世界の明日を独自の視点で。国際ニュースの一歩先を読むニューズレター「Global Foresight」がスタート。登録はこちら
香港で密告10万件、奪われた自由 教育・司法に中国式
この1年で黄之鋒氏㊥ら多くの民主派が収監された(3月、香港)=ロイターロイター

香港で密告10万件、奪われた自由教育・司法に中国式

香港から自由が失われた。香港国家安全維持法(国安法)の施行から6月末で1年。政治活動や言論の締めつけ、教育制度の改変が一気に進む。中国資本が流れ込み、経済も本土との一体化が加速する。大きく変質した香港はどこに向かうのか。 香港でデジタルマーケティングの仕事をしていた陳さん(仮名)は1月、5歳と10歳の娘を連れてロンドン郊外に移り住んだ。国安法の成立後「中国のイデオロギーが教育分野にも広がる」と直…

バイデン政権バイデン政権バイデン政権バイデン政権
父は反面教師、68歳の習近平氏が「鄧小平超え」へ布石

6月第3日曜日は中国の一般社会でも父の日として定着している。中国共産党では最近、米欧由来の習慣を嫌う傾向が強いが、父の日、母の日は特例らしい。国営中央テレビのインターネットサイトは、父の日に合わせて「習近平と父親の習仲勲:2代の共産党人によるリレー」と題した文を多くの貴重な家族写真とともに掲載した。 副首相まで務めた父との絆の紹介だけに、当然、国家主席の習近平(シー・ジンピン)自らも目を通しただ…

選挙の偽情報、各国が対策 SNSなど規制

選挙運動に絡むインターネット上の偽情報をめぐり、各国が対策を打ち出し始めた。来春に大統領選や上院議員選を予定するフィリピンは候補者らのネット利用に関するルール作りに着手する。米国や欧州でも法整備の動きが相次ぐ。新型コロナウイルスの感染拡大でネットでの情報発信の比重が高まったことが背景にある。 フィリピンの選挙管理委員会は、選挙期間中のオンラインでの選挙活動に関する新たなルール作りに着手した。SN…

EU・ロシア、深まる対立 ベラルーシに経済制裁

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)とロシアの関係悪化に歯止めがかからない。反政府指導者の毒殺未遂事件などEUの価値観と相いれない問題が相次いでいるためだ。EUは21日、ベラルーシに追加制裁を決め、後ろ盾のロシアをけん制した。EUはロシア戦略を見直す構えだが、経済的な結びつきも強いだけに加盟国間は一枚岩になれていない。 EUは21日、ルクセンブルクで開いた外相理事会でベラルーシに追加制裁を…

金与正氏、対話再開は「誤った期待」 米高官発言けん制

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は22日、非核化交渉の再開に期待感を示した米高官を「誤った期待だ」とけん制する談話を公表した。条件なしの対話を呼びかけるバイデン政権に譲歩を迫る狙いとみられる。 金与正氏はサリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の発言に反応した。サリバン氏は20日のABCテレビ番組で、党会議で対話の可能性に触れた金正恩(キム・ジョンウン)総書…

ミャンマー、爆弾事件が急増 行政施設や軍協力者が標的

【ヤンゴン=新田裕一】国軍がクーデターを起こしたミャンマーで、行政施設や国軍協力者を狙った爆弾事件や襲撃が増えている。米調査団体の集計によると5月は297件の爆発があり、4月の4倍になった。国軍が民主派への弾圧を続けるなか、市民の抵抗が一部で先鋭化している。 18日の最大都市ヤンゴン。白昼の大通りで、国軍系政党・連邦団結発展党(USDP)の支部前で警備にあたっていた軍用トラックが爆発、炎上した。…

ワクチン接種5割超でも感染増 中国製の効果に疑義

【イスタンブール=木寺もも子】中国製の新型コロナウイルスワクチンを選択している一部の国で、接種の効果が疑問視される例が増えている。アフリカのセーシェルでは国民の6割、中東のバーレーンでは5割が2回の接種を終えたが、いずれも5月以降に陽性者が急増した。こうした国は追加で別のワクチンを接種するなど対応に追われている。 中東の小国バーレーンは今月初め、中国国有の中国医薬集団(シノファーム)製ワクチンを…

ASEAN、地域安保で主導権に懸命 大国間仲介目指す

【シンガポール=岩本健太郎】東南アジア諸国連合(ASEAN)が域内の安全保障で主導権の確保に懸命だ。海洋進出を強める中国をけん制するため、欧米諸国がインド太平洋への関与を増す半面、地域の秩序形成で中心だったASEANの役割が揺らいできた。ASEANは独自のインド太平洋構想をまとめ、大国間の「仲介役」を目指す。 「米国は『自由で開かれたインド太平洋(FOIP)』構想を支持する」。16日、オンライン…

中国の駐米大使が離任へ 「中米関係、重要な岐路」

【北京=羽田野主】中国の崔天凱駐米大使(68)は21日、在米中国大使館のホームページで近く交代すると明らかにした。崔氏は2013年4月に着任し、8年以上にわたって大使を務めた。後任には秦剛外務次官が起用されるとの見方がでている。 崔氏はあいさつ文で「現在の中米関係は重要な岐路に立たされている。米国の対中政策は対話・協力と対抗・衝突の間の選択を迫られている」との考えを示した。在米の中国系住民は「さ…

「国家安全法、厳格に執行」香港紙取り締まりで行政長官

【香港=木原雄士】香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は22日の記者会見で、香港国家安全維持法による香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)の取り締まりについて、直接の言及を避けつつ「警察の国家安全部門は十分な証拠を集めており、自信を持っている」と述べた。 林鄭氏は「国家安全法は単に存在しているだけではなく、厳格に執行されなければならない」と強調した。同法の執行は「…

米、カナダ・メキシコと国境閉鎖1カ月延長 変異型警戒

【ニューヨーク=吉田圭織】米国土安全保障省は新型コロナウイルス感染拡大の予防措置としてカナダとメキシコとの国境閉鎖を7月21日まで1カ月延長することを決めた。2020年3月以来、3カ国は貿易に影響しない形で国境を閉鎖し、観光など不要不急の通行を認めていない。 同省がツイッターで20日に発表、「安全で持続可能な規制緩和に必要な条件を定めるために協議していく」方針を示した。カナダ政府は新型コロナのワ…

イラン、国際社会から孤立深まる 「代理戦争」で影響力

イランの大統領選投票日だった18日、ザリフ外相はトルコの保養地アンタルヤでトルコ政府主催の会議に出席した。2015年に米国などとの核交渉を合意に導いた知米派で、国内外の知名度は抜群だ。穏健派の間では大統領選への出馬待望論もあったが、今のイランに居場所はない。 出馬見送りは、4月に流出したザリフ氏の肉声とされる音声で革命防衛隊を批判していたことが響いた。「我々の成果を台無しにする」ために革命防衛隊…

ダラス連銀総裁「資産購入規模の調整、早めに」

【ワシントン=大越匡洋】ダラス連邦準備銀行のカプラン総裁は21日の講演で、量的緩和の柱である国債など資産購入規模の縮小(テーパリング)に関し「調整を早めに始める方が現在の状況からみて健全だろう」と述べた。カプラン氏は大規模な金融緩和の縮小に前向きな「タカ派」で知られる。 米連邦準備理事会(FRB)は16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で参加者18人が政策見通しをそれぞれ示し、これまで2024…

バイデン氏、米金融当局トップと会合 気候問題など議論

【ニューヨーク=宮本岳則】米ホワイトハウスは21日、バイデン米大統領が米連邦準備理事会(FRB)など米金融規制・監督当局のトップと会談したと発表した。金融システムの健全性を確認したほか、気候変動リスクへの対応や低所得者向けの金融サービスについて議論した。 米メディアによるとFRBのパウエル議長のほか、米財務省のイエレン財務長官や米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長らが出席した。会合…

具体的な観客数、今週協議 五輪観客で日本側とWHO

【ジュネーブ=共同】東京五輪の観客数上限が最大1万人と決定したことを受け、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は21日、具体的な観客数について今週、組織委員会や日本政府、国際オリンピック委員会(IOC)と協議すると明らかに…

南アフリカにワクチンの技術移転拠点 WHO

【パリ=白石透冴】世界保健機関(WHO)は21日、新型コロナウイルスワクチンの技術移転を促す拠点を南アフリカにつくると発表した。先進国の製薬会社の協力を得て地元メーカーなどに知識を伝え、アフリカで9~12カ月以内にワクチンを製造することを目標とする。接種の地域格差是正につながることを期待している。 遺伝物質メッセンジャーRNA(mRNA)を使ったワクチンが対象だ。同物質のワクチンを開発した米ファ…

英ミュージシャン、EUツアーに壁 離脱で移動に制約

エルトン・ジョン、クイーンのブライアン・メイ、そしてスティング――。1月下旬、UKロック好きなら誰もが知っている超有名アーティストら100人以上が署名した書簡が英大手紙のタイムズに載り、英国市民を驚かせた。 書簡は英国の欧州連合(EU)離脱で打撃を受けた英ミュージシャンの窮状を訴えた。「欧州でのツアーは多くの国で高額な労働許可と機材の書類の山が必要になった。実行不可能になっている」 特に問題なの…

インドと欧州を近づけた中国、「政冷経熱」の終焉

「対中国」での結束を世界に示して13日に閉幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)。「民主主義陣営」として招かれたゲスト4カ国にはオーストラリア、韓国、南アフリカ、そしてインドが名を連ねた。自国内の新型コロナウイルス危機のため、モディ首相は唯一のオンライン参加だったが、ホスト国の英国やドイツ、フランス、イタリアの各首脳とは2カ月連続での顔合わせとなった。 距離を縮めるインドと欧州。2020年1月…

コンゴ共和国、中国への債務返済延期で合意 財務相

【カイロ=久門武史】アフリカ中部の産油国コンゴ共和国のアンデリ財務相は21日、同国の対中債務24億ドル(約2600億円)について、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が返済延期に原則として同意したと表明した。ロイター通信が伝えた。 コンゴ共和国は2019年に中国と一部債務の再編で合意したが、3年以内に債務の3分の1を返済することを条件としていた。サスヌゲソ大統領が21日、習主席との電話で返済の…

世界の明日を独自の視点で。国際ニュースの一歩先を読むニューズレター「Global Foresight」がスタート。登録はこちら

PR

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし