規模な交通管制が敷かれ、一般の車は長時間にわたって足止めを食う。 25日の昼がそうだった。天安門の前を東西に走る長安街を西に進んでいると、広場まで500メートルほどの場所で信号が突然、すべて赤に変わった。周りには多数の警官やパトカーが待機する。時折、反対車線を黒…

言葉のみか実行か、日韓占う3つのリトマス試験紙

「マルロマン」。韓国語で「言葉だけ」「口先ばかり」を意味する。韓国の保守層が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を批判する言葉で、最近の対日外交を評するときにも使われる。新年の記者会見で、日本企業や日本政府に賠償を命じた判決や裁判の手続きに懸念を示し日韓関係修復への意欲を力説してから40日近くたつが、目に見える新たな動きはない。迫り来る3つの関門が、文氏の覚悟を占うリトマス試験紙になる。 19日、ソウ…

世界の明日を独自の視点で。国際ニュースの一歩先を読むニューズレター「Global Foresight」がスタート。登録はこちら

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり