クレジットカード情報確認・変更

利用できるクレジットカード

利用できるクレジットカードはこちら(日経IDヘルプセンターへ)

クレジットカード情報の確認

ご購読サポートトップ」画面の「クレジットカード情報の更新・変更」から確認できます。

(カード番号はセキュリティー上、下4桁のみ表示しています。)

クレジットカード情報の変更・更新

ご購読サポートトップ」画面の「クレジットカード情報の更新・変更」ボタンからお手続きください。

ヘッダーの「ご購読サポート」
ご購読サポート

「クレジットカード情報の更新・変更」をクリックして、日経IDラウンジよりクレジットカード情報の変更・更新のお手続きをしてください。クレジットカード情報の変更・お手続きの方法はこちら(日経IDラウンジヘルプへ)

※1カ月無料体験の終了日までにクレジットカードを変更すると、月末までの日割料金は変更後のクレジットカードに請求されます。

※お手続きのタイミングによっては、以前に登録されていたクレジットカードへのご請求となる場合があります。

※毎月1日午前0時から6時までの間と、13日23時55分から14日0時5分までの約10分間はシステムメンテナンスのためカード変更の手続きができません。

カードがご利用できなくなった場合

日経ID決済で登録したクレジットカードが利用できない状態になった場合には、「ご購読サポートトップ」画面の「クレジットカードの更新・変更」よりクレジットカードの変更をお願いいたします。有効なカードに変更されないまま、翌月4日6時を過ぎると、電子版の利用を制限させていただく場合があります。

※1カ月無料体験の終了日までに有効なカードに変更されない場合も、電子版の利用を制限させていただく場合があります。

利用制限

有料会員向けのサービスが利用できない状態となります。(無料の登録会員としてのサービスは利用可能です)電子版にログインし、「ご購読サポートトップ」画面の「クレジットカードの更新・変更」からクレジットカードの変更手続きをお願いします。

クレジットカードの変更手続きが終了した後は、有料会員として電子版を利用できる状態になります。今までの設定や保存記事なども利用停止になる前の状態に戻ります。

※日経Wプラン無料体験の申し込み月にクレジットカードが利用できない状態になった場合には、無料体験期間の途中で利用停止となります。

利用停止になった場合のお支払いについて

クレジットカードが無効な状態で、利用制限になった場合は、メールでご連絡します。電子版にログインし、「ご購読サポートトップ」画面からクレジットカードの変更手続きをお願いします。利用制限になった後にクレジットカードの変更手続きをした場合のお支払いについては、以下のようになります。

  • 新聞購読料のお支払い
    利用制限になった月につきましては、担当の新聞販売店からの集金となります。クレジットカードを変更いただいた翌月分からは、クレジットカードによる決済に戻ります。
    ※日経Wプラン無料体験期間中の日本経済新聞の購読料(日割請求分、月ぎめ請求分)も、担当の新聞販売店へのお支払いになります。
  • 新聞購読料を除く電子版料金のお支払い
    利用制限になった場合、利用制限になった月の13日までにカード変更した場合は当月請求となり、14日以降にカード変更した場合は、翌月分料金に合算した請求となります。

利用制限による電子版のご解約

利用制限をメールで連絡後、翌月1日の午前0時までにクレジットカードの変更手続きをされなかった場合は、同日午前6時をもって電子版有料会員は解約となります。

※1カ月無料体験中の場合は、無料期間終了後に電子版有料会員はサービス利用停止となり、その翌月1日に解約となります。